信毎「嫌韓する日本が悪い! 旭日旗問題?なにそれ知らないw」

 韓国軍の国際観艦式に、海上自衛隊が参加しないことが決まりました。
 個人的な願望をいえば、日本の護衛艦が堂々と旭日旗を掲げて参加してくれればよかったのにと思います。でも両国間の協議で韓国側が「旭日旗を掲げての参加は認められない」との立場をはっきりと示したそうですから、日本が旭日旗を掲げて強引に乗り込むわけにもいきません。ここまで大騒ぎになった以上、必然的な結末でしょう。
 「韓国は理不尽な要求を平気でする国だ」という認識が世界に広まってくれるとよいのですが。
 
 韓国メディアは今回の結末について、「韓国軍が左乗艦(大統領が搭乗して査閲する艦)を独島にするぞと日本側を脅したことが功を奏した」というニュアンスで伝えています。

朝鮮日報日本語版
2018/10/06
旭日旗自粛要請を拒否、日本が済州島観艦式参加中止
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/06/2018100600385_2.html

韓国海軍は5日午前、日本側に「独島艦を左乗艦にせよ」という国民世論を伝えたという。事実、軍当局はこれを検討していたことが分かった。左乗艦とは、大統領や軍首脳部が乗船して海上査閲をする艦艇のことだ。現在の左乗艦は次期揚陸艦である天子峰艦で、大型揚陸艦の独島艦には国民査閲団が乗る予定だ。海上査閲は、参加艦艇が左乗艦を通り過ぎる時、乗組員たちが敬礼するという方式で行われる。独島艦が左乗艦になれば、自衛隊員たちは日本が自国の領土だと主張している独島(日本名:竹島)の名が付いた艦艇に敬礼しなければならない。日本が同日午後、観艦式不参加の意向を表明したのも、これと無関係でないと見られている。


 これが事実なら韓国軍は、国際的メンツをかなぐり捨てて日本に露骨な嫌がらせをしてきたことになります。
 これがのちのち韓国の軍事外交や安全保障にどんな影響を与えることになりますかね。

 軍関係者は「艦艇は動く領土であり、治外法権地域なので、旭日旗を掲揚するなと強制するのは難しい。韓国で開催される祭りであり、親善交流行事なのに、日本が韓国の立場を全く理解しない姿勢を見せたのは残念だ」と言った。


 ゲスト国への内政干渉を前提としたイベントなんて、親善交流であるわけがないじゃないですか。
 今回の騒動で、韓国は日本を敵視しているということを世界の国の軍隊に知らしめたのです。

 当の韓国海軍は、自分たちの立場が悪化していると自覚しているんでしょうか。

中央日報日本語版
2018年10月06日
韓国海軍「海上自衛隊の観艦式不参加は遺憾…両国の友好増進は持続」
https://japanese.joins.com/article/831/245831.html

旭日旗の掲揚をめぐり韓国と葛藤が生じていた日本が10日の「2018大韓民国海軍国際観艦式」に海上自衛隊艦艇を派遣しないことを決めた中、韓国海軍は遺憾の立場を表しながらも両国間の関係に影響があってはならないと強調した

 ある海軍関係者は「海軍は世界海軍間の平和と和合のための今回の国際観艦式に日本海上自衛隊艦艇が参加できなくなったことについて遺憾に思う」とし「両国海軍間の軍事交流と友好増進は持続させていく」と述べた。


 あってはならないって…この先どうなろうと、自分のケツは自分で拭けよ、としか。

 旗はそれを掲げる集団の象徴であり分身です。旗を否定することはその集団を否定することと同義です。だからこそ韓国人は日本大使館前で日章旗や旭日旗を踏んだり裂いたり燃やしたりしているわけで。
 そんな相手とどうやって友好増進できるというのでしょうか。

>「世界海軍間の平和と和合のための今回の国際観艦式に日本海上自衛隊艦艇が参加できなくなったことについて遺憾に思う」

 この発言、うがった見方をするならば、「平和と和合のための式典に参加しない日本は世界の敵」というニュアンスをにじませたがっているとも受け取れますね。実際、韓国世論はそう叫んで大喜びしています。

 また、「韓国政府はツートラック戦略だから大丈夫」とわけのわからない理屈で不安から逃れようとしているメディアもあります。

ハンギョレ日本語版
2018-10-05
日本、済州観艦式に艦艇を送らないことを決定
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/31785.html

 今回の日本の海上自衛隊艦艇の済州観艦式不参加に対して、韓国と日本の軍当局はそろって「遺憾」の意を明らかにした。しかし、この事態が韓日軍事協力にどのような影響を及ぼすか、速断することは早すぎる。
 韓国政府の対日外交政策は、過去の問題と政治・経済協力を分離して処理するという“ツートラック路線”上に立っている。最近韓国政府は、2015年12月の韓日慰安婦合意に基づく「和解癒し財団」の解体方針を日本に伝達するなど、過去の問題に対しては非妥協原則を再確認しながらも、他の分野では韓日間で必要な協力を持続する意志であることも明らかにしている。
 海軍は今回のことと関連して「遺憾と考え、今回の決定が両国海軍の発展的関係維持に影響を与えてはならないと考える」と明らかにした。


 「ツートラック」とは、本来「あれとこれとは分けて考える」ってことでしょう? だったら、旭日旗(安保協力)も歴史問題とは分けて考えるべきでした。自分から何もかもゴチャマゼにしておいて、日本が今まで通り仲良くしてくれると本当に思っているのでしょうか?
 日韓協力は、通過スワップにせよ漁業協定にせよ新卒学生の受け入れにせよ、ほとんどの場合は日本が韓国に恩恵を与えるものです。安倍政権としては拉致問題解決を韓国がサポートしてくれればありがたいところですが、「金正恩の報道官」と化している文在寅にはどうせ期待できません。

 韓国は、あらゆる不満をすべて歴史問題に結びつけ、国民感情を振り回して騒ぐしか能がない国です。国民の「鍋根性」に抗えない以上、韓国政府のいうツートラックは、相手の立場を考慮せずにあらゆる分野で自分たちの要求を一方的に押し付ける「駄々っ子外交」の方便でしかないことが、今回の騒動でも改めて浮き彫りとなりました。
 いくら日本がお人好しでも、そんなものにつきあっていられるわけがありません。

 ところが、それに積極的につきあえと訴えるのがわが県民紙の信濃毎日新聞です。

信濃毎日新聞社説
2018年10月7日朝刊
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20181007/KT181006ETI090002000.php
(全文引用)

日韓宣言20年 未来志向の精神生かせ

 小渕恵三首相と金大中大統領が日韓共同宣言に署名してから8日で20年になる。

 首相は過去の植民地支配に対する「痛切な反省と心からのおわび」を表明。大統領は首相の言葉を真摯(しんし)に受け止め、評価すると同時に、未来志向の関係発展のため互いに努力することが時代の要請だと表明した―。

 以上が宣言の核心部だ。この認識に立って、協力関係を発展させる決意を確認し合った。

 「痛切な反省と心からのおわび」はその3年前、1995年の村山富市首相による「村山談話」で使われている表現である。村山談話は共同宣言により、日韓関係の基礎に据え直された。

 日本と韓国は65年の日韓基本条約によって国交を正常化した。東西冷戦を背景に、植民地支配など過去の歴史の清算が不十分に終わった面がある。

 日韓は共同宣言でようやく関係を一段高い水準に引き上げる足がかりを築いた。

 宣言には日本文化を韓国で開放することが盛り込まれている。韓国政府はその後、日本の映画や音楽、アニメなど大衆文化を段階的に開放。日本では韓国ドラマやK―POPがブームになった。宣言は日韓を国民レベルで近づける節目にもなった。

 むろん、関係の改善、強化は一直線には進んでこなかった。領土や慰安婦の問題を巡り、政府間では今も摩擦が絶えない。それでも国民レベルの交流があれば決定的対立は避けられるはずだ。

 日本を訪ねた韓国人は昨年、714万人を数えた。円安や格安航空会社(LCC)の拡大を背景に前年比40%の大幅増になった。

 韓国の人々が日本に向ける目にも変化が見える。日韓シンクタンクが共同でこの春実施した調査では、日本に対し「良くない印象を持っている」韓国人は51%。なお半数を超えるものの、5年前に比べれば26ポイント減った。

 対照的に日本の側では、書店に嫌韓本があふれるなど先行きを懸念させる実情がある。

 日本政府の有識者会議は先日、青少年交流の拡大や相手国での就職を希望する若者への支援などを盛り込んだ提言をまとめている。着実に実施したい。

 文在寅大統領はいま朝鮮半島の緊張緩和に執念を燃やしている。日本が北朝鮮との関係を改善すれば側面支援になる。

 そのためには共同宣言の精神に沿って、歴史の教訓を踏まえ続ける姿勢が日本側に欠かせない。


 韓国人観光客が増加していること、日韓世論調査で韓国の対日感情に改善が見られることを強調する一方、日本では嫌韓本が溢れていることを指摘して、事実上「日本が譲歩しろ」と訴えています。
 韓国内でこれほど大騒ぎになり、両国の安全保障にも直結する旭日旗問題には一言も触れていません。

 言論NPOが公表した例の世論調査は、今年5月~6月に行われたもの。もしいま同じ調査を行えば、韓国の対日感情は爆発的に悪化しているに違いありません。べつに日本が新たな火種を撒かなくても、韓国人は勝手に怒りを自家生産するのです。
 また巷の嫌韓本の内容は、基本的に韓国の不条理な反日に対するツッコミが主です。いわゆるネトウヨと呼ばれる人たちの主張は、「韓国をやっつけろ」ではなく「韓国なんかと関わるな」という消極的なものが大勢を占めています。今回だって、自衛隊の決定を弱腰と批判する声は少数派で、「駐日韓国大使館でデモをして太極旗を燃やそう!」といった動きすら報じられていません。

 今回の旭日旗騒動について、信毎が記事を掲載したのはたった2回だけ、しかも段の下の方で小さく扱っただけでした。お隣の国に興味がないのか、面倒な話題には関わりたくないのか。

>日本国民レベルの交流があれば決定的対立は避けられるはずだ。

 日韓交流が増加しているにもかかわらず、韓国世論の反日感情がますます先鋭化している現状を、信毎はどう受け止めるんでしょうか。社説が今回の旭日旗騒動を完全無視しているのは、自分たちが長年繰り返してきた「民間交流万能論」の限界を認めたくないからなんじゃないですか。
 そんな姑息な新聞がしたり顔で「未来志向の精神」なんて語らないでほしいですね。

 日本と韓国では、見据える未来の形が違います。日本は民主主義や法の支配といった価値観を共有する国際社会と共栄していくのが願いですが、韓国は歴史問題を武器に日本を踏み越えるのが夢です。


 韓国世論にとって、今回の自衛隊の観艦式不参加は歴史的な勝利となりました。地球上から旭日旗を一掃するための「戦争」に向けて、これからますます前のめりになるでしょう。
 康京和外交部長官は、「旭日旗問題を国連など国際社会に公式に提起する計画があるかどうか」と記者から問われ、「いかなる方案が可能か、また適正か検討したい」と答えたとのことです(10月5日中央日報)。
 「そんなの無理」ときっぱり否定しないってことは、いずれやる方向で計画を練っていくことを意味していると思われます。旭日旗がハーケンクロイツと同様の「戦犯旗」ならば、それを撲滅するのが正義国家韓国の使命ですものね。でないと、針のむしろを覚悟してまで自衛隊を拒絶した韓国軍の立つ瀬がありません。
 国民感情に押されるまま突き進む先にあるのは、日章旗、君が代、天皇制の廃絶要求――つまり日本という国そのものの否定です。

 日本のリベラルメディアがどんなにお花畑の社説を掲げても、韓国人が霊的に生まれ変わらない限り、日韓の「未来」が重なり合うことはありません。
 韓国のプロパガンダに負けないために、日本国民はもう少し愛国というものに自覚的になった方がいいんじゃないでしょうか。
 わたしもささやかながら貢献するために、旭日旗をさりげなく着こなせそうなファッションアイテムがあるかどうか、ちょっと探してみようかな。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

反日国がノーベル賞を取れない理由

 韓国海軍観艦式の旭日旗問題について、韓国の大手新聞もようやく社説や記者コラムで主体的な論評・主張を行うようになりました。少しは冷静な見解があるかと思ったら典型的な朝鮮論法ばっかりで、うれしいような悲しいような。

ハンギョレ日本語版
2018-10-02
[社説]真に平和・共存を望むなら旭日旗降ろすべきhttp://japan.hani.co.kr/arti/opinion/31749.html

(要約)

韓国が主催する観艦式なのだから、日本は黙って要求に従うべきだ。法律がどうの前例がどうのなどと日本が言うのは、ずうずうしい居直りだ。
旭日旗は日本軍国主義の好戦性を象徴しており、韓国や中国など周辺国が反発するのは当然だ。ドイツが刑法で禁止しているハーケンクロイツと同様だ。
国際社会は旭日旗に固執し平和憲法を改正しようとする日本の軍国主義復活を憂慮している。日本が真に平和を望むならば、自ら旭日旗を降ろすべきである。


 まあ、とくに新鮮味はありませんね。
 「国際社会が旭日旗を憂慮している!」と主張していますが、その根拠については言及ゼロ。徐敬徳やVANKが必死になって世界を相手に旭日狩りをしていますが、そのこと自体、旭日模様が日本の象徴として世界から好意的に受け入れられてきた証拠でしょうに。

2日遅れて、朝鮮日報も記者コラムを掲載しました。

朝鮮日報日本語版 2018/10/04
【コラム】なぜ韓国人は旭日旗に過剰反応するようになったのか
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/04/2018100401038.html

 へえ、自分たちの態度が過剰反応だと自覚してるんだ…!と一瞬感心してしまいそうになりましたが、コリア語版の記事のタイトルは「子供雑誌『宝島』に旭日旗が出ていた?」。日本語版のスタッフがどういう意図でタイトルを変えたのか興味深いですね。

 これを書いた兪碩在(ユ・ソクチェ)記者はコラムの前半で、1980年代の韓国には旭日旗が登場する作品などが普通に出回っていたどころか「旭日旗の起源は韓国」などという主張まであったこと、欧米諸国は現在も旭日旗に何の反感も持っていないこと、そのため日本国内から「韓国と中国だけが最近になって旭日旗に過度に反応している」と皮肉を言われていること、朝日新聞の社旗も旭日旗であることを述べています。
 奇誠庸事件をスルーしている点を除けば、まるでバンダ―ビルドの親戚かと思うほどの物分りの良さです。
 けれど、後半はやっぱり典型的な韓国脳。

(引用)

 では今になって韓国人が旭日旗を見ただけで感情が高ぶるようになったのはなぜか。太平洋戦争の終戦から時間がたつほど、日本から侵略を受けた国々では逆に旭日旗に対する反感が高まっているのはなぜだろう。
 一つ最も重要かつ根本的な事実がある。それは戦争が終わってこれだけ長い時間が過ぎても、日本が過去の歴史を巡って被害者たちに心から反省の意を示し、謝罪してこなかったことだ。
 「自衛隊が韓国に来るときは艦艇から旭日旗を外してほしい」と韓国が要請すると、日本は逆に「無礼だ」として反発した。これは彼らが相手の立場に立って考えることができない精神構造を持っているからだ。その旗を前面に立てた日本軍は礼儀を持って侵略してきたのだろうか。


 つまり、「これまでずっと我慢してきてやったのに、日本がいつまで経ってもきちんと反省謝罪しないので、我々はますますブチ切れざるを得ないのだ」と、すべての責任を日本に丸投げするいつもの論法です。
 日本が反省していないことを示す具体例として、彼が挙げたのが「日本は我々が旭日旗を外してほしいと要請したのを断った」。
 この記者さん、自分の主張が前後関係を無視した循環論法に陥っていることを理解できてないんでしょうね。

 韓国の要求が理不尽さを増せば増すほど日本は拒否せざるを得ず、日本が拒否すれば自動的に「無反省」の証明とされ、韓国側の正当性がさらに強化されるという無敵の永久機関。
 さらに彼は「日本人は反省できない精神構造を持っている」と断定しているのですから、「我々は永遠に日本人を奴隷扱いする権利がある」と高らかに宣言したのも同然です。うゎあ…。


 これらの社説やコラムは、韓国人の思考回路をとても分かりやすく示してくれて興味深いです。

①韓国人は論理が嫌い。
 ハンギョレは、韓国の旭日アレルギーがごく最近のものであること、欧米は旭日旗に反感を持っていないことを完全に無視。朝鮮日報はこれらの事実を認めたうえで、「日本が反省しないから」と全責任を日本に押し付ける力業。

②韓国人は客観視が苦手。
 とくに朝鮮日報の記者の主張は支離滅裂で、ヤクザの強請りよりも醜悪です。韓国が訴えてきた他の歴史認識問題もこれと同レベルであることを暴露する自滅行為なのに、なぜ彼らはこれほどまでに堂々としているのでしょうか。結局、自分の言動が第三者の目にどのように映るかを想像できないのでしょうね。卑俗な表現をすれば「恥を知らない」ということです。

③韓国人は孤独が怖い。
 両紙とも「日本から侵略を受けた国々は旭日旗に反感を持っている」と訴えていますが、これはまったく事実ではありませんよね。台湾も東南アジアも旭日旗アレルギーがないという事実を直視できないのは、本当は韓国人も自分たちの「正義」に自信が持てていない証拠ではないでしょうか。
 そんな中、両紙が共通して具体的な国名を挙げている唯一の「同志」が中国です。
 ハンギョレ「韓国や中国など周辺国が旭日旗掲揚に反発するのもこのような理由からだ」
 朝鮮日報「『韓国と中国だけが最近になって旭日旗に過度に反応している』といった皮肉交じりの声が日本国内で相次いでいる」

 これ、かなり妄想が混じってますね。中国が旭日旗をこれほどの外交問題にしたことはなかったはずですし、われわれ日本のネトウヨも、旭日旗の話題で皮肉を浴びせるのは韓国に対してだけです。だって、こんなことで突っかかってくるのは韓国人だけだから。
 中国人に言わせれば、「日帝の手先だったおまえたちが被害国?ふざけるな」ってところじゃないでしょうか。もちろん、韓国が尻尾を振って寄ってくればそれを最大限に利用するのが中国ですが。
 歴史共闘してくれそうな相手が中国しかおらず、しかも限りなく片思いに近いなんて、可哀そうですねw


 旭日旗問題に限らず韓国の対日言論を見ていてつくづく感じるのは、彼らは「現実」を直視するのが苦手で、不都合なものにはすぐに目をそらし、思考を停止させるということ。筋道の通った議論を好まず、感情を押し出せば相手を屈服させられると信じていること。真理の追求よりも勝利の獲得を重視する傾向が顕著であるということです。

 こうして考えると、韓国人が科学分野でノーベル賞を取れない理由がなんとなく分かる気になります。
 実証科学の基本は、目の前にある事象を予断を持たず観察・分析し、因果関係を論理的に推測し、仮説を立てて計画的に行動(実験)し、目標達成を図ることです。学問に限らず、ビジネスや日常生活、政治などすべての分野において問題解決の基本的作法でしょう。
 韓国はこれが日本相手にまったくできていません。自分たちがいままで何をしてきたのかを振り返ろうとしない。相手の主張や周囲の実情を分析しようとしない。自分たちは最終的に日本をどうしたいか、そのためにどうするべきかというビジョンがない。日韓関係に限らず、感情任せな行き当たりばったりを許容する社会を作ってきた国民性の表れでしょう。

 もちろん日本人だって、欧米人と比べれば理屈より感情を優先しがちで非効率な面はあります。だからノーベル賞の獲得も20数個にとどまっているといえるかもしれません。

 日本人がノーベル賞を受賞するたび、韓国メディアは「日本に学ぶべき」と叫びます。しかし本当にノーベル賞がほしければ、日本なんかより真のノーベル賞大国であるアメリカやイギリスのやり方を「ベンチマーキング」するのが早道であるはずです。なぜそうしようとしないのか。
 要するに、韓国人は「欧米にはどうせかなわないけれど、チョッパリのやることくらいはすぐに真似できるだろう」とナメたことを考えており、彼らが本当に欲しいのはノーベル賞そのものよりも「日本に追いつき追い越したという自尊心」だからでしょう。
 韓国が次から次へと新しいネタを作って反日に没頭するのも同じ情念によるものですから、日本の奴隷化とノーベル賞の獲得は、どちらも同じくらい難しいでしょうね。
 

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

保坂祐二「国際法違反を逃れるために国内法を作って日本を圧迫しろ」

 今回の旭日旗問題、韓国側の報道には専門家による分析や論評がちっとも出てこないなあと思ってじりじりしていたら、ようやく登場したのがあの保坂祐二氏でした。
 教授という肩書ではありますが、客観的な分析もなく、たんに韓国人を扇動してるだけなのががっかりというか、案の定というか。

中央日報日本語版 2018年10月01日

旭日旗掲揚問題…専門家「韓国政府、感情対応自制して戦略を」
https://japanese.joins.com/article/654/245654.html

今月10日に韓国で開かれる済州(チェジュ)国際観艦式の「旭日旗掲揚問題」について、専門家は「国内的に『法制定』を、国際的には『世論造成』をするべきだ」とするツートラック戦略を要求した。

(中略。日本側の反発に韓国世論が激怒している状況を説明)

 だが、専門家はこのような状況で「政府は感情的対応を自制しなければならない」と求めた。反日感情を前面に出した行動が、最悪の場合、日本の逆攻勢となって跳ね返ってきかねないという懸念のためだ。

世宗(セジョン)大学の保坂祐二教授(政治学)は「国際秩序は法で動く。『旭日旗を掲げるのなら来るな』のような対応は外交的失敗になりかねない」とし「日本はこれを普遍化して国際法を守らない信用できない国として韓国を追い込みかねない。一歩間違うと日本の戦略に飲み込まれてしまう可能性がある」と分析した。

国立外交院日本研究センターのチェ・ウンミ研究教授は「現在、日本は朝日対話に関心を傾けている。来週には『金大中(キム・デジュン)・小渕共同宣言』20周年を迎える日もある」とし「現時点で日本は旭日旗問題が自国に何の利益ももたらさないと判断している」としながら、韓国政府側の慎重なアプローチを求めた。

専門家は国内・国外で別の戦略を展開すべきだとみている。保坂教授は「今からでも旭日旗など日本の軍国主義を象徴するものは国内で使用できないようにする法案を作るべきだ」とし「それでこそ次に同じような問題が生じた場合、日本に根拠を出すことができる」と助言した。

(太字引用者)

 うーん。保坂氏はあいかわらずトンチンカンですね。さすが韓国人。
 韓国側が感情に任せて暴走すれば自滅しかねない、という指摘はそのとおりだと思うのですが、「旭日旗を禁止する国内法を作れば、次に同じような問題が生じた場合、日本に根拠を出すことができる」だなんて、こう言っちゃ失礼ですがアホ丸出しではないかと。

 韓国海軍がなぜ日本を狙い撃ちせず、観艦式参加国すべてに遠回しな懇願通知を送ったのかといえば、中央日報がすでに報じている通り、艦艇は国際法上、自国の領土と見なされていて、韓国海軍が日本側に旭日旗をつけないようにするのは主権侵害に該当するからです。韓国が旭日旗を禁止する国内法を整備したところで、日本の護衛艦にあれこれ指図できる根拠にはなりません。
 にもかかわらず自衛隊と在日米軍を事実上の敵と認定するような国内法を制定すること自体、見境のない「感情的対応」そのものじゃないですか。
 自衛隊旗を敵視し続ける限り、韓国は「信用できない国」というレッテルから逃れられないのです。

 で、「日本の軍国主義を象徴するもの」というのは、旭日旗の他に何を想定しているのでしょうか? 日章旗や君が代、皇族は含まなくてもいいですか? 三菱グループや新日鉄住金みたいな「戦犯企業」は韓国内での活動を禁止しますか?

 また、チェ・ウンミ研究教授という人は、韓国政府に「慎重なアプローチ」を求めたとありますが、具体的にどんな提言したのか、肝心なところが何も書かれていません。たぶん、ゴニョゴニョと言葉を濁したのでしょうw

韓国国防安保フォーラム大量破壊兵器(WMD)対応センターのヤン・ウク・センター長は「旭日旗使用などは第2次世界大戦が終わった直後、すぐに問題提起されるべき部分だった。残念だ」とし「現在としては旭日旗使用が『帝国主義の象徴』として使用されるべきではないという国際的世論を作り出すことが急がれる」と話した。



 このセンター長さんは、比較的自分たちの立場を理解できていますね。そうです、旭日旗が憎ければ自衛隊の隊旗に選定されるときに声を挙げなければならなかったのです。なぜそれをしなかったのか?…その時代には奇誠庸がいなかったからですねw

 慰安婦問題も終戦からずいぶんと時間が経ってから勃発しましたが、このときは「被害者は世間の目を気にして沈黙していた」という言い訳がききました。でも今回は通用しません。

 このセンター長は、「これから急いで旭日旗を撲滅する国際世論を作り出さなければならない」と主張してますが、そんなことができると本気で思っているんでしょうかね。
 あの慰安婦問題でさえ、韓国が官民の総力を挙げてアピールし、日本の親韓派も全面支援し、国連人権理事会まで巻き込んだ挙げ句、あの程度でした。まして旭日旗問題なんか人権とは何の関係もないし、諸外国にとっては平和国家日本に嫌われてまで韓国の肩を持つメリットがありません。

 勝ち目があるとは思えない、勝ったところで自己満足以外の利益をもたらさない旭日旗戦争。
 でも大手メディアも野党政治家も誰も「もうやめようぜ」と言い出せない世論圧力。
 なあんかこの雰囲気、戦前の日本にすごく似ていると思いませんか。
 これから韓国の景気は減速して雇用情勢がますます悪化すると予測されています。米韓の軍事連携に隙間風が吹く一方、北朝鮮との宥和が進めば、南北格差の矛盾を日本という仮想敵国への憎悪で乗り越えようとする民族主義がさらに台頭するのは必然です。
 その結果どうなるか――。やっぱり日韓戦争という結論に至ってしまう、自分のネトウヨ脳が悩ましいw
 

日韓戦争が起きるとすればmonKIのせい

 奇誠庸の差別的パフォーマンスに端を発した旭日旗問題が、ついに日韓の本格的な外交問題に成長しました。
 いずれこの日が来るとは思っていましたが、意外と早かったですね。

 興味深いのは、韓国メディアは大々的に今回の問題を取り上げているものの、「誰それがこう言った」「世間ではこういう動きが出ている」などと距離を置いた報道ばかりで、主体的な論評を出すメディアがなかなか現れないということです。
 中央日報などは今年8月に「戦犯旗根絶特別企画」なんて連載を大々的にやっていたのですから、社説やコラムで取り上げてもよさそうなものなのに、いまだに沈黙を保っています(10月1日午前時点)。

 また、日本の左派メディアもこの件に関しては腰が引け気味です。朝日新聞は自分のところの社旗がアレですから深入りできないのは当然ですが、毎日、東京、赤旗、リテラ、ハフポスト日本語版なども、いまのところ今回の問題について踏み込んだ論評や立場表明を行っていないようです。
 サヨクのみなさんだって旭日旗は大嫌いでしょうに、どうして韓国を援護射撃しないのでしょうか。

 答えは簡単で、韓国世論の味方をしても墓穴を掘るだけだということが明らかだからでしょう。

 旭日旗は、自衛隊が発足した1954年当初から正式に隊旗・艦旗として採用されています。選定に際しては一部に懸念の声もあったそうですが、とくに大きな問題もなく国際社会に受け入れられてきました。そもそも、本当に問題があればアメリカが圧力をかけたはずですが、在日米軍はむしろ喜んで自分たちのエンブレムに旭日模様を取り入れています。韓国人も、旭日旗に良い感情を持っているわけではなかったにせよ、今のように「旭日狩り」をするほど忌み嫌っていたわけではありません。
 それを新たな反日ツールに格上げし、愛国の踏み絵に変貌させたのが奇誠庸事件だったわけです。

 以来、韓国人は世界中の企業や芸能人、スポーツ大会などをターゲットにして旭日デザイン排斥運動を展開し、相手の「ことなかれ主義」につけこんでそれなりの成功を収めてきました。
 その成功体験に味をしめ、まったく同じノリでとうとう旭日旗の本家である自衛隊に喧嘩を売ってしまったわけです。

 この喧嘩は、圧倒的に韓国側が不利です。日本相手にまともに論争を仕掛ければ、
「どうしていままで文句を言わなかったんだ」
「あなたがたが騒ぎ出したのは2011年1月以降じゃないか」
「他国の軍や国民からは何の問題もなく受け入れられている」
「艦旗を掲げるのは国際法・国内法にのっとったことだ」
「内政干渉する気か」
 などなどと、畳みかけられるに決まっています。
 だから韓国軍や韓国政府は日本に対し、ひたすら「韓国の国民感情を尊重してほしい」の一本槍で懇願するしかありません。

 しかし日本は、韓国の国民感情がいかにいびつで歪んだものであるかを、慰安婦問題やユネスコ問題、日本海呼称問題、対馬仏像問題などで痛感させられてきました。
 たとえここで譲歩してもメリットがないばかりか将来に大きな禍根を残すだろうことを、日本の政府も国民も悟っているのです(いるはずです)。

 だからこそ、日本国内のサヨクもおいそれとは口を挟めません。
 東日本大震災より前なら、共産党や社民党あたりから「周辺諸国の感情に配慮し、自衛隊旗の新しいデザインを検討することが必要ではないか」的な見解が出たかもしれませんが、大規模災害が後を絶たず、中国(ついでに北朝鮮)の軍事的脅威も増加している昨今、存在感を増す一方の自衛隊を否定するようなまねはできません。

 日本のサヨクからも見放されては、この喧嘩は韓国にとってますます不利です。
 慰安婦問題なら、具体的な「被害者」も生存しているので人権という建前を振りかざし国際社会の同情を誘うことができましたが、戦後70年も経って突然始めた旭日旗バッシングに同調してくれる国なんか、北朝鮮を除けばほぼ皆無でしょう。
 しかも韓国側の主張は「旭日旗に文句をつけない連中は歴史を知らない愚か者だ」みたいなニュアンスを含んでいますから、自衛隊と良好な関係を保ってきた多くの国の軍隊にとっても決して愉快なものではありません。
 自衛隊に対しては、さらなる国際貢献への期待が国連をはじめ世界各国から寄せられています。そんな時代の流れに逆らい、理屈にならない「国民感情」を振り回して平和国家日本を挑発する韓国は、国際社会から問題児のレッテルを貼られかねません。

 韓国海軍は、観艦式に参加する国(14カ国?15カ国?)すべてに艦旗を自粛するよう公式に要請したとのこと。日本だけに文句をつけるわけにはいかないので、他の国もひっくるめて要請しようという苦肉の策です。
 韓国海軍の関係者は「主催者側のガイドラインなので、日本を含む参加国すべてが従うものと期待する」とのんきなことを言っていましたが、その楽観はどこから来るんでしょうかね。
 日本や他国は、韓国から乞われて参加するゲストです。大事なお客様に常識外れの要求をするのですから、ホスト側は理由をきちんと説明し、平身低頭して懇願するのが筋というもの。そして要請を断られても文句は言えません。

 幸いなことに、日本側は韓国の要請をきっぱりと拒否したとの報道です。それでも韓国軍は「ほとんどの参加国は主催国の要求に応じるだろう」と強気を装っていますが、どうですかねえ。

 旗はその組織の象徴であり誇りです。軍隊ならなおのこと。タテマエとしては軍隊を持っていないお人好し国家日本ですら腹を立てたのです。ほかの国の軍隊にしてみれば、韓国の一方的な対日憎悪のとばっちりを食うのですから、不愉快このうえないはずです。
 日本が韓国の要請を拒否すれば、他国が軍旗を自粛する意味はなくなります。おそらく日本側も他の参加国に対し、韓国の要請に応じないよう水面下で働きかけていることでしょう。

 参加国がこぞって軍旗を掲げれば、公式要請を完全無視された韓国は大恥をかくことになります。韓国内では軍や政府への批判が高まり、日本への憎悪がますます沸騰して収拾がつかなくなるでしょう。一方で、特亜を除く国際社会は旭日旗を受け入れていることが再確認されると同時に、韓国の国民感情(=世論)の代表者たる韓国政府は国際的な発言力を低下させ、韓国人が世界各地で進めてきた旭日旗狩りにも影響が出るでしょう(出てほしい)。

 逆に万一、日本が何らかの譲歩を見せれば、韓国はますます踏み込んできます。韓国国内における旭日旗禁止法制定の動きにも弾みがつくでしょうし、第3国で行われる軍事イベントでも同様の要求をつきつけたり、旭日旗の全面廃止を堂々と要求してくる可能性もあります。そういうリスクが明らかな以上、日本政府が譲歩するとは思えません(思いたくありません)。

 最後に妥協が成立する道があるとすれば、今回の観艦式に日本が参加しないという選択肢ですかね。韓国世論は「日本を締め出してやった!」と大喜び、日本のネトウヨも「そうだ、韓国なんかと関わるな」と納得するでしょう。
 ただしその結果として、韓国人はますます旭日旗排斥に血道を上げ、日韓の軍事交流は断絶する可能性が高いですけど。

 文在寅は北朝鮮との軍事対立を解消する一方で、大型潜水艦の建設を進めるなど日本への対決姿勢を強めています。彼は「日本を韓米共通の仮想敵にしよう」と米国に持ち掛けたとされる廬武鉉の同志ですから、本当に日韓が互いを仮想敵国に認定するようになる日も、それほど遠くないかもしれませんね。

 monKIのたった一度のツイートが日韓を軍事対立に追い込むだなんて、まるで非現実的に思えますが、政治もメディアも国民感情に逆らえないのが韓国のお国柄ですから、けっして杞憂とは言えないでしょう。

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

サッカーW杯ロシア大会があぶりだした日韓の「本能」


今回のサッカーW杯ロシア大会は、日韓の対比が鮮やかに表れてとても興味深い大会となりました。

◆ゴミ拾いの日本vs八つ当たりの韓国

 日本のサポーターは、日本代表が勝っても負けても観戦後にゴミ拾いをして世界のメディアに絶賛されたようです。
 かたや韓国サポーターは自チームが負けると、自国の大統領府公式サイトで「審判を死刑にしろ」「スウェーデンとの戦争を望む」「イケアに税務調査を行ってほしい」などと八つ当たり。これに対して大統領府は「遊び感覚で怒りをぶつけているだけだから問題ない」と完全放置しました。

2018/6/28【朝鮮日報日本語版】サッカーW杯:苦戦続く韓国代表、荒れる国民請願掲示板
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/27/2018062701338.html

こういうニュースが世界に拡散されてしまうこと自体、国家ブランドにとっては大きな損失のはずですから、大統領府はせめて「我が国民には冷静で紳士的な態度を望む」くらいのコメントは出せばよかったのにと思います。ま、わたしのようなチョッパリがとやかく言うことではありませんけど。

◆フェアプレーポイントで救われた日本vsファウル連発で自滅した韓国

 グループリーグの全試合が終了した段階で、出場した32カ国のうち、ファウル数が最多だったのは韓国の63回、最少だったのが日本の28回とのこと。日本はイエローカードやレッドカードによるフェアプレーポイントの減点が少なかったおかげで、ポーランドに破れても16強進出を果たすことができました。
 一方の韓国は、余りのファウルの多さに対戦相手からも苦言を呈されてしまうほど。日本の解説者はこういうラフプレーに対してたびたび「気持ちが出ている」などと肯定的なコメントをしていましたが、日大アメフト部のファウルは悪い反則、韓国代表のファウルはいい反則なんですかね。わたしには基準がよくわかりません。
 結局、韓国が全試合で献上した3失点のうち、2点はファウルによるPKでしたから、ただの自滅でしかなかったというオチでした。

◆韓国を応援する日本メディアvs日本敗退を喜ぶ韓国メディア

 韓国の試合を放映した日本メディアは、おおむね「同じアジアのチーム」という親近感を前提に、アナウンスや解説も「韓国目線」を軸にしていた印象でした。
 一方の韓国メディアは、どの局も程度の差こそあれ、アナウンサーや解説者が日本の敗北を願うような発言を繰り返したとのこと。日本がベルギーに負けた試合では、公共放送であるKBSの解説委員までが、ベルギーの得点シーンで露骨に喜びを爆発させ、話題になりました。この解説委員は「瞬間的に本能が発現した」と釈明したそうですが、これはすごいですね。
 いままで韓国人は、自分たちの対日憎悪をすべて歴史認識問題にこじつけて正当化してきました。「我々は本当は日本と仲良くしたいのに、歴史を反省しない日本の態度がそれを妨げている」という理屈です。
けれど本当は日本の態度なんか関係なく、韓国人が日本の不幸を願うのは生まれつきの「本能」なのだということを、公共放送の解説委員が堂々と自白したのです。

朝鮮日報のソク・ナムジュン記者は、この解説者の発言を次のように批判しています。

 日本は歴史的に見て、韓国に消すことのできない苦痛を与えた国だ。だから韓国はほかのどの国よりも日本に勝ちたいという気持ちが強い。元サッカー韓国代表だった人物は「韓日戦に出場する時は『スタジアムでオレは今日、死ぬつもりでやらなければならない』と思った」と語る。

我々が悪く言っても、日本は弱くならない。一瞬は胸がスッキリするかもしれないが、だからといって韓国が強くなるわけでもない。「克日(日本に克つ=勝つ)」は騒々しいスローガンではなく、結局は実力で決まるものだ。韓国は今回のW杯でグループリーグ脱落となり、日本はアジアの国で唯一、決勝トーナメントに進出した。日本のベスト8進出失敗で気を晴らす前に、なぜ韓国はグループリーグの壁を越えられなかったのかをまず考えなければならない。



 この文章はKBS解説委員の発言を批判してはいるものの、「悪口は卑劣な行為だからするべきではない」と言っているわけではなく、「悪口なんか役に立たないからやめておけ」と言っているにすぎません。日本への悪感情そのものは、相変わらず「歴史」を持ち出すことで正当化したうえで、意図的かどうかわかりませんが、「日本の負けを喜ぶ気持ち」から「日本に勝ちたい気持ち」へと論点をすり替えています。
 ソク記者の指摘を裏返せば、「もし悪口で日本が弱り、韓国が強くなれるのなら、どんどんやれ」ということになります。韓国人が国際社会でイアンフガーを止めない理由が、こんなところからも読み取れます。まさに「本能」がにじみ出ている記事ですね。

◆日本のアラ探しに必死な韓国

 今大会はほかにも、韓国の「本能」をさまざまな場面で観察することができました。

・反日広報専門家ソ・ギョンドクを先頭に、血眼になって旭日旗狩りをする偏執性。
日本-コロンビア戦に「旭日旗」登場せず
日本-セネガル戦で旭日旗登場…「変わらない日本ファン」
徐敬徳教授、日本の戦犯旗応援でFIFAに懲戒要求
アディダス広報映像に「旭日旗」登場…徐敬徳教授、抗議メール送る

・2連敗してしょげ返っていたくせに、ドイツに勝って有頂天になる短絡性。

・ポーランド戦で「時間稼ぎ」した日本を嬉々として批判する嗜虐性。

 さらに、韓国メディアは日本サポーターのゴミ拾いにまで無理やり「裏」を読み取ろうとしています。

2018/7/4中央日報<W杯>ベスト16で負けてもゴミ拾った日本…感動ショーの後ろには「迷惑意識」
http://japanese.joins.com/article/895/242895.html

 タイトルからして棘がありますね。案の定、「2002年W杯ではオレたちだって同じことをした」と強調したうえで、匿名の外交専門家とやらのコメントを引用し、日本人のゴミ拾いはただのええカッコシイであり、西洋人への媚であるとの解釈を紹介しています。

反面、日本人の今回の行動を別の視角から見る向きもある。匿名を求めた外交専門家は「W杯というグローバル行事だったため、西欧世論に対する意識がある程度反映されたかもしれない」と評価した。この専門家は「日本人との個人的な関係のために名前を明かすことはできない」とし「選手団と応援団は皆、日本を代表するという意識を持っていた中で、『何か違う姿を見せよう』と考えたかもしれない」と分析した。この人物はまた「習慣化した行動を最大化することによって『差別化された日本人』を自ら発見する過程という解釈も可能だ」と説明した。



 こんな嫉妬まみれの「分析」、する方も載せる方も、虚しくないのかなあ。今大会はロシアが会場でしたが、南アフリカ大会やブラジル大会でも日本人サポーターは黙々とごみ拾いをしていたのですから、たとえそれがええカッコシイだったとしても、特定の地域ではなく世界中の人々の目を意識したものであることは明らか。なのにこの匿名専門家は、強引に「西欧に媚びる日本人」という構図を印象付けようとしています。

 記事は一応、「ただし、このような分析が主流というわけではない。」と続け、別の識者による反論コメントを紹介してバランスを取ろうとしているのですが、最後に無理やり「韓国だって捨てたもんじゃない!」と強調しようとしておかしなことになっています。

こうした意見がある中、韓国人の意識を日本と比較しながら自虐のほうへ流れる雰囲気を警戒する声もある。実際、SNSでは「韓国人の国民性ははるかに下だ」「我が国にはマナーのない人だらけ」というコメントが出回っている。ソ・スンウォン教授は「米国・欧州の人々と比較すると、韓国の水準はそれなりに高く、劣っているわけではない」とし「韓国人も世界的に見た時、水準が高いという点を忘れずにいて、一層発展させていくように努力するのが合理的だ」と話した。



 ここ、まさに韓国人の本能が出てますね。すぐ上下関係に結び付けたがるという習性が。
 ソ・スンウォン教授とやらは、要するに「韓国よりも国民性が劣った国はいくらでもある! オレたちは世界水準よりもずっと上だ!」って言ってるわけですけど、この思考ってヤバくないですか?
 この教授さんは、何か客観的な根拠に基づいて発言しているんでしょうかね。国民性の「違い」ならともかく、「優劣」なんてどうやって測るんでしょう。その評価項目には「国際スポーツ試合におけるファウルの数」も含まれてるんでしょうかw
 で、もし日本のネトウヨあたりが「日本人の国民性は韓国よりも優れている」なんて発言をしたら、韓国の皆さんは素直に「はい、おっしゃる通りです」って受け入れてくれるんですか? ……そんな度量があったら、そもそも大手メディアがこんな記事を掲載したりしませんよねえ。

 そういうお前はどうなんだ、お隣の国のアラ探しをして喜んでいるのはおまえら嫌韓ネトウヨも同じじゃないか! という声が聞こえてきそうですが、その通り。韓国は大手の新聞記者とか公共放送の解説委員とか大学教授とかいった名だたる知識人でさえ、その本能は日本の「ネトウヨ」レベルだということを、今回のW杯が改めて浮き彫りにしてくれたのでした。

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター