【日韓世論調査分析】旭日ヘイトが「ツートラック」をブチ壊す

 韓国人の旭日旗アレルギーが危険なのは、対象が軍旗(隊旗)であるだけに、日韓の軍事対立を助長させかねないという点です。
 2011年1月以降の韓国人にとって、旭日旗を手放さない自衛隊は、侵略戦争を諦めない日本の野望そのものです。現実がどうかはさておき、日本が軍国主義であるということにしないと、これまで自分たちが世界中で騒ぎ立ててきた旭日旗排斥キャンペーンの正当性が崩れてしまうからです。

 2011年1月の奇誠庸事件以降、韓国世論は日本を敵性国家と認定しました。
 韓国人の敵意(穏便に言えば反感)は、5月28日に公表された日本の言論NPOと韓国のEAIが共同で行った「第3回日韓世論調査」の結果にも明確に現れています。
 この調査が始まったのが2013年からというのがとても残念ですが、それでも、グラフからは韓国人が妄想的日本観を年々ふくらませていることがみてとれます。
第1回 http://www.genron-npo.net/world/genre/cat212/post-229.html
第3回 http://www.genron-npo.net/world/genre/cat212/post-358.html

韓国世論から見た、日本の社会・政治体制(~主義)

日韓国民世論共同調査_相手の主義by韓国

 韓国世論から見た日本のイメージは、「軍国主義」「覇権主義」「大国主義」といった、いかにも戦前の大日本帝国を連想させるものが軒並み上昇しています。とくに「覇権主義」の伸び率は眼を見張るものがあります。逆にいえば、それ以前の韓国人は、いかに日本に対して無警戒だったかがよく分かります。

 軍事的脅威を感じる国を尋ねた項目でも、周辺国の中で日本は唯一右肩上がり。それに反比例して、反日仲間である中国への警戒感はぐんぐん下がっています。

韓国世論が軍事的脅威と感じる国

日韓国民世論共同調査_軍事的脅威by韓国

   ◇  ◇

 一方で、韓国に対する日本世論の不信感も高まっています。

日本世論から見た、韓国の社会・政治体制(~主義)

日韓国民世論共同調査_相手の主義by日本

 「韓国は『国家主義』/『民族主義』である」という回答が伸び続け、反対に「平和主義」「民主主義」ついでに「資本主義」はだだ下がり。韓国を評する場合に「我が国と価値を共有する」という表現を日本政府が使わなくなったのは、きちんと民意を反映した結果だったと言えます。

 どの国を軍事的脅威と感じるかについても、日本の回答は韓国とは大きな違いを見せました。

日本世論が軍事的脅威と感じる国

日韓国民世論共同調査_軍事的脅威by日本

 日本世論にとって韓国はほとんど眼中になく、中国への警戒感が上昇傾向。嫌韓の反動か北朝鮮への反感は微減を続けており、中国と北朝鮮の差はどんどん縮まっています。また、ウクライナ情勢で強権(狂犬?)ぶりを発揮したロシアへの視線も厳しくなっていますね。
 

 そして、日韓関係の最大のネックである歴史問題をどうするべきかの質問に対しては、「両国関係改善のために解決しなければならない」という回答が韓国で半数以上を占めたのに対し、日本側は3割にも達しません。逆にいえば、7割以上の日本人が「いまムリに解決しようとする必要はない」と考えているということです。↓

歴史問題に関する日韓両国民の認識

日韓国民世論共同調査_歴史問題の解決2015※回答項目は要約したものです

 「解決に向けた努力」というのは、韓国人にとっては「日本を屈服させられるようにもっと反日を頑張る」ことにほかなりません。韓国人がゴリ押しすればするほど、日本人は冷めていくという悪循環(嫌韓派にとっては好循環)ができあがっています。

 その大きな歯車の一つが旭日旗問題です。この問題と比べれば、他の歴史問題はまだ収束の道筋が残されています。例えば、
靖国問題=日本の首相が自粛すればいいだけ。
慰安婦問題=元慰安婦が全員亡くなればいいだけ。最悪の場合、2012年の佐々江案で手を打つという和解法もないわけではない。
東海問題=基本的にはたまに開かれる国際会議が主戦場なので、韓国政府がコントロールできる。
 
 これらに対して、自衛隊の旭日旗が他の旗に変わるなんてことは、内閣がよほどの吉外政党に乗っ取られない限りあり得ません。「色だけ変えます」「条線の数を変えます」なんて折衷的和解案もありえません。
 いくら韓国人が騒いでも、むしろ日本人の愛国心を呼び覚まし反発を生む結果になるでしょう。わたしのように。

 日本が譲らなくても韓国が譲ればいいわけですが、そんなことはなおさらムリでしょう。韓国にとって、旭日への反旗を下ろすことは日本の軍国主義を全肯定すること。「被害者様」という地位をみずから手放すこと。これまでの自分たちの主張が間違いだったことを認め、日本に屈服することを意味します。
 旭日旗に見て見ぬふりをしたのが同胞にバレたら親日派認定されてしまいますから、韓国人たちだって必死です。旭日バッシングはエスカレートこそすれ、もはや下火になることはあり得ないんじゃないでしょうか。

   ◇  ◇

 現在の韓国政府は歴史問題と安保・経済問題を切り離して実利を得る「ツートラック」戦略を取ろうとしているそうですが、たぶん成功しないでしょう。いろいろ理由はありますが、韓国人が旭日旗への敵意を捨てられない限り、彼らが歴史と安保を切り離すことは不可能だからです。

 それにしても、奇誠庸はとんでもないことをしてくれましたね。たった一人のツイートがここまで大きな問題になろうとは。まあ、後先考えずに反日ネタに飛びつく国民性の責任ですけど。

 韓国人が旭日旗バッシングを捨てられる日が来るとしたら、いつになるでしょうか。たぶん第二次朝鮮戦争が勃発して、日本の軍事支援がないと国が滅びちゃう! くらいの瀬戸際に追い詰められない限り、ムリなんじゃないかと思います。
 ま、その頃の日本人は今よりさらに韓国嫌いになっている可能性が高いですから、たとえ支援を求められても「貴国がどうなろうと我が国の存立には影響しない」という理由でお断りさせていただくかもしれませんし。わたしがその時の首相なら、日本の米軍基地からヒコーキが半島に向けて飛び立つのすら認めないかもなー。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

BBCの国好感度調査で比較する東アジア【4】欧米はどう見ているか

今回は欧米諸国の対「日中韓」観を見てみましょう。


アメリカ人から見た

日本に対する評価 韓国に対する評価 中国に対する評価
対日意識推移06~14 アメリカ 対韓意識推移06~14 アメリカ 対中意識推移06~14 アメリカ
凡例

【コメント】

日中韓それぞれにとって、アメリカさんは無視できない大きな存在です。
  • 同じ同盟相手でも、アメリカ人は韓国より日本が好き。
  • 韓国がアメリカ国内で反日ロビーを繰り広げていますが、少なくともこの調査では影響はうかがえません。
  • アメリカ人の中国に対する印象は、ちょっと前まで好転傾向でしたが、2013年からガクッと落ちました。中国嫌いな人がますます増えているようです。
 ただでさえアメリカ人の対中感情が悪化している中で、今後韓国が中国シフトを強めたらどうなるんでしょうね?

カナダ人から見た

日本に対する評価 韓国に対する評価 中国に対する評価
対日意識推移06~14 カナダ 対韓意識推移06~14 カナダ 対中意識推移06~14 カナダ
凡例

【コメント】

BBCの調査では毎年トップ争いをしているカナダ。世界の人気者に好かれるかどうかは気になるところです。
  • カナダ人による評価の推移はどれもアメリカ人のとよく似ていて、それを若干増幅したような感じですね。
  • レベルの差はありますが、日中ともに最近は「良い」が減少、「悪い」が増加傾向。
  • 韓国への「良い」評価は上がったり下がったり。「悪い」は若干増加傾向?

ドイツ人から見た

日本に対する評価 韓国に対する評価 中国に対する評価
対日意識推移06~14 ドイツ 対韓意識推移06~14 ドイツ 対中意識推移06~14 ドイツ
凡例

【コメント】

ドイツさんも世界トップクラスの「愛され国家」。でも他国に対してはけっこう辛めな採点をする国民性みたいです。
  • 日本への評価は2013年からガタ落ち。原発事故が収束できていないことが影響しているのか、安倍政権への警戒が強いのか。
  • 韓国はドイツ人からだいぶ嫌われてます。個人的には、2002年サッカーワールドカップの影響を引きずってるんじゃないかと勝手に想像してるんですが。2014年に少し回復しましたが続くかどうか。
  • 中国に対しては、2012年に「良い」評価が42%に急上昇しましたが、すぐに激しい反動が来て、ドイツ人は世界でも日本に次ぐ「中国嫌い」になりました。


ロシア人から見た

日本に対する評価 韓国に対する評価 中国に対する評価
対日意識推移06~14 ロシア 対韓意識推移06~14 ロシア 対中意識推移06~14 ロシア
凡例

【コメント】

日露戦争から第二次大戦、そして戦後の冷戦と、日本とは常にライバル関係にあった国。
  • ロシアって意外と日本好きなんですね。「良い」評価がつねに50%前後をキープしており、「悪い」評価は驚くほど低い。そんなに日本をひいきしてくれるんなら北方領土を返してほしいものですが。
  • 韓国に対しては、あまり興味がない様子。
  • 中国に対してロシア人はさほど悪い印象はないみたいですね。


トルコ人から見た

日本に対する評価 韓国に対する評価 中国に対する評価
対日意識推移06~14 トルコ 対韓意識推移06~14 トルコ 対中意識推移06~14 トルコ
凡例

【コメント】

トルコは日本と韓国の双方から「伝統的な友好国」扱いをされていますが、果たしてその真相は。
  • 2014年の数値を見ると、日韓ともに「良い」が「悪い」を上回っていますが、過去を眺めるとそれほど安定した親日・親韓国という感じでもありません。
  • トルコ人の対日、対中感情の推移は、振れ幅に違いはあるものの傾向は似ています。つまりどちらもに2009年に悪化、その後改善し、2014年は「どちらともいえない」が増加。対韓感情もデータが歯抜けながらほぼその流れに沿っている印象です。
  • 中国に対しては、トルコ人は総じてあまり良い印象を持っていないようです。
トルコ人の感情は起伏が激しくて、彼らが何を考えているのか、わたしには正直よくわかりません。

おわりに

 日本人ってアンケートが大好きですよね。自分が他人からどう見られているかが気になって仕方ない。 集団的自衛権の行使容認に反対する人たちも、容認によって日本が他国から嫌われるんじゃないかということを一番恐れているように見えます。
 日本は中国と韓国に盛大に嫌われていますが、それ以外のほとんどの国からは好かれています。少なくとも、中国や韓国よりはずっと好かれています。日本に向かって「ドイツを見習え!」と叫ぶ韓国がドイツから盛大に嫌われている皮肉。「日本は軍国主義に戻り再びアジアを侵略しようとしている!」と叫ぶ中国が、当のアジア圏内でも日本より不人気である皮肉。中韓はそうした事実を直視する必要があると思うんですけどね・・・。世界有数の人気者国家である日本からこれほどまでに嫌われてるって、よっぽどのことですよ。
 まあ、中国の日本叩きは戦略ですし、韓国の反日は宗教ですからあれこれ言っても始まりません。ただ、そういう「他人の目」を気にすることなくマイペースを貫く特亜3国の姿勢が、ちょっとうらやましくも思えたりして。

 サヨクの皆さんの期待どおりにいけば、「戦争ができる国」となった日本は世界中から総スカンを食らうはずです。2015年の調査結果が楽しみですね。

テーマ : 統計情報
ジャンル : 政治・経済

BBCの国好感度調査で比較する東アジア【3】日本はアジアで孤立しているか


インドネシア人から見た

日本に対する評価 韓国に対する評価 中国に対する評価
対日意識推移06~14 インドネシア 対韓意識推移06~14 インドネシア 対中意識推移06~14 インドネシア
凡例

【コメント】 
 インドネシア人はだいたいどこの国に対しても好意的な評価をする傾向にありますが、とくに日本のことは「大好き」と言ってもいいほどの親日国のようです。 こんな海外反応まとめブログもあります。→インドネシア人の本音

フィリピン人から見た

日本に対する評価 韓国に対する評価 中国に対する評価
対日意識推移06~14 フィリピン 対韓意識推移06~14 フィリピン 対中意識推移06~14 フィリピン
凡例

 【 コメント】 
  • フィリピンもかなりの親日国のようです。
  • 韓国は中国よりも人気がありません。
  • フィリピンの対中感情は、南シナ海での領土問題が大きくなった現在ではかなり悪化してる可能性が大きいんじゃないかと想像します。
  • 2012年以降はフィリピンが調査の対象から外れてしまったのが残念です。

オーストラリア人から見た

日本に対する評価 韓国に対する評価 中国に対する評価
対日意識推移06~14 オーストラリア 対韓意識推移06~14 オーストラリア 対中意識推移06~14 オーストラリア
凡例

【コメント】
  • 捕鯨をめぐる意見対立などはありますが、オーストラリア人は日本に対して安定的に良い評価を与えています。
  • 韓国に対しては、2014年にグンと好評価が伸びました。韓流かなんかの影響でしょうか?
  • 中国に対するオーストラリアの評価は「良い」と「悪い」が完全にせめぎあっています。

インド人から見た

日本に対する評価 韓国に対する評価 中国に対する評価
対日意識推移06~14 インド 対韓意識推移06~14 インド 対中意識推移06~14 インド
凡例

【コメント】
  • 日本に対しては、中韓と比べれば好評価でしたが、ここ2年ほど評価が悪化傾向にあり、2014年は中韓とほぼ同じレベル、というかむしろ下回っています。理由はなんでしょうね? 原発問題? それともスズキが何か粗相したのかな?
  • インド人は韓国に対してほとんど興味がありません。
  • インド人の対中感情は「良い」「悪い」「分からない」がほぼ拮抗しています。日本のネトウヨ界では中印対立がしばしば取り沙汰されますが、インド人の中国に対する感情は「悪い」一辺倒ではないようです。
 インド人の東アジアに対する印象は総じて「分からない」(空白部分)が多いのが特徴です。インド人は東アジアにあまり興味がないのかもしれません。

 以上、ネトウヨ界ではすでに常識ですが、アジアの人々は総じて日本に良い印象を持っていることが分かります。少なくとも中国や韓国よりも人気者です。「日本はアジアで孤立している!」とか言ってる韓国や中国や国内サヨクの皆さんは、きちんと現実を直視してほしいものです。

テーマ : 統計情報
ジャンル : 政治・経済

BBCの国好感度調査で比較する東アジア【2】日中韓の相互評価は

 ここでは、日中韓3国がお互いをどう意識してきたかをみてみましょう。せっかくなので、それぞれの国が北朝鮮をどう意識しているかもあわせて紹介します。

日本人から見た

北朝鮮に対する評価 韓国に対する評価 中国に対する評価
対朝意識推移06~14日本 対韓意識推移06~14 日本 対中意識推移06~14 日本
凡例

【コメント】
  • 日本人の、北朝鮮に対する評価は世界の中でもダントツに悪いですね。2013年の良い評価「ゼロ」が笑えます。
  • 日本人の、韓国に対する「良い」は2013年以降急速に減少。それに呼応して「悪い」評価が急上昇しています。ただし、よく見れば統計が始まった当初からすでに「悪い」はじわじわと増えつつあったことが分かります。
  • 日本人の、中国に対する評価はもともと悪かったのですが、2011年からぐんぐんと悪化。やはり尖閣諸島での漁船衝突事件(2010年9月)が嫌中時代の幕開けでしょう。
 日本人はあまり好き嫌いをはっきり表明しないお国柄のようですが、北朝鮮に対してははっきりと「No!」をつきつけています。それに比べ韓国に対しては「どちらとも言えない」(空白部分)の大きさが目立ちますね。好悪が葛藤しているのか、「おとなりの民主主義国」を悪く言ってはいけないという自制が働いているのか、それともただの無関心なのか。

韓国人から見た

日本に対する評価 北朝鮮に対する評価 中国に対する評価
対日意識推移06~14 韓国 対朝意識推移06~14 韓国 対中意識推移06~14 韓国
凡例

【コメント】
  • 韓国人の、日本に対する評価は2011年をピークに急転直下の下落ぶり――というより、2010、2011年の対日評価が良すぎたともいえます。民主党政権下の日本が低姿勢外交を行ったことが反映されているのでしょうね。
  • 韓国人の、北朝鮮に対する評価は完全に底を這っています。日本のように「良い=ゼロ」時代も間近かも? 
  • 韓国人の、中国に対する評価は若干ブレがあるように感じられますが、つねに「悪い」が過半数を占めています。好評価が40%を超えたことは一度もありません。
 韓国人は、良くも悪くも好き嫌いの態度をはっきり示す人たちですね。

中国人から見た

日本に対する評価 韓国に対する評価 北朝鮮に対する評価
対日意識推移06~14 中国 対韓意識推移06~14 中国 対朝意識推移06~14 中国
凡例

【コメント】
  •  中国人の、日本に対する評価はもともと良くありませんでしたが、2014年で完全に地に落ちた感じです。ただし「良い」が2009年の40%をピークにきれいな山型をなしているのは面白いですね。背景はよくわかりませんが北京五輪(2008年)で自信をつけたことで対日感情にも余裕が出てきていたのに尖閣問題で悪化に転じた、みたいな流れなのかな?
  • 中国人の、韓国に対する評価はおおむね「良い」が「悪い」を上回っています。ただし傾向としては少しずつ悪化していると言えなくもないような(2011年がちょっと例外的)。
  • 中国人の、北朝鮮に対する評価は日本や韓国と大きく異なり、好悪が拮抗してきました。けれど最近はどんどん悪化しているようです。
 ちなみに北朝鮮に対する世界の評価は以下の通り。

世界からみた北朝鮮に対する評価

対朝意識推移06~14 全体
凡例

 イラン、パキスタン、イスラエルと並んで「嫌われ者四天王」の一角が定位置です。中国からの評価がダダ下がりなのに、一定の「良い」評価(3年連続19%)を確保しているのは面白いですね。

テーマ : 統計情報
ジャンル : 政治・経済

BBCの国好感度調査で比較する東アジア【1】自虐の日本、動揺の韓国、尊大の中国

 BBCが毎年行っている世界各国の好感度調査。それぞれの国が世界に与えている影響は「良い」か「悪い」か「それ以外」かを問うアンケートで、今年は6月上旬に公表されました。
 毎年「日本が○位になった!」などと順位ばかりが注目されますが、それよりも重要なのは具体的な数値とその推移のはず。そこで今回は、2006年から2014年までの推移を、日本、韓国、中国を比較する形で分析(ってほどでもありませんが)してみたいと思います。

 ※グラフ画像はクリックすると拡大されます。

世界全体から(全体評価)

 世界全体がその国をどう評価しているのか、その平均値です。その国の自己評価は含まれていません。

日本に対する評価 韓国に対する評価 中国に対する評価
対日意識推移06~14 全体 対韓意識推移06~14 全体 対中意識推移06~14 全体
凡例

【コメント】
  • 日本はコンスタントに高評価。2006年は「良い」が31%しかありませんが、この年は1位のヨーロッパ(33%)に次ぐ2位なので、アンケートの状況が異なるのでしょう。毎年カナダ、ドイツ、EU、イギリスなどと並んで上位の常連になってきました。ただし2013年以降は下降気味です。
  • 韓国は毎年「良い」「悪い」「分からない」が均等。長期的に見ると、「良い」と「悪い」が微増し2極化しつつある印象です。日本人の対韓評価が影響しているのでしょうか?
  • 中国は日韓と比べると若干、変化の波が大きいですね。「良い」と「悪い」がほぼ完全に2極化しています。


その国自身から(自己評価)

日本人の自国に対する評価 韓国人の自国に対する評価 中国人の自国に対する評価
対日意識推移06~14 日本 対韓意識推移06~14 韓国 対中意識推移06~14 中国
凡例

【コメント】
  • 日本の自己評価の低さは世界的に見ても異常です。謙遜、それとも自虐? 「分からない」(空白部分)がつねに4~5割を占めているのも特徴。 ただし近年は自信を付けつつあり、「良い影響」との回答割合が世界からの評価と一致するようになりました。将来的には逆転するのかどうかが気になるところ。
  • 韓国は2012年に自己評価がガクンと下がり、現在は回復途中にあるといえそう。李明博への失望と朴槿恵への支持が反映しているのかも。
  • 中国人は「自信満々民族」。いかにも彼ららしいですが、隣国からすると正直ちょっとウンザリ。人権、領土、環境など問題は山積みなはずなのに本人たちは周囲への悪影響を自覚していないのでしょうか。情報統制の結果?
 次回は、日中韓がお互いをどう見ているのか、北朝鮮に対する評価も含めて見てみましょう。

テーマ : 統計情報
ジャンル : 政治・経済

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター