信毎「改憲は民意じゃない!」 必死の遠吠えが支離滅裂

衆院選の与党大勝を受けた信濃毎日新聞の社説(2017年10月23日)は、「改憲は信任されたのか」と大見出しを打ち、「今回の選挙で、自民の掲げる改憲が国民の支持を得たとすることには異を唱えておきたい。幾つか理由がある。」として、その理由を列挙していました。
要約して箇条書きにすると以下の通り。
  1. 今回の与党大勝は、野党の戦略ミスによるところが大きい。小選挙区で圧倒的な議席数を確保したからといって、有権者の支持をストレートに映したものではない。
  2. 自民の公約は生煮えであり、自衛隊明記案は党内論議もまとまっていない。公約の柱に据えたといっても、街頭演説で積極的に訴えておらず、改憲戦力とされる他の野党も含め、選挙戦では議論が深まらなかった。
  3. 憲法9条の改悪に反対した立憲民主党が躍進した。
  4. 共同通信の世論調査では、安倍政権下の改憲について「反対」が「賛成」を上回っている。
興味深いのは、この社説が冒頭で問題にしているのは「自民の掲げる改憲」であって、「改憲」そのものではないということです。そりゃそうですよね。今回の選挙の結果、公明党や希望の党を含めれば改憲勢力が全議席の約8割を占めることになりました。もはや信毎すら、「憲法は一言一句変更する必要はない」「改正議論もすべきでない」と主張するような護憲原理派を擁護できなくなったのです。

それはともかく、上記の4項目を理由に「自民党の改憲案は国民に信任されたわけではない」と主張するのは、正しいのでしょうか。

選挙に勝ったからといって党の改憲案がそのまま承認されたことにならないのはそのとおりだと思いますが、この社説の理屈は、かなりいびつな印象です。
そもそも、具体的な改憲案が国民の審判に委ねられるのは国民投票においてであって、選挙の場ではありません。自民党草案も安倍首相の提案も、議論の呼び水として示されたにすぎません。国会ではまだ具体的な議論がまったくなされていない現時点で「選挙に勝ったからって、おまえらの改憲案が認められたわけじゃないんだからな!」と言わずもがなのことを吠えるのは、まるで負け犬の勇み足みたいで無様です。
 社説が挙げた4項目のそれぞれも突っ込みどころが多いです。

●理由1=野党の自滅について。
オレたちがうまくやっていたらアイツらに勝てたかもしれない、だからアイツらの勝利は本物じゃない――野党や信毎は、選挙のたびにこんな負け惜しみを言い続けていますが、恥ずかしくないんですかね。スポーツ選手が敗戦後に同じセリフを口にしたら、監督にぶんなぐられますよ。村田諒太だって、5月の世界戦では戦略ミスの結果微妙な判定で破れましたが、試合後も愚痴を言わず、再挑戦で見事TKO勝利し世界タイトルを奪取しました。
敗者に求められるのは、愚痴や泣き言ではなく敗戦の原因を冷静に分析することです。そもそも、小選挙区制に死票が多いことは周知の事実なのですから、それが不満ならば選挙制度改革を主張すべきなのに、野党もリベラル系マスコミも、まったく触れていませんでしたよね。彼らにとっても、小選挙区制度は「負け惜しみツール」として必要不可欠なのでしょう。

●理由2=公約の生煮え性について。
ただの呼び水を「煮えてない」と批判しても意味がないことは上述の通り。また、選挙戦で議論が不足していたから無視していいというのは暴論でしょう。
与党が憲法改正を発議できる3分の2を獲得できるかは、これまでの国政選挙でもつねに焦点になってきました。自公の候補が街頭演説で憲法問題に触れることは少なかったかもしれませんが、自民党が改憲を公約の柱に引き上げたことは揺るぎない事実ですし、民進党を分裂させたくさびもまさに憲法観・安保観でした。テレビの党首討論や新聞の選挙特集でも大きなテーマとして扱われていました。この問題がいままでになくクローズアップされていたことは疑いようがありません。
そういう事実がある以上、選挙後になって「憲法は争点にならなかった」と言い繕うのは、護憲派サヨクの負け惜しみならともかく、メディアまでそれに便乗してしまっては自己否定も同然です。
それにどうせ、もし野党が勝ってたら、絶対に信毎は「国民が改憲にノーをつきつけた!」と書き立てていたことでしょう。

●理由3=立民の躍進について。
立民が躍進した背景には希望と共産の惨敗があり、要するに左派系野党が仲間の票を食い合っただけのことですから、信毎の主張はほとんどフェイクに近いものがあります。議員定数が減少したにもかかわらず与党の議席数は選挙前と比べて変化なし。改憲に及び腰な公明が大きく議席を減らした結果、自民党は存在感を増しました。結果的に改憲勢力とされる議員が8割を占めることになった現実を直視しないメディアは、世論の代弁者の資格がありません。

●理由4=世論調査について。
これは事実そのとおりなのでしょうから、信毎は最初からこれを前面に押し出せばいいのにと思います。


信毎は社説の末尾近くで次のように訴えています。

憲法は国民の権利を守るために国家権力を縛るものだ。…とりわけ9条のように賛否が二分する項目を国民投票に持ち込めば社会に深刻な分断を生じる。数頼みは許されない。改憲の発議は慎重であるべきだ。



自民党案だろうがなんだろうが、改憲させたくない本音がよく分かります。たとえ国民の99%が改憲に賛成しても、「数頼み」「数の横暴」と言いかねませんね。

信毎が心配するまでもなく、改憲は当分実現しないでしょう。改憲勢力が8割を占めるといっても、こういう難しい問題はいざ具体的議論に入ると総論賛成各論反対で紛糾するのが常ですし、党の方針に背いて改憲反対に回る議員も出てくるでしょう。そもそも現行憲法は事実上、捕縛縄どころかゴムひも並にユルユルですから、国民にとっては、どうしても改憲しなければならない理由が見当たりません。第二次朝鮮戦争が勃発するとか、中国が台湾併呑・尖閣奪取を本格化するとかいった派手なことが起きない限り、憲法はいまのまま温存されるでしょう。

安倍首相も、支持率を犠牲にしてまで改憲をゴリ押しする気はありません。出したりひっこめたりして少しずつ国民の「改憲アレルギー」を薄めていくしかないことを、安倍政権はよく分かっているはずです。
スポンサーサイト

テーマ : 衆議院選挙
ジャンル : 政治・経済

鳥越氏にオール・インして逃げ場を失った野党聯合の悲哀

 ただでさえ準備不足や健康不安が指摘されていた鳥越俊太郎氏が、女性問題で集中砲火。
 …なのはネット世論だけなのか、我が家の愛読紙である信毎はもちろん全国紙でも、「過去に女性に絡んだ疑惑」(読売オンライン)などと表現するにとどまり、「女子大生」云々まで踏み込んでいるのは産経だけの様子です(各紙の反応について詳しくはJ-CASTニュース)。おそらくTVも大同小異でしょう。
 赤旗に至ってはたんに「疑惑」としか表現していません。

 新聞やテレビがわざと曖昧な報道をしているおかげで、Google検索で「鳥越」と入力すると、予測変換は「鳥越 文春」がトップに出るありさまになっています(わたしのブラウザだけ?)。

torigoe.jpg

 また、「鳥越」だけの検索結果でも、上位にヒットするのは鳥越俊太郎氏に対して批判的な記事ばかり。疑惑の詳細がバッチリ分かってしまうのはもちろん、報道陣に対する彼の姿勢の不誠実さや、過去発言との矛盾もボロボロ暴露されています。

 巷の企業がみな大枚をはたいてSEO対策に励んでいるご時世で、これはまったく怖ろしいことです。これだけのネガキャンを専門業者に依頼するとなると、費用はどれくらいになるでしょうかね。

 ちなみに、Googleの検索窓に「小池百合子」と入力すると、予測変換のトップは「小池百合子 結婚歴」でした(わたしのブ(ry)。

koike.jpg


 ネットではこれだけお祭り騒ぎになっていても、テレビや新聞だけを情報源にしている人(おもに高齢者)は、鳥越氏が具体的にどんな疑惑を持たれているか、どんな批判にさらされているかを知らされないまま投票日を迎えることになり、野党聯合もそれを望んでいるわけです。無邪気に鳥越氏に投票した人たちが、報道自粛が解除されてから詳細を知り「裏切られた!」と叫ぶ光景が目に浮かびます。

 こんな状況にもかかわらず、もし鳥越氏が勝利するとしたら、東京都民の多くが

①ただの情弱で何も理解していない
②疑惑の内容は知っているが鳥越氏の潔白を信じている
③淫行が事実だったとしても、都知事には鳥越氏が一番ふさわしいと思っている

 のどれかであることになります。悪夢ですね。
 鳥越氏に女性問題の影が濃いことは、かのリテラすら早い段階で警告していたほどですから、まったくのシロなんてことはありえない感じ。
 こうした疑惑が取り沙汰されることはある程度予想がついていたはずなのに、鳥越氏の反応は「事実無根」「告訴する」「弁護士一任」「何も言うことはない」――笑っちゃうほど桝添さんそっくりです。
 これほど彼が世論に疎く危機管理能力に欠けているという事実は、政治家として致命的なんじゃないかと思いますが、それでも都民が鳥越氏を選ぶとなれば、どのみち東京に未来はないでしょう。

 この期に及んでも、野党聯合は鳥越氏をかばおうとしているようですが、せめてきちんと自分の言葉で釈明するよう、本人に促すくらいはしたほうがいいと思います。
 ま、幹部のみなさんはメンツや立場がありますから身動きとれないかもしれませんが、一般の党員や党支持者はどう思ってるんでしょうね。リテラもいまだこの件に関してはダンマリだし。根性ないなあ。

 わたし、いまだに「組織票」というものが理解できません。投票用紙に誰の名前を書くかなんて個人の自由だし秘密は守られるはずなのに、なぜあえて組織の「命令」に従う人たちがいるのでしょうか。彼らは自分の意志を持たないのか、それとも組織に洗脳されているのか。いずれにしても気持ち悪い。
 日頃、個人の自由を守れだの議論を尽くせだのと騒いでいる人たちに限って、所属集団の方針に無批判・無抵抗だったりするんですかね。それじゃあ大政翼賛会と一緒じゃないですか。
 宇都宮氏を切り捨てたせいで退路を失った野党聯合と、分裂選挙のリスクを負いながらも結果として大きな選択肢(小池か増田か)を残した自公連合。
 結果論かもしれませんが、民主的に健全であり有権者にとって有益なのはどっちですかね。

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

鳥越氏には勝ち目がないとしか思えない

 ネットからの情報で判断する限り、今回の東京都知事選挙で鳥越俊太郎さんが勝利するのは無理そうですね。
 政治家未経験者が首長選挙で勝利するには、

①既存勢力を敵に仕立てて徹底批判する
②自分は政策通であることをアピールする
③有権者にバラ色の夢を語る

 のどれかしかありませんが、鳥越さんはそのすべてに失敗しました。
 ①については、前職の舛添さんはすでに姿を消し、政治資金問題への姿勢では各候補の立場に差がありませんから争点になりません。そのうえ、前知事を支えた自公への批判は、すでに小池さんに先取りされています。
 鳥越氏は安倍政権を批判したいのが本音で、都知事選をそれに利用したかったのでしょうが、それをやっちゃうと「そんなことより都政を語れよ」と怒られてしまいます。

 ②と③については、出馬表明当初から、鳥越さん自身が東京都政について知識も関心もビジョンもなかったことを自白してしまいました。ようやく政策らしきものを言うかと思ったら「がん検診100%」とかですから、支援者側も拍子抜けです。キャッチフレーズは「住んでよし」「働いてよし」「環境によし」だそうですが、微妙に語呂が悪いし、言葉のセンスがどうも年寄りくさいですね。

 鳥越氏は選挙戦の第一声で「私の長所は聞く耳を持っていること」とアピールしましたが、19日のフジテレビの「病み上がり」バトルでは、鳥越氏が小池氏に対する”質問”として投げかけたにもかかわらず、相手にまったく申し開きの余地を与えようとしませんでした。逆に小池氏からは余裕の笑顔で「他に質問はないんですか」と返される始末。

 鳥越さんは自ら進んで闘病経歴をウリにしてきたのですから、健康不安について他候補からあれこれ言われることは覚悟していたはずです。攻撃を逆手に取って「小池さんはわたしを病み上がりと呼んだが、今は元気。病の苦しさを知っているわたしだからこそ、誰もが病気や挫折から復活できる社会を実現したい」とでも訴えれば株が上がったでしょうに、鳥越さんはそこまで頭が回らなかったようです。
 つまるところあの口論は、些細な事でも「サベツだ!」と噛みつきたがるサヨク根性を露呈し、彼の余裕のなさ&知力のなさばかりが強調されたように感じます。

 鳥越さんの街頭演説の動画をいくつか観させてもらいましたが、ありゃ演説というよりトークショーですね。自分のファンを相手にする場ならけっこうですが、態度を決めかねている人たちの心に届くものではないでしょう。
 しかも、その街頭演説すら他候補とくらべて回数も延べ時間も圧倒的に不足しているようですから、このままでは「都民に向き合わない候補」というイメージが定着しかねません。
 また、7月14日のプライムニュースを観ての印象ですが、小池、増田両氏はしっかりと顔をあげてカメラや司会者の方を見ているのに、鳥越さんは終始うつむいていて内向きな印象を受けました。

 いくら民進党や共産党が組織力を動員しても、肝心の候補者がこの有様では無党派層への浸透は限界があります。民進党の杉尾秀哉氏は「私が勝てた信州モデルを東京に!」などと応援演説をしていましたが、直前まで現役だった58歳の彼が、もともと強固なリベラル地盤のある長野選挙区で苦戦を強いられたのですから、そんな「モデル」が東京で通用するはずがありません。

 残る武器は鳥越さん自身のホンワカしたキャラクターでしょうが、これは一歩間違えれば「頼りなさ」「脇の甘さ」につながります。投票日が近づくにつれて鳥越さんの気力・体力もしんどくなりますから、ますますボロが出る確率は高まるでしょう。小池氏によほどの失点がない限り、彼女との差は開き続けるんじゃないですかね。
 
 選挙期間中の大手メディアは公平性に気を使いますから、各陣営の戦い方についての検証報道は控えめですが、選挙が終わったとたん、容赦ない「敗因分析」が行われるでしょう。
 「病み上がり」と言われただけで激昂するような人が、メディアから冷静なダメ出しの集中砲火を食らったらどうなるか。他人事ながらちょっと気の毒な気はします。

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター