朝鮮日報が日米転覆を狙っているこれだけの証拠

 日本海呼称問題は、数多い反日ネタの中でも、韓国の主張がいかにワガママで支離滅裂なものかをもっともよく示す例の一つです。日本人の中には、「慰安婦問題はやっぱり日本が悪い」「領土問題はおたがいさま」などと発言をする人は少なからず存在しますが、そんな人々すら日本海呼称問題については沈黙します。
 
 韓国人は何かにつけて「我々は日本に対して道徳的優位性を持っている」と主張し、自分たちの反日行動はすべからく国際社会の同情を引くはずだと信じています。領土問題も日本の植民地主義と結びつけて日本を批判していますし、従軍慰安婦問題に至っては「戦争犯罪」「民族差別」「女性虐待」というお涙頂戴のトリプル役満がそろっていますからまさに最高の武器でした(過去形)。
 事実、これまではその手法で人権派・リベラル派を自称する日本中、世界中の皆さんを丸め込むことに成功していました。

 でも、日本列島によって太平洋から隔てられているあの海域をどう呼ぶかは、当然ながら人権問題とはまったく関係ありません。
 韓国側は当初、日本の帝国主義・植民地主義と関連付けて「日本海」呼称を批判しようとしましたが、日本に論破されたせいか、現在では政府の公式見解としてはほとんど「無かったこと」になっています(→関連記事)。
 あの海を日本海と呼ぶことで具体的なデメリットが生じているわけではありませんし、無理に現状変更すれば混乱を招くのは明らかです。
 古地図を漁ると「コリアシー」や「オリエンタルシー」はたくさん見つかりますが「イーストシー」はほとんど出てきません。だから韓国側はいつも、古地図を論じる場合は「東海か日本海か」ではなく「韓国式か日本式か」の比較にすりかえ、図らずも偏屈な民族主義の馬脚を現しています(→関連記事)。
 そのため韓国国内では「ならば堂々と韓国海と主張すべき」「いや間を取って東韓国海に」「いっそ"平和の海"に」と好き勝手な意見が出て足元が定まりません。
 こうした行動からは、「世界中の地図から"日本海"の名を抹殺できさえすれば後はどうでもいい」という、限りなく民族ヘイトに近い価値観が透けています。

 このように、韓国の主張は論理的正当性に欠けるばかりか倫理的にも問題があります。けれどいまさら取り下げて日本に屈するのはプライドが許さないし、非を認めてしまったら自国の"道徳性"が揺らぎかねない。
 韓国政府がこうしたジレンマに陥っている間に、無知な国民は競うように暴走し、世界中の地図を損壊したり罪のない企業を批判して"Ugly Korean"の名を轟かせています。

 通常の歴史問題なら中国が韓国を援護射撃してくれますが、この問題に限っては期待できません。
 それを如実に示す例が先日の朝鮮日報の記事でした。よそさまの著名ブログ(ここここ)でも取り上げられていますが、一応全文引用します。

2015/08/21 朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/08/21/2015082100903.html

抗日独立運動の聖地に「日本海」表記の地図=中国・吉林省

 抗日独立運動の聖地である中国吉林省延辺朝鮮族自治州の竜井中学校の歴史記念館に東海を「日本海」と表記した「延辺朝鮮族自治州地図」が販売されていることが分かった。

 京畿道抱川市在住の男性(57)が今月初めに歴史記念館を訪れたところ、問題の地図が1000ウォン(約104円)で販売されていたという。男性が実際に購入した地図には東海が日本海と表記されていた。

 男性は「抗日独立運動の聖地であり、朝鮮族を教育する学校で、日本の歴史歪曲(わいきょく)の象徴である『日本海』表記の地図が販売されている事実に怒りがこみ上げた。しかし、学校側は『なぜあなただけ問題視するのか』と黙殺した」と憤った。

 韓国では東海を日本海と誤記した地図を是正する試みが進む中、韓国民の歴史認識を鼓吹し、抗日独立運動に対するプライドを高めるべき中国の記念館で「日本海」表記の地図が販売されていたからだ。

 民族問題研究所抱川支部のイム・マンチョル会長は「朝鮮族の学校で独立記念館であれば、日本海という表記が誤りであることを知らないはずはないのに、なぜそんな地図が販売されているのかその真意が分からない。外交部(省に相当)は国内の政争にばかり没頭せず、積極的に取り組むべきだ」と述べた。

NEWSIS/朝鮮日報日本語版


 注目すべきは、無様に玉砕した57歳男性の愚かさでも、マンチョル会長の無知ぶりでもありません。こうした非理性的な主張を無批判に取り上げ、わざわざ日本人に向けて発信する韓国メディアの意図です。

 新聞記者ほどのエリートなら、現段階では「日本海」こそが国連や国際水路機関などの国際機関で認められた唯一の呼称であることを知らないはずがありません。「日本海は誤記」という発言は明らかに事実誤認なのに、この原稿を書いた記者も掲載を許可したデスクも、完全にスルーしているのは不可解です。記事はNEWSISが配信したもののようですから、朝鮮日報だけでなく韓国メディア全体が同じ姿勢であることがうかがえます。

 いまは"念願"の日韓首脳会談実現に向け、朝鮮日報自身が「政府は対日外交の準備を怠るな」なんて社説をわざわざ書かねばならないほど微妙な時期のはず。それなのになぜこんな低レベルな記事で日本人読者を挑発する必要があるのでしょうか。

 彼らの目的は「道徳的優位性」の誇示――つまり日本人に対するマウンティング(精神的征服)でしょう。けれど、国際機関で唯一認められている正式な表記をあえて「歪曲」と決めつける姿勢は常軌を逸しており、明らかに国際秩序への挑戦です。
 知的エリートであるはずのマスコミが、自国の国際的立場を犠牲にしてまで日本へのマウンティングに固執するのだとすれば、これはただごとではありません。韓国軍が拡声器を使って行っている対北宣伝戦争と同じです。
 宣伝工作は直接的に日本を屈服させる力はありませんが、日韓両国民を刺激して対立を深めさせる謀略には効果抜群です。実際、北朝鮮は拡声器の挑発に乗り、韓国に向けて砲弾を撃ち込んだと報道されています。韓国軍はまんまと個別的自衛権を行使する名分を手に入れたわけです。

 韓国メディアの対日挑発も、狙いはまさにそこでしょう。
 彼らの報道姿勢が韓国政府の意を汲んだものなのかどうかは分かりませんが、彼らが日本の集団的自衛権行使容認にそろって反対していることを鑑みれば、日本の同盟国であり、日本海単独表記を支持している米国をも敵視する意図がうかがえます。日韓の国民感情が悪化すれば日米両国が腐心する東アジア情勢の安定にも悪影響を与えますから、韓国メディアの狙いはますます明確です。

 このように、朝鮮日報がアホでないという前提に立てば、必然的に陰謀論にたどり着きます。
 知的エリート集団であるはずの韓国の最大手新聞がアホだとすれば、韓国国民の大多数はもっとアホだということになってしまいますから、そんなことを主張する人間はヘイトのレッテルを張られかねません。
 つまり、心ある日本人なら陰謀論を選択せざるを得ないのです。

 リベラルを自称するみなさんは、われわれネトウヨが韓国メディアの反日的な記事に激昂するたび「感情的だ」「大人げない」「偏っている」と眉をひそめます。でも、感情的になるのは素直さの、オトナゲないのは無邪気の裏返しですし、ものの見方が偏っているのはきっとわれわれが情報弱者だからでしょう。弱者。ああ、なんと屈辱的で甘美な響き…!
 そうです。われわれネトウヨは狡猾な韓国メディアに操られているか弱き被害者なのです。ゆえに道徳的に優位なのです。
 被害者が真実を訴えるのは当然の権利であり、本当の民主主義を実現するためには免れることのできない義務なのです。
 さあ、みんなで叫びましょう。大きく息を吸って――朝鮮日報は謝罪セヨ!

 
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

自国の物を大量に混ぜて「世界の古地図」とか言っちゃう韓国の詐欺体質

朝鮮日報日本語版 2015/08/12
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/08/12/2015081201183.html

「東海・独島表記、世界の古地図の6割以上は韓国式」

国土情報公社、古地図693種類を分析
植民地時代以降、日本式の表記が急増


 15世紀以降に発刊された世界の古地図のうち60%以上が、東海(日本海)と独島(日本名:竹島)を韓国式の名称で表記していることが確認された。日本海や竹島など、日本式の表記は20%程度にすぎなかった。また日本式の表記は、植民地時代以降に発行された古地図で急増していることが判明した。

 国土情報公社(LX)は、光復(日本の植民地支配からの解放)70周年に合わせ、1469年から1910年までの約440年間に韓国で刊行された東海・独島関連の古地図693種類を入手、分析した。その結果、韓国式の名前を用いている地図が日本式の名称の地図より3倍ほど多いことが分かった。同社が11日に発表した。

 東海関連の表記がみられる地図は計484種類で、このうち韓国式の地名は302件と、全体の62.4%を占めた。日本式は102件で、全体21.1%だった。オリエンタル海(Oriental Sea)など、東海と似た名称を使っているケース(45件)を含めると、韓国式の地名が使用されている比率は70%を越える。東海を韓国式で表記する方法も多様だった。「東海」だけでなく「朝鮮海」、「高麗海」、「朝鮮湾」などが使われていた。逆に日本式の表記は「日本海」だけだった。

 東海という名前を使った最初の地図は、16世紀に朝鮮で作られた「新増東国輿地勝覧」の「八道総図」。この地図では、于山島(独島)と鬱陵島を描いておいて、東海と表記した。時期別でみると、18世紀後半の古地図で韓国式の地名表記使用割合が86.4%に達し、最も高かった。

 独島は、調査対象となった268種類の地図のうち、韓国式の表記が165種類(62%)、日本式の表記が61種(23%)だった。独島の韓国式表記としては、于山島が最も多かった。丁山島、干山島、千山島など、于山島の誤記と推定される名称も少なくなかった。一方、日本式の地名は、松島と竹島がほとんどだった。

 独島もまた東海と同じく、18世紀前半までは韓国式表記だけで、19世紀前半までの時点でも80%以上は韓国式表記を選んでいた。日本式の表記は18世紀後半に初めて登場し、19世紀後半には全体の50%以上にまで急増した。

ユ・ハリョン記者

20150812朝鮮日報東海独島名称


 「全世界の古地図」を調査対象にしたと言いながら、その中には朝鮮で刊行されたものも含まれているという…。そりゃあ朝鮮だって「世界」の一部には違いないでしょうけれども、争われているのは「東海」と「日本海」のどちらが国際的に定着した呼称なのかという点なのですから、自国の地図をカウントするのはズルだし無意味ですよね。
 どうやら対象となったのは朝鮮と日本を含め12カ国のようですが、どの国が何%を占めているのかがどこにも書かれていません。海の呼称と島の呼称を比べてみると、どちらも内訳の比率が酷似してますから、これが国籍を反映している可能性は高そうです。つまり6割強が朝鮮、2割強が日本、残りが第三国で刊行された地図ということでしょう。だとすればほとんど詐欺ですよね。
 
>オリエンタル海(Oriental Sea)など、東海と似た名称を使っているケース(45件)を含めると、韓国式の地名が使用されている比率は70%を越える。東海を韓国式で表記する方法も多様だった。「東海」だけでなく「朝鮮海」、「高麗海」、「朝鮮湾」などが使われていた。逆に日本式の表記は「日本海」だけだった。

 ホルホルどころを間違えてませんかね…。韓国が国際社会で訴えているのは、「日本海ではなく東海と呼べ! なぜならユーラシア大陸の東側にある海だからだ!」って主張だったはず。それなら「韓国式」かどうかなんて関係ないし、韓国式であることばかりを強調していればむしろ国際社会から「なんだ、結局我田引水したいだけかよ」と反感を持たれる危険性が大です。
 さらに「オリエンタル海」「朝鮮海」「高麗海」「朝鮮湾」などいろんな呼び方が使われていた事実は、「東海」でなければならない根拠を否定するものです。逆に日本側の呼称が「日本海」のみであることは、併記も合わせて全体の27.5%を「日本海」が占めていることを意味しますから、呼称別では「日本海」が最多である可能性が高そうです。記事が個別の呼称の比率に触れていないのは、そんな理由があるからかも?と穿った見方をされても文句はいえません。

 竹島に関しては、韓国式の名称を他国が受け入れていたことを示さなければ領有権を主張する根拠にはなりませんし、朝鮮の人たちがあの島を古くから「于山島」として認知していたのなら、なぜ現在はその名を使わないのかという疑問も湧いてきます。

 ツッコミどころ満載の発表をドヤ顔で行う公的機関、それをそのまま(もしくは不都合な部分を伏せて)垂れ流すマスコミ。韓国にとって「東海」や「独島」は盲目的な民族主義を表現するための道具でしかないという事実を、改めて見せつけてくれた記事でした。

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

にわかネトウヨがイケア騒動に誓う「ニッポン青鬼宣言」

 「オマエんところが使っている世界地図に"東海"がない!」と韓国世論がイケアに噛みついた一連の騒動(くわしくは中央日報などをどうぞ)は、はっきりいって日本人の理解の範疇を超えています。
 韓国人が韓国国内で日本海を東海と呼ぶのは自由ですけど、どうしてそれを外国企業にまで押し付けるのか。しかもイケアコリアの店舗はまだオープンしておらず、問題となった壁掛けは韓国市場ではなく欧米向けの商品とのこと。国際水路機関(IHO)にも国連にも認められていない東海併記を他国に無理強いする権利が韓国にあるとは思えないんですけど。
 地図はGoogleマップを元にしたって話ですから、不買運動はGoogle相手にやれっての(サムスン涙目)。ていうか国際機関は日本海の単独表記しか認めていないんですから、韓国は外国製品の輸入をやめて鎖国すればいいのに。

 日本海呼称問題をめぐる日韓の主張の違いはWikiを見れば手っ取り早いでしょうが、公式見解を見比べるなら以下が良いようです。

日本側=外務省公式サイト
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/nihonkai_k/

韓国側=海外文化弘報院 KOREA.net
http://japanese.korea.net/Government/Current-Affairs/National-Affairs/list?affairId=130&subId=236

 個人的に、韓国の主張に対する一番のツッコミどころはココ。

16世紀から19世紀まで西洋人はこの海を朝鮮海、韓国海、東方海、東洋海、中国海、日本海などと呼んで来たが、一番多く使われた名称は勿論韓国海だった。
http://japanese.korea.net/Government/Current-Affairs/National-Affairs/view?affairId=130&subId=236&articleId=1133#sthash.TV474EaR.dpuf


 あれ? えーと、「東海」は? 



 KOREA.netに掲載されている古地図↑に見える文字(イタリア語?)は「MER ORIENTALE」(東洋海)/「MER DE COREE」(朝鮮海)であり、「EST MER」(東海)ではありません。日本の外務省が欧米諸国の古地図を調べた結果でも、「東海」は圧倒的な少数派です。
 ですから西洋人の視点に立てば、この海域を東洋海(オリエンタルシー)でも朝鮮海(シーオブコリア)でもなく東海(イーストシー)と呼ぶべき理由はまったくありません。それなのに韓国は、なぜか「日本海」以外の呼称をすべて「東海」と同類扱いして大威張りなのです。
 「朝鮮海(韓国にとっては韓国海)」は論外ですが、なぜ韓国は歴史的にも地理的にも(比較的)妥当性のある「東洋海」を無視し、あくまで「東海」にこだわるのでしょうか。「東海」が韓国内で最も由緒正しく親しみ深い呼称であることが最大の理由でしょうが、それだけではないように感じます。「東洋海」は世界的視点からの呼称ですが、「東海」は(韓国がどう言いつくろっても)韓国中心の視点であり、とくに日本にとっては完全に現実と矛盾した呼称です。要するに韓国は日本を「ないがしろ」にして自己満足を得たいのでしょう。これまで抱いてきた「ウリナラの領土も接しているのにどうして"日本"海……!?」という鬱憤の仕返しをするためには、オリエンタルシーではなくイーストシーでなければならないのです。


 自分たちの論理が支離滅裂であることくらい、韓国人だって本当は気づいているんじゃないでしょうか。気づいているのにしらばっくれているなら不誠実ですし、もし気づいていないとすれば正気の沙汰ではありません。佯狂にせよ真狂にせよ、まともな議論が成立しないのは明らかです。韓国は日本が唖然としているのをよいことに、東アジアに無知(&無関心)な欧米の企業や団体、地方行政を狙い、草の根レベルで東海併記をゴリ押ししているわけです。

 韓国側の最終目標は、世界中の地図から「日本海」を追い出して「東海」に書き換えることです。KOREA.netにも、

韓国政府の最終的な目標は国際社会が東海という名称を公式的且つ歴史的に適切な地名として受け入れることができるように説得することである。(中略)しかし現在は「東海」という呼称を単独で表記することが難しい状況である。そうした状況の下、韓国政府は国際的な原則に基づき、当海域の呼称が併記されることができることを支持するのである。
http://japanese.korea.net/Government/Current-Affairs/National-Affairs/view?affairId=130&subId=236&articleId=1124#sthash.rhuOXHXz.dpuf


 と記されています。東海併記は「日本海」を滅ぼすための橋頭堡を築く前哨戦に過ぎません。
 単独表記を勝ち取るためには、「東海」の歴史的・地理的妥当性を強調するだけでは片手落ちです。問題の海域を「日本海」と呼んではいけない理由を国際社会にアピールしなければならないわけですが、このKOREA.netにはその点が欠けています。
 日本語版Wikiには韓国側が「国際的な海に特定の国の名前を付けるのはふさわしくない」と主張していると記されていますが、現在のKOREA.netにそうした主張は見当たりません。韓国語版Wikiはこの争点にあたる部分に、

大韓民国が「韓国海(Sea of Korea)」の表記を東海の英文名称であると主張していない理由は、大韓民国と日本、ロシアなど数カ国に隣接する東海地域を一国の国号をこのように命名することが適切でないという判断に基づくものであること。


 と言い訳めいたことを記しているだけです。これはべつに「日本海」が不適切である理由を説明しているわけではなく、韓国が本当は韓国海と主張したいけどそれができない理由を述べているに過ぎません。語るに落ちるとはまさにこのこと。

 わたしはにわかネトウヨなので詳しい経緯は知りませんが、勝手に想像させてもらえば、韓国側はかつて日本語版Wikiに記載されていた通りの主張をしていたものの、通用しないとみて実質的に取り下げたのでしょう。こういうノラリクラリとした態度は慰安婦問題のときのそれとよく似ています。

 また、現在の日本語版Wikiには、韓国が「『日本海』は日本の植民地政策の一環として押しつけられ国際的に普及した名称である」と主張していると記されていますが、この点についてはどうなのでしょう。
 KORIA.netから、日本海の呼称と戦前の日本(大日本帝国)との関連について触れた箇所を引っ張ってみると。

19世紀後半から大半の地図は日本海という表記を使ってきた。日露戦争が勃発した当時、世界中の大半の新聞が日本海という呼称で記事を載せた上、日本が韓国を占領した後、「日本海」は世界中で最も多く使われる呼称となった。
http://japanese.korea.net/Government/Current-Affairs/National-Affairs/view?affairId=130&subId=236&articleId=1133#sthash.Q04r66K4.dpuf


世界地域の命名作業が行われた20世紀初め、「日本海」という呼称が世界中に知られた。しかし当時韓国は日本の占領の下にあり、意思決定の過程に参加することができなかった。日本の韓国領土侵奪と、当時高まりつつあった日本の国際的プレゼンスが西洋地図の製作者に大きな影響を及ぼしたのである。
http://japanese.korea.net/Government/Current-Affairs/National-Affairs/view?affairId=130&subId=236&articleId=1116#sthash.ocz4tngk.dpuf


日本海という表記の使用が増加したきっかけは、1929年国際水路機構が『海洋の境界』という本を出版してからであった。この本には世界中の領土と領海の地名が収録されており、朝鮮半島(韓半島)東側にある問題の海域を日本海と表記していた。韓国は当時日本の植民統治を受けていたため東海という表記の正当性を主張する機会がなかった。韓国に発言権がない状態で国際水路機構は総会で日本海という呼称を決めたのである。
http://japanese.korea.net/Government/Current-Affairs/National-Affairs/view?affairId=130&subId=236&articleId=1141#sthash.ZWQCQwYL.dpuf


 国際的な地名確定作業が行われた当時は日本の発言力が大きかったこと、韓国は植民地になっていて発言権がなかったことを訴えていますが、「日本が植民地政策の一環として押し付けた」という主旨の主張は見当たりません。むしろ「日本海」という呼称を定着させた主体は西洋諸国であることを認めています。
 当然ですよね、そもそも植民地時代の影響を今に伝える地名なんか世界中にゴマンとあるのですから、それを全否定するような主張をしても国際社会が受け入れてくれるはずがありません。

 要するに今の韓国政府は、約80年前に行われた国際的な地名確定作業の方法に異議を唱えているだけで、「日本海」という呼称そのものを否定すべき理由はまったく提示していないのです。
 でも、「オレたちの意見が反映されてないからやりなおせ」なんて言い分が通るなら、1929年以降に独立した旧植民地の国々もみな同じことをしていいってことになりますよね。なぜ他の国はそれをしないかといえば――常識があるからです。国際秩序を尊重する理性があるからです。

 結局のところ、韓国の「東海」併記運動を支えている法的根拠は以下のみです。

国際水路機構は決議案A 4.2.6項を通じて「二国以上が共有する湾、海峡、運河、群島などは当事国が合意して単一呼称を使うように努力しなければならず当事国が異なった言語を使ったり、単一地名に合意することができない場合は当事国の言語で表す名称が併記されなければならない」と勧告している。
http://japanese.korea.net/Government/Current-Affairs/National-Affairs/view?affairId=130&subId=236&articleId=1141#sthash.ZWQCQwYL.dpuf

(色強調引用者)


 韓国は青字部分を一切無視し、赤字部分を根拠に「オレたちは合意しない。だから併記しなければならない」の一点張り。これって、尖閣諸島を係争地として認めさせようとする中国の手法と同じですね。「オレが領土だと主張している。だから領土問題は存在する」そのゴリ押しで既成事実を積み重ね、やがては乗っ取る算段です。
 韓国も、IHOに併記を認めさせたら次のステップとして、同じ条項を根拠に「東海」単独表記を実現させようとするでしょう。
 「よくわかんないけど韓国にもいろいろ言い分があるみたいだし、べつにいいんじゃない?」と併記を受け入れる人々は、東海単独表記を虎視眈々と狙っている韓国の野望をどう受け止めるのでしょうか? 韓国の主張に全面的に賛同し、日本海呼称を削除すべきだと考えているなら仕方ありませんが、浅い考えで併記を受け入れるのは、大げさにいえば国際秩序を損なう行為であるとわきまえてほしいものです。

 われわれ日本人から見ると完全に破綻している倒壊東海論法ですが、韓国ではこれが「我が国は日帝の侵略を受けた被害国である」という絶対不可侵の神話によって揺るぎない正義になっています。
 韓国人にとっては東海も従軍慰安婦も根っこは同じ、日本というトラウマを踏み越えるための聖なる戦いです。たとえ日本政府が自称「性奴隷」おばあさんたちに土下座して法的賠償を行ったとしても、日本が"東海"論法に少しでも反論すれば、韓国民は必ず「日本に後頭部を殴られた」「やはり日本の謝罪はウソだった」と騒ぐでしょう。日本が譲歩して日本海と東海の併記を容認したとしても、東海単独表記に応じなければまた「後頭部ガー」の繰り返しです。
 韓国与党の中には「英語表記はEast Sea of Koreaにしろ!」と主張している政治家もいるようで、本当は東海なんかより「韓国海」を主張したかった彼らの本音がミエミエです。理屈よりも感情優先のお国柄ですから、日本が譲歩を続ければ当然そうした声が韓国内で主流になっていくでしょう。

 韓国の対日要求は天井知らずです。日韓首脳会談を開催する条件として韓国政府が要求しているのが「真正性のある謝罪」「誠意ある態度」というあいまいな表現に終始しているのは、これまであらゆる対日要求を歴史認識問題に結びつけてしまったせいでジレンマに陥っているからじゃないかと想像します。
 「旭日旗を廃止しろ」「国旗国歌も変更しろ」「天皇は土下座しろ」「ていうか天皇制を廃止しろ」「半島由来の文化財はすべて返還しろ」「独島要求を取り下げろ」「ついでに対馬を明け渡せ」――。それらすべてを一度に突きつけるのは非常識だと分かっている。しかし小出しに蒸し返したら「不誠実な国」とレッテルを貼られてしまう。かといって要求を限定してしまったらその後の外交カードを失うことになるし、国民から猛烈に批判されるのは目に見えている。

 すべては当たり屋稼業から足を洗えなかった彼らの自業自得なのですが、隣国である以上、われわれも放っておくわけにはいきません。涙目で立ちすくんでいる韓国政府を助けるために我が国がしてあげられることはないのでしょうか。

 あるとしたら、それは日本が「青鬼」になることしかありません。浜田広介の名作「泣いた赤鬼」に出てくる彼です。村人(韓国民)から石を投げられ赤鬼(韓国政府)に殴られ、それでも憎まれ役を演じ続ける孤高のダークヒーロー。童話では青鬼は旅の空に去りますが、日本は東アジアという狭いムラから逃れるすべを持ちません。
 でも日本が涙をのんで靖国神社に参拝し、憲法を改正し、防衛力を強化し、竹島奪還を画策し、「従軍慰安婦は遊女と同じ」と言い続ければ、韓国は幸せな被害妄想に浸ったままルサンチマンを糧に生きていくことができるのです。

 少なくとも999年先まで青鬼でありつづける覚悟。今回わたしはそんな決意を新たにしたわけですが、日本国内のサヨクさんたちはこの騒動をどう受け止めたのでしょうね。そして思いもよらぬことで謝罪させられたイケア関係者や、ニュースに接した外国人は? とくに、イケアの本国でありバルト海を東海(Östersjön)と呼んでいるスウェーデンの皆さんにはぜひ感想を聞いてみたいものです(Google翻訳を使うとÖsterは「東部」、sjönは「湖」、Öster sjönは「バルト海」、Östersjönは「海」と訳されます)。

 赤鬼を蹴り倒し村人を踏みつけて山を切り崩してみたら、外には青鬼の街が広がっていた――なんて劇的展開が来たら嬉し涙で「泣いた青鬼」になっちゃうでしょうけど、ファンタジーを夢想するのはよくない、よくない。

続きを読む

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター