BTS声明文の「真正性」を検証する

 原爆Tシャツの件、BTSが所属する事務所Big Hitが日本語版の公式サイトに「お詫び」の文章を掲載しました。
 わたし自身は被爆者ではないので、BTSに謝罪を求める立場ではありません。
 ただし、これまで韓国から歴史認識問題で「真正性のある謝罪」を延々と要求された日本の国民の一人として、この文章に「真正性」があるかどうかを検証してみたいと思います。
 文章の前半、原爆Tシャツに触れている部分を見てみましょう。

BTS JAPAN OFFICIAL FANCLUB

最近、BTSに提起された問題に対するBig Hit Entertainmentの立場

Big Hit Entertainmentです。

1. 最近、提起された問題のうち、私共Big Hitが検討した内容は次の通りです。

● 当社アーティストが原子爆弾(以下、“原爆”)のイメージの入った衣装を着用した内容
● 当社アーティストが過去に韓国内の雑誌のグラビア撮影でナチスの模様の入った帽子を着用した内容
● 当社アーティストが過去に参加したイベントのパフォーマンスでナチスのマークを連想させる旗を振って公演をしたという内容

2. 上記内容に対するBig Hitの立場は次の通りです。

● Big HitはBTSをはじめ、当社所属の全アーティストの活動において、戦争および原爆等を支持せず、これに反対し、原爆投下により被害に遭われた方を傷つける意図は一切なく、今後もないことを明らかにいたします。
● Big HitはBTSをはじめ、当社所属の全アーティストの活動において、ナチスを含む全ての全体主義、極端な政治的傾向を帯びた全ての団体および組織を支持せず、これに反対し、このような団体との関わりを通して過去の歴史によって被害に遭われた方を傷つける意図は一切なく、今後もないことを明らかにいたします。

3. Big Hitは最近、提起された問題に関連し、次の通りお詫びの言葉をお伝え申し上げます。

● Big Hitは、原爆のイメージの入った衣装の着用に関連し、上記に明らかにしたように一切の意図はなく衣装自体が原爆被害者の方を傷つける目的で製作されたものではないことが確認されたにも関わらず、当社が事前に十分な監修ができず、当社のアーティストが着用するに至ったことにより、原爆被害者の方を意図せずとも傷つけ得ることになった点はもちろん、原爆のイメージを連想させる当社アーティストの姿によって不快な思いを感じ得た点について心よりお詫び申し上げます。

(強調引用者)

以下、私が感じたことをいくつか指摘したいと思います。

1.「意図はない」の是非
 人権派のみなさんは、つね日頃「差別の意図はなかった発言、マジ絶滅しろ!」と叫んでいらっしゃいました。「意図はなかった」と弁解すること自体が見苦しい自己保身であり、被害者をさらに傷つけるという主張です。
 その視点からすると、今回のBig Hitの文章は、引用部分だけでも「意図はなかった」系のフレーズが4回も登場し、自分たちに悪気がなかったことをくどいほどに強調しています。はたしてこういう姿勢は従来のサヨク基準・韓国基準に照らして許容できるものなのでしょうか?

2.「にも関わらず」の意図
 この文章には、あきらかに日本語としておかしなところがあります。

>衣装自体が原爆被害者の方を傷つける目的で製作されたものではないことが確認されたにも関わらず、当社が事前に十分な監修ができず、当社のアーティストが着用するに至ったことにより…

 なんですか、この「にも関わらず」の使い方。
「衣装の製作目的に悪意があると確認されたにも関わらず、当社の監督不行き届きでアーティストに着用させてしまったので謝罪する」
もしくは
「衣装自体に悪意がないことが確認されたのでアーティストに着用させたが、その判断が甘かったことを謝罪する」
なら意味が通じるのですが。
 それにこの文章を読む限り、あのシャツを衣装に選んだとき事務所はメーカーに問い合わせて「原爆写真をプリントしたのはどういう意図?」と確認したかのように受け取れますが、とても事実とは思えませんね。

【2018.11.15追記
声明文のこの部分は1センテンスが長すぎるので分かりづらいのですが、バッサリ要約すると「Tシャツの制作意図に悪意がないと確認されたにもかかわらず、原爆被害者を傷つけ得ることになったことをお詫びする」ということですね。つまり韓国側関係者は誰も悪意がなかったのに、日本側が勝手に誤解して今回の事態をもたらしたとほのめかしたいわけです】


 この悪文のすべての原因は、事務所がここで強引にシャツのメーカーをもかばおうとしたせいです。
 芸能事務所がなぜ無関係なはずのTシャツメーカーをかばわなければならないのか?
 それは、あのTシャツが韓国社会に(肯定的に)受け入れられているため、シャツを悪者扱いすると韓国人全体が悪者になってしまうからでしょう。
 わたしが上に挙げた2つの修正案では、どちらもTシャツが不適切なものだったと認めることになってしまいます。それを回避するための呻吟の結果、あの奇妙な文章が出来上がったと想像します。
 こうした態度を「真正性ある謝罪」と認めてよいのでしょうか?

3.「不快にさせた」は謝罪なのか
 
 「意図したことではなかったが、結果的に不快にさせてしまった人がいるので謝る」というのは、日本の謝罪会見でも頻繁に聞かれる決まり文句です。
 それで相手が納得するのならべつにいいのですが、これって自分たちの何が問題だったのかを本当に理解し反省したうえでの言葉なのでしょうか?

 今回の件で日本世論が腹を立てているのは、原爆という悲惨なものを平然とファッションに取り入れる韓国人たちの無神経さに対してです。見た目はただのモクモクした雲でも、その下では何万人もの市民が焼かれ、吹き飛ばされ、苦しみながら死んでいった。しかもその影響で苦しんでいる人がいまもたくさん残っている。
 そういう事実に想像を巡らせることなく、「原爆は日本に対する神罰だ」「原爆のおかげで独立できた」と称賛し、原爆を格好いいもの、オシャレなものと考えるデリカシーのなさが、日本人をいらだたせるのです。

 原爆に対してその程度の認識しかないのですから、デザイナーもスタイリストもアーティストも所属事務所も、特段の「意図」がなかったのは当然のこと。たとえれば、花の冠を作って遊ぶ子供が、生殖器を千切られた植物の苦しみに思いが至らないのと同じことです。
 この声明文は、自分たちが原爆犠牲者やその遺族の感情などまったく「眼中になかった」事実を、「傷つける意図はなかった」と都合よく言い換えて自己保身に利用しているのです。

 日本世論が何に対して怒っているのかを理解せず、たとえ理解したとしても受け入れる意志がないからこそ、事務所は「不快にさせた」ことにしか謝罪しないし、韓国メディアは「防弾少年団、Tシャツ騒ぎにも人気…光復Tシャツの販売急増・東京ドーム満席」なんて記事を嬉々として書き連ねるのです。

4.「得る」「得た」とはどういう意味か

 ここまで書いてきて言うのはなんですが、事務所側は自分たちが実際に被爆者を傷つけたり不快な思いをさせたと認めているわけではありません。「傷つけ得ることになった」「不快な思いを感じ得た」――つまりそのような可能性をもたらした点を認めているだけです。
 こうした表現は、日本の謝罪現場でもよく使われる「傷ついた人がいるとしたら謝罪する」と同じニュアンスですね。「こんなことで本当に傷ついた奴なんかいるのかよ?」という、ふてくされた本音が透けて見えます。
 こうした態度を「真正性ある謝罪」と認めてよいのでしょうか?

5.本人の発言はあれでいいのか

 13日に東京ドームで行われたBTSのコンサートで、原爆Tシャツを着た当人がどんな発言をするかに注目が集まりました。

 午後6時から始まった公演は、約3時間行われた。ステージを見たファンによると、アンコールとなり、メンバーの1人1人が一言づつMCを行い、一連の騒動に関してコメントをするか注目されていた“原爆Tシャツ”を着た当人のジミンの番となった。ジミンは涙目となりながら、日本語でこうファンに語りかけたという。

「僕たちは2014年、初めて日本に来て渋谷の小さい場所でライブをやり、ようやく東京ドームに来ることができました。日本だけじゃなく、世界の人々に心配をおかけしました」

 観客たちももらい泣きし、会場からは何度も「ジミン」と大歓声が起こった。


https://dot.asahi.com/wa/2018111300086.html

 「心配をおかけした」。へえ、それだけですか。着用した本人がそれで済むと思ってるわけですかw
 しかも、アンコールがなければ何のコメントもなくコンサートは終わっていたわけでしょう?
 アーティストには責任がないとBig Hitは強調していますが、では彼らはただのマネキンなのでしょうか。
 もし当事者の彼が原爆について(日本人なみの)デリカシーを持っていたら、衣装を渡された時点で「他の服はありませんか」とやんわり拒否することもできたはずです。彼があのTシャツのデザインをどのように認識していたか、ぜひとも知りたいところです。
 それとも韓国が誇る世界的トップスターwは、自分が着た服について自分の言葉で語ることもできないような操り人形なんでしょうか?
 だとすれば彼らが国連で「自分自身について話してください」と世界に向けて呼びかけた演説も、事務所から渡された台本を朗読しただけという理解でいいのでしょうか?

6.韓国社会の膿を放っておいていいのか

 日韓の歴史認識問題では、河野談話や村山談話、菅談話、2015年の慰安婦合意などで日本政府が何度も謝罪表明したにもかかわらず、韓国側は石原慎太郎や橋下徹、一部活動家らの言動などをことさらに取り上げて「日本の謝罪は真正性がない」と批判しました。
 今回、韓国の世論やメディア、政治家たちは「BTSに対する日本の嫉妬」「おまえらが騒げば日本の蛮行が世界に知れ渡る」「難癖をつけるな」「BTSの出演拒否は最悪のダメヅマリ」「BTS批判は日本の被害者ロンダリング」と言いたい放題です。
 今回のTシャツ騒動は、たまたま日本でも人気の高いアーティストが着用していたために注目を集めましたが、根本的な問題は、日本への原爆投下を肯定的にとらえる韓国人の価値観にあります。この膿をえぐり出さない限り、芸能事務所1社が曖昧な声明文を発表したところで何の意味もありません。
 しかも前述の通り、Big Hitは文章を歪めてまで韓国社会の膿をかばっています。この声明は謝罪文というより、韓国社会の「どうしようもなさ」を浮き彫りにする自白調書といえるでしょう。



 ……とまあ、これまで韓国人や自称人権派が振り回してきた論理を使えば、今回のBig HitおよびBTSの対応をボロクソにけなすことができるわけです。
 それでも、被団協とユダヤ団体はこの声明を受け入れたとのこと( BuzzFeed )。よかったですね、相手の物分りがよくて。
 お互いこの程度の「謝罪」で丸く収まるなら、日韓はもっと仲良くできたでしょうに。

 今回は「真正性ある謝罪」とやらの素晴らしいお手本を見ることができ、われわれネトウヨは大きな勇気をもらいました。今後、この件を最大限に利用させていただこうと思います。感謝感謝。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

ミュージックステーションはBTS吊し上げの絶好の舞台だったのに

 防弾少年団(BTS)の原爆Tシャツの件。ネットの右派世論がマスメディアを動かすほどの力を得たのは感慨深いことです。
 Tシャツの問題が取り上げられるようになったのは徴用工あらため朝鮮半島出身労働者訴訟の大法院判決が出る前だそうですが、あの判決がなければ番組への出演中止もなかったはずです。大法院のおかげで、日本ではあらゆる分野で「韓国離れ」が許容・肯定されるようになりました。

 個人的にBTSには興味ありませんし、彼らが原爆Tシャツを着ていたからといって驚きも怒りも感じません。
 中央日報の論説委員が堂々と「原爆は神の懲罰」と言い、原爆被害者を取材した朝鮮日報の女性記者が「自業自得の日本がいつまでも苦しんでいる姿は疎ましい」と言う国です。そもそも韓国世論は自国の核武装に前向きで(→たとえばこちらこちら)、文在寅が北朝鮮の核放棄よりも制裁緩和と南北統一を優先しているのは、統一コリアの核保有を目論んでいるからと分析する識者の見方もあります。
 要するに、BTSのメンバーはごく普通の韓国人なのです。

 今回の件、日韓のBTS擁護派は
「原爆Tシャツはただの口実でネトウヨは韓国ヘイトをしたいだけ!」
「ごく少数の極端な連中が大声で騒いでいるだけ!」
「本人たちに悪気はない!」
と訴えていますが、ブーメランになりかねませんね。
 今回のバッシングは人権団体や韓国人たちがこれまで実践してきた「やり口」とまったく同じですから、軽々しく反論すれば簡単に逆手に取られます。ろくな根拠もなく上記のような反論を行うなら、今後は下記のような主張も受け入れなければならなくなります。

「慰安婦はただの口実で、韓国人は日本ヘイトをしたいだけ」
「人権侵害なんて、ごく少数の極端な連中が大声で騒いでいるだけ」
「旭日旗を振る行為に悪気はない」

 わたしは嫌韓ネトウヨですから、韓流が日本から干されることは歓迎する立場です。でもたとえ韓流芸能人が日本を席巻したとしても、内心ウンザリするだけで、彼らを排除するために積極的に行動や発言をする気にはなれません。彼らのファンが日本に多いのなら仕方ないことだと思いますし、嫌なら観なければいいだけのことなので。

 むしろ願うのは、原爆もナチスも旭日旗も人種差別も含めて、もう少しタブーというものが減ってほしいということです。
 核兵器の使用は恐ろしいことですが、原爆を落とした米国はいまだに謝罪も後悔もしていないし、核保有国の数がちっとも減らない現実がある以上、原爆に一定程度の意義を認める価値観を抹殺しようとするのはおこがましいと感じます。必要なのは拒絶ではなく相互理解への努力だとリベラルのみなさんもおっしゃっていることですし。

 韓流芸能人が原爆Tシャツを着たからといって「反日」呼ばわりするのはナンセンスです。われわれ嫌韓ネトウヨ界隈では、反日でない韓国人など存在しないというのが定説になっているのですから。
 あのTシャツを作ったデザイナーも、売ったショップ店員も、着ている韓国の消費者も、心の奥底で「原爆を落とされた日本ざまあ」と思っているはずです。そうでなければ、今回の騒動で韓国の世論もメディアも政治家もそろって「あの程度のことで腹を立てる日本は偏狭だ」と一斉に反発するはずがありません。

 茂木健一郎氏が「BTSに出演してもらって、番組内で、この問題についてのわだかまりを解くような一言を放送できたら、ものすごく価値が生まれたのに」とツイートしたそうですが、ある意味同感ですね。
 気に食わないから拒絶するというのは、トラブル回避の知恵ではありますが、あまり面白くありません。
 あえてBTSに出演してもらい、曲よりもまず例のTシャツについて説明を求め、

「あのきのこ雲の下では何万人もの人たちが一瞬で焼き殺されたんですよ。そういう写真の入った服を着ることをあなたがたは格好いいと思うのですか」

 と、冷静かつネチネチと追及してあげればよかったのにね。もちろん、質問内容をきちんと事前通告したうえで。

 そうすれば、テレビ局がわざわざ出演拒否を伝えるまでもなかったように思います。

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

朴槿恵はアフリカに逃げて正解だったと思う

 オバマ大統領の広島訪問は、反核運動への貢献よりも、日米両国の信頼がより深まったことに大きな成果があるでしょう。慰霊碑の前でじっと目を閉じたオバマさんの表情、被爆者のおじいちゃんとの抱擁などは、絵になりましたね。わたしもちょっとグッと来ました。
 これは昨年末の日韓の慰安婦問題政府間合意に続く安倍政権の外交成果ですね。まあ、韓国政府とのあの合意を「成功」と呼んでいいかどうかはまだはっきりしていませんが、少なくとも日本国内のリベラルは歓迎せざるを得ないはず。今度の参院選に向け、自民党にとっては大きなアピールネタができました。

 今回の大統領広島訪問を円満に実現させるために、日米両政府がずいぶんと苦労したことを、信濃毎日新聞も報じています。謝罪ナシというのは両政府も主だった被爆者団体も了解していたものの、沖縄の米軍属がやらかした事件が大きな影を落としたとのこと。

信濃毎日新聞 2016.5.28付

 このままでは日本が望む形の訪問はできない―。25日夜、激怒したホワイトハウス高官が日本側に「警告」(外交筋)を発した。…
 発端は同日夜、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に先立って開かれた日米首脳会談後の共同記者会見だった。安倍晋三首相は無言で立つオバマ氏を横目に、沖縄の女性遺棄事件で「断固抗議」したと繰り返し強調。10分程度の予定だった会見は50分に延び、テレビでも生中継された。
 複数の日米関係筋によると、オバマ氏に同行するホワイトハウス高官は、安倍首相が会見場でオバマ氏を「さらし者」にしたと憤った。この高官は官邸関係者に「怒りをぶちまけた」という。



 あの会見で沖縄の事件が長々と言及されたのはオバマ氏の意向もあってのことだったようですから、大統領自身が「さらし者にされた」という被害意識を持っていたかどうかは分かりません(産経新聞記事)。
 いずれにしても両国は、首脳も国民も「大人の態度」に徹しました。安倍首相があの会見で断固とした姿勢を示したのだって、沖縄の世論をなだめて辺野古移設を実現させるためですから、日米同盟の強化という共通目標については、両国ともにブレがありません。
 アメリカ側としても、広島で謝罪せずに済んだどころか被爆者からあれほど歓迎されたのですから、悪い気分はしないはずです。

 かたや韓国。今回もかの国のメディアと市民団体の「見苦しさ」は健在でした。
 最初は「オバマは広島に行くな」の大合唱だったくせに、いつのまにか「韓国人慰霊碑にも花を捧げろ」、さらには「広島のスピーチで日本の戦争責任に言及しろ」「韓国人被害者に謝罪して賠償しろ」。
 日米両政府が薄氷を踏む思いで段取りをつけてきた苦労も知らず、支離滅裂で好き勝手なことを叫んでいたのです。自分たちの発言が外交関係にどのような影響を与える可能性があるのかを、まるっきり理解していません。言っちゃ悪いけど「わがままなガキ」の姿そのまんま。
 当日の広島でも、彼らは彼ららしいパフォーマンスを見せてくれました。

ハンギョレ日本語版2016.5.28
http://japan.hani.co.kr/arti/international/24259.html

 現地を訪問した韓国人被爆者たちは、オバマ大統領が「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」を訪問しなかったことについて、残念な気持ちを隠せなかった。彼らと現場に同行した「釜山(プサン)平和と統一を開く人々」のパク・ソクブン常任運営委員は、「皆さんは、韓国人被爆者の存在が言及されて不幸中の幸いとしながらも、すぐ横に韓国人慰霊碑があったのに、なぜ足を運ばなないのか残念がっていた」と述べた。広島で被爆した在日同胞のイ・ジョングンさん(88)も「今日のオバマ大統領の訪問式典に韓国被爆者は一人も入れなかった。今朝、あまりにも悔しいので広島市長に電話して、韓国の被爆者が来ているのに、なぜ入れてくれないのかと抗議した」と話した。



 当日の朝になって「会場に入れろ」なんて、そりゃ無茶でしょ。しかも「オバマとアベは謝罪セヨ! 賠償セヨ!」と叫ぶ気満々の皆さんを…。っていうか、そこは"本家″の原爆死没者慰霊碑で追悼するための会場なんですから、原爆死没者名簿への登載を拒否しているらしい韓国人の皆さんは関係ないじゃないですか。関係ない会場に無理やり入り込んで何をやらかすつもりだったんですか??


ハンギョレコリア語版 2016-05-27
http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/745809.html

韓国政府はこの日、オバマ大統領が広島平和公園を訪問して日本人被爆者にも会ったが、韓国人原爆犠牲者慰霊碑は訪問しなかったことに対して、何の公式論評も出さなかった。
ただし外交部当局者が匿名を前提に「オバマ大統領が広島平和公園を訪問して所感を発表する際、米国の現職大統領として初めて広島県で韓国人犠牲者を明示的に哀悼したという点を評価する」として「韓国人犠牲者をアメリカや日本の犠牲者らと同等な立場ではっきりと言及したことは意味があると思う」と話した。
だが、オバマ大統領が韓国人原爆犠牲者慰霊碑を訪れなかったことに対しては言及を避けた。
韓国政府は一ヶ月前までもオバマ大統領の広島訪問を「米日両国間の問題」として事実上傍観していたものとみられる。

そのうち最近になってオバマ大統領の広島訪問が確定して、韓国人慰霊碑訪問がイシューに浮び上がったとたん、一足遅れて無理矢理オバマ大統領の韓国人慰霊碑訪問をより強力に要求してきたと分かった。このときワシントンのシンクタンク専門家たちは「韓国の要求があまりにも強くてびっくりするほどであった」とも話した。
これに対してアメリカ側は、韓国人慰霊碑を訪問しなかった理由について、オバマ大統領の安全とアメリカ内政治的反発を考慮した動線配置のためだと説明したと分かった。
オバマ大統領の「謝罪」を要求する日本原爆被害者の予期できないデモなどを考慮して、動線を最小化しようとしたというのが表面的理由だ。

(エキサイト翻訳http://www.excite.co.jp/world/korean/)

 こういうときだけ「日本人がデモをしかねない」なんて言うの、やめてくれません? 謝罪セヨー賠償セヨーと声高に騒いで、いかにも何かしでかしそうな空気を発散させてたのは自分たちじゃないですか。
 「安全のため」という米国側の説明をハンギョレは「ただの言い訳だ!」と決めつけていますが、はたしてそうでしょうか。
 アメリカ政府がキム・ギジョン義士のことを忘れたとは思えませんけどねえ。

146435323237_20160527.jpg

 「謝罪なんか要求しないから、大丈夫だから」という日本の言葉を信じて恐る恐る広島にやってきたオバマさんが、こんな連中↑↑が手ぐすね引いているところへノコノコ出ていけるわけがありません。
 相手が応じられないことを百も承知でオバマ氏に謝罪と賠償を要求するこの市民団体の皆さんは、反米思想の強い親北派である可能性は高いですね。

 この記事に出てくる「韓国政府が韓国人慰霊碑訪問を強力に要求してた」って話は本当なんでしょうか。安倍首相の上下両院演説で挫折を味わい、昨年末以来ほぼ完全に反日外交を封じられている韓国外交部が、いまどきそんな無謀な真似をするとは思えないんですけど。当局者が国内メディア向けに強がって見せただけじゃないのかな。
 もし韓国政府が本気でオバマ氏に韓国人慰霊碑に訪問してもらいたかったら、こんな団体を野放しにすることはなかったはずです。

 朴槿恵政権にはもはや、日米がやることに口出しする余力は残っていないでしょう。だとすれば朴槿恵さんがサミットへのオブザーバー参加を蹴ってアフリカに出かけたのも、けっして悪くない判断だったと思います。もしこんな状況で訪日していたら、韓国メディアは口をそろえて「目の前で安倍に好き勝手されて何も言えない鶏クネは無能!」「親日派め!」と騒ぎ立てていたに違いありません。それなら最初から参加しないほうがましというものです。
 しかも羽田では大韓航空機がエンジン火災を起こして約300便を欠航させるという大失態。偶然とはいえ間が悪いことこの上ありません。

 そういえば、「オバマぁ! アタシたちをシカトしたらただじゃおかないよ!」と啖呵を切っていた朝鮮日報の金秀恵特派員は、今回のことをどうお感じになったんですかね。韓国外交部のヘタレ当局者と同じく「スピーチで触れてくれたからめでたしめでたし♪」なんでしょうか。もしそうだったら一言いいたい。「だったら最初から余計なこと言うな」。
 

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

朝鮮日報特派員「被爆体験を聞いてたらなんだかムカついてきた」

 朝鮮日報東京特派員の金秀恵(キム・スへ)氏が書いた「広島に行くオバマ大統領へ」というコラム(2016年5月16日、日本語版掲載)。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/16/2016051600776.html

 オバマ大統領へ語りかける体裁をとっていますが、中身のほとんどは自分の葛藤をウダウダと書き並べているばかりで、こんなことを本当にオバマさんに言ったら「だからナンですカ?」と肩をすくめられてしまうような文章です。

 安倍談話の発表を間近に控えた昨年7月、彼女は他の外国人記者たちとともに広島を訪れたとのこと。被爆者の体験談を聞き、「日本はどんな目に遭っても当然だ」と考えたいと思っていた自分の考えは狭量で恥ずかしいものだと感じさせられたといいます。


【前略】 しかし、私はそうした言葉【=被爆者の体験談】に完全には集中できませんでした。「『日本は世界で唯一の被爆国だ』という話を私は今日、何回聞いたのだろうか」と数え、「あの言葉はなんでこんなにも耳に引っかかるのか」と思うと、落ち着きませんでした。

 私の中には、広島の惨状に同情する気持ち、核のない世界を応援したい気持ち、「日本の謝罪と同じくらい、韓国の寛容さも重要だ」と信じる気持ちがあります。それと同時に、「広島ではなかったら、もっと長い時間、苦しめられていただろう」という現実の判断もあります。

 弱い国を侵略した国は日本以外にもたくさんありますが、日本より残忍で執拗(しつよう)な国はナチスドイツしかありません。この国が自らの罪業の結果に70年以上苦しむ姿は、時にふと疎ましくなります。一緒に記念館を見学した米国人記者は「ここには『1945年8月6日』だけがあり、それ以前の世界はなかったような空間だ」とぽつりと言いました。

【】内は引用者注


>「広島ではなかったら、もっと長い時間、苦しめられていただろう」

 これは「原爆が広島に落とされなかったら、われわれ韓国人はもっと長く日本に苦しめられていただろう」ということでしょうね。

> 弱い国を侵略した国は日本以外にもたくさんありますが、日本より残忍で執拗(しつよう)な国はナチスドイツしかありません。

 「残忍」だの「執拗」だのという主観的なもので勝手に他国をランク付けするこの軽率さ&傲慢さ、どうにかなりませんかね。少なくとも日本の朝鮮半島支配は、西欧列強の植民地経営と比べて残忍でも執拗でもなかったと思いますけど。

>この国が自らの罪業の結果に70年以上苦しむ姿は、時にふと疎ましくなります。

 ここでいう「自らの罪業の結果」とは、もちろん原爆のこと。憎たらしい日本が罪業の結果で70年以上苦しんでいるのですから素直に「いい気味だ」と喜べばいいのに、なぜか金秀恵氏は不満そう。
 原爆の後遺症に苦しんでいる被爆者に向かって「疎ましい」なんて言葉を平気で使えるのは韓国人くらいのものでしょう。
 「自分の考えは狭量で恥ずかしいものだった」「自分は広島の惨状に同情するし、核のない世界を応援したい」「韓国の寛容さも重要だ」…こうした日本人受けする言葉はすべて予防線に過ぎません。彼女の本心は↓↓これです。

「自業自得のくせに、日本人はいつまで被害者ヅラしてやがるんだ。くそウゼェ」

 表現は乱暴ですけど、要するにこういうことですよね。そのいらだちは、「被害者様」というウリナラの専売特許を日本に奪われてしまうという焦り、さらにいえば嫉妬でしょう。もし原爆が広島ではなくソウルに落とされていたら、いまごろ韓国は押しも押されもせぬ世界最大の被害者大王になれていたものを!…あ、すでにいまも大王気取りかw

オバマ大統領が行く時も同じ状況【=朝鮮人被爆者の存在が無視されること】が繰り返されるなら、その時は笑ってやりすごすことはできないでしょう。朝鮮の人々は植民地支配と原爆2回に苦しめられました。その痛みに対して何とおっしゃるのか、広島に行って見守りたいと思います。


 残念ながら、オバマが韓国人被爆者専用慰霊碑に足を運ぶことはたぶんないでしょう。原爆犠牲者の中には「韓国人」だけでなく台湾人や中国人もいますからね。現在の国籍の違いにいちいち構っていられるわけがありません。
 たとえば台湾なんか日本の統治期間は朝鮮よりも長いうえに、大東亜戦争では米軍の激しい空襲に見舞われています。慰安婦や徴用工として動員された点も朝鮮と変わりありません。ほぼ無傷のまま終戦を迎えた朝鮮よりずっと「被害者様」です。

 71年前のおっそろしい戦争で、日本人は何百万人も死にました。ほとんどの大都市が市民もろとも焼夷弾で焼き払われ、原爆によるダメ押しを2発もくらいました。
 戦争の引き際を間違えたのは当時の帝国政府の判断ミスであり、国民が愚かな指導部に国を任せてしまった結果であるという意味では日本の自業自得でしょう。でも、原爆を開発し、核攻撃を選択したのはあくまで米国。 勝利のために安易な禁じ手を使ったのですから、その代償――唯一の核使用国という汚名――くらいは引き受けてもらわなければなりません。日本が原爆の恐ろしさを語り伝えることについて、誰も文句は言えません。

 広島や長崎の原爆資料館を見学した人はだれだって、あの戦争で日本が大きな「代償」を支払ったことを知るのです。あんな戦争は二度としたくないと日本人が強く思っていることを疑う者はほとんどいないでしょう。

 でも、それは韓国にとって都合が悪いんですよね。
 自分たちが千年先まで被害者様であり続け、日本を批判し続ける名分を保つためには、日本にはつねに「懲りずに侵略戦争を企てる潜在的軍国主義国家」でいてもらわなくちゃならない。
 むしろ原爆投下を根に持ち、いつか復讐を企てている日本、その野望に最前線で立ち向かう韓国、というストーリーが一番おいしい。

 もし日本が声高に「オバマは謝罪せよ!」と叫んでいれば、韓国人はまだ安心できたでしょう。「米国に謝罪を要求する前にウリナラに謝罪せよ!」と日本を攻撃できましたから。
 でも、今回の日本は感情的な態度を少しも見せず、「すべてはサンフランシスコ講和条約で終わったこと」と落ち着き払っています。だから韓国はオバマに八つ当たりするしかなく、ますます醜態をさらすはめになっています。
 原爆の恐ろしさ・非人道性が強調されればされるほど、謝罪を求めない日本の寛容さが際立ち、対照的に慰安婦や徴用工ていどでいつまでも謝罪と賠償を求める韓国の狭量さが際立つ仕組み。
 そのことを自覚しているからこそ、金秀恵特派員には、唯一の被爆国という日本の立場が「疎ましく」感じられるのでしょう。

 朝鮮日報は5月12日付けの社説でも、「オバマ氏は広島で『加害者は日本、被害者は韓国』と指摘せよ」などと叫んでいました。アホですね。日本の世論から謝罪を要求されるのではないかとヒヤヒヤしているオバマさんが、わざわざ地雷を踏むような発言をするわけないじゃないですか。
 韓国メディアは、昨年春に安倍首相の米国議会演説反対キャンペーンを張ってあっけなく玉砕したことをもう忘れたのでしょうか。
 自分たちの戦争被害を強調したければ、オバマが訪韓したときに独立記念館を訪問してもらえばよかったのです。


 で、実際に広島を訪れたオバマさんの言動が気に入らないものだった場合、金秀恵氏をはじめ、韓国メディアはどうするんですかね。ますます大きく騒いで日米の不興を買うつもりでしょうか。悔し紛れに米韓同盟を破棄して中韓同盟を結べと叫びますかね? トランプさんなら「勝手にしやがれ」と言いそうですけど。



追記に金秀恵氏のコラムと5月12日付けの社説をコピペしておきます。

続きを読む

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

ベトナム戦争のさなかに韓国人が原爆慰霊碑に書いた「ウリナラは半万年の被害国!」

 オバマ大統領の広島行きが正式発表されたとたん、それまで猛反対を繰り広げていた韓国メディアが「だったら韓国人原爆犠牲者慰霊碑にも参拝しろ!」と叫び出しました。
 原爆投下が神罰ならば、それによってコリアンが死んだのだって神のご意思でしょうに。 
 なぜ原爆投下時に何万人ものコリアンが広島にいたのか? 軍需工場で汗水たらしてアジア侵略のための兵器を作っていたからです。
  「戦犯国民」だったコリアンたちは、アジアの被害国に謝罪したんでしょうか? してませんよね。
 そんな謝罪も反省もない「戦犯国民」が建てた慰霊碑に米国の大統領が花を手向けたりしたら、無反省な韓国人に免罪符を与えることになってしまいます。そんなこと、道徳的に許されません!
 むしろ、原爆投下のおかげで朝鮮半島は日帝の圧政から開放されたのですから、韓国人は広島平和記念公園の真ん中で「原爆ありがとう!」と叫ぶべきです。
 …オバマの広島訪問に反対していた韓国メディアの理屈を援用すれば、当然こういうことになるんですけどね。

 当時の朝鮮人が無理やり戦争に加担させられていた「被害者」なのだとすれば、それは大多数の日本人も同じこと。
 等しく戦争の犠牲者なのに、なぜ韓国メディアは死者の魂すらも国籍や民族で区別しようとするのでしょうか?

 そもそも広島原爆死没者慰霊碑に納められた名簿に登載されるのは、国籍や被爆者手帳の有無に関係ありません。そこに黙祷を捧げる人々だって、誰も国籍なんかで犠牲者を区別していません。ホワイトハウスの報道官も、粘着する韓国人記者に対して「オバマ大統領の広島訪問は第2次世界大戦中に犠牲となったすべての罪なき人々を慰霊するためのものだ」と説明したそうです(中央日報)。
 いちいち国籍なんか気にしてない=ことさら韓国人専用の慰霊碑に立ち寄る必要はないという立場を明らかにしたものですね。

 韓国人がこれほどまでにオバマに韓国人専用碑への訪問を要求するってことは、広島市がとりまとめている原爆死没者名簿に韓国人の犠牲者は登載されてないんでしょうね。
 韓国のみなさんはきっと、「戦犯国民」である日本人たちと一緒の名簿に記載されて一緒に追悼されるのが我慢ならないのでしょう。そうでなければ韓国人専用の碑にここまでこだわる理由がありません。

 ついでにいえば、韓国人は北朝鮮人と一緒に慰霊されるのも拒否しています。1999年、民団の念願がかなって慰霊碑が平和記念公園内に移転される際、広島市が「南北統一の碑にしては」と提案したにもかかわらず、民団側は「韓国」の名は外せない! と総連との妥協を拒みました。
 碑の石材も、わざわざ韓国から取り寄せたものだとか。それだけ差別化にこだわっているくせに、なぜ「碑が平和記念公園に建てられないのは差別だ!」などと騒ぐのか、わたしには謎です。あんな公園、韓国人に言わせれば「チョッパリどもが被害者コスプレのためにつくった茶番公園」でしょうにねえ。
 結局、平和記念公園というブランドの魅力には勝てないということですかね。

 ちなみに、韓国人専用慰霊碑に納められた死没者名簿の登録者数は2015年8月現在で2711人とのこと(毎日新聞2015年8月5日)。あっれえ、コリアンの広島原爆犠牲者は2万人超じゃなかったの? べつにいいけど。

 この慰霊碑にはどんな文が刻まれているのか、コリア語のサイトをちょっと調べてみました。
 いつものとおり、機械翻訳をベースにした読みやすさ重視の意訳です。

https://ko.wikisource.org/wiki/%ED%95%9C%EA%B5%AD%EC%9D%B8_%EC%9B%90%ED%8F%AD_%ED%9D%AC%EC%83%9D%EC%9E%90_%EC%9C%84%EB%A0%B9%EB%B9%84

 悠久の歴史のなかで、私たち韓民族は他者をむさぼらず、他の民族を傷つけることもなかった。だから先進的で良い暮らしをした誇らしい時代もあった。
 しかし、大国の間に挟まれて、彼らの圧迫ゆえに国が危うくなり民が不安に見舞われたことも多かった。王孫と高官の子弟を禿魯花に送らなければならなかったり、多くの美貌の娘を公女に捧げなければならなかったりという悔しいこともあった。私たちの仁祖が敵王の前にひざまずかなければなかった受降壇の話も同様である。

 しかし、五千年の長い民族史を振り返っても、ここに祀った二万余もの生霊が経験した悲劇ほど恨めしいものはない。韓民族が国を持てなかった悲しみを骨身にしみて味わったのが太平洋戦争のときであり、中でも原爆投下の悲劇はその極みである。
 国を失った王孫だったために、人知れぬ悲しみと苦しみをひときわ味わわれた李朝のイ・ウ殿下をはじめ、名分のない戦いに駆りだされた同胞兵士、鍬と鎌を持って奴隷のような労働を強いられた同胞徴用者たちなど、この地に集まったさまざまな同胞男女が広島市民とともに戦争末期の苦しみに耐えていた1945年8月6日、人類最大の惨劇がここで起きた。
 閃光が輝いた瞬間、すべては阿鼻叫喚の修羅場に化した。日本国民に与えられたこの巨大な破壊魔は、韓国民にも少しも寛大ではなかった。

 李朝のイ・ウ殿下のほか、この惨劇によって貴重な生命を失った罪のない同胞は、それ以来二十五年以上も魂の鎮まる場所も用意されないまま今日に至り、恐ろしくて身の置きどころもない。こんにち、意のある同胞一同とチャン・テヒ建設委員長のほか委員をはじめとする日本人数人の真心の結晶により、遅ればせながらここによるべのない霊魂のくつろぎの場所を用意することになった。

 上記の霊は、すべての恨みと憎しみをすべて忘れて、永く安らかにお眠りください。将来、このような悲劇の種をまく者もそれを受ける者もなく、侵略の罪を犯す者も侵略の悲しみを受ける者もなく、遠い国も近い隣人も永遠に助け合い親しく暮らせるように見守りください。
 平和を愛し、侵略と虐殺を憎むすべての人類は、ここ祀った霊魂の犠牲を心深く悲しみ、永遠の冥福を衷心より祈ります。また、韓国民の熱い愛はいつまでも霊位とともにあるでしょう。



 いやあ、のっけから「俺たちは半万年の間、いつだって被害者様だったんだ! 他民族をむさぼりまくってた日本とは違うんだ!」と民族主義が脂ぎってます。 韓国メディアは、こういう歴史観を米大統領に押し付けようとしているわけです。

 ちなみに、この碑が建てられたのは1970年。ベトナムに出兵した韓国陸軍が勇猛果敢に活躍していたさなか(1964~1972年)です。そういう時代背景を踏まえたうえで碑文のラスト数行を読み返すと、ますます味わい深く感じられます。

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター