スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にわかネトウヨが韓国の歴史教科書に学ぶ04【高麗時代】

 高麗時代といえば、日本にとっては元寇が忘れられません。いつも被害者意識ばかり言い立てる韓国が、他国を攻めたことをどう教科書で教えているのか興味伸身宙返りなわけですが、まずは急がずに高麗による後三国統一のところから見ていきましょう。

 後三国統一の意義は、高麗が単純に他の二国を押さえ、勝利を収めたということにあるのではない。これをきっかけに韓民族が完全に政治的、社会的、文化的に統合されたという点で大きな意義をもつ。(p95)

 われわれ日本人は、歴史の「民族的意義」なんてほとんど意識しません。歴史を学ぶ場合は、過去の出来事がなぜ起きたのか、それが後世にどう影響したかという客観的な「事実」を知ろうとします。が、韓国は違うようです。過去の歴史に誇りある意義を見つけようとする涙ぐましい努力が窺えます。
 教科書によると、高麗による半島統一は
  1. 建国の主役が地方勢力であったこと
  2. 高句麗、百済、新羅などの文化を融合して新しい民族文化の土台を築いたこと
 の二つに意義があるそうです。

 新羅の三国統一が民族統一の出発点だとすれば、高麗の後三国統一は【中略】渤海人まで含んだ、実質的な民族統一の完成だった。(p95)

 と誇らしげ。ホルホルというやつですね。
 でも逆にいえば、古代朝鮮は半島内が分裂してる状況が長い間あたりまえだったわけです。南北2国に分裂している現在は、「三国時代よりも1国分少ないんだからまだいいじゃん」という考え方もできそうですね~。

 高麗時代には科挙が取り入れられ儒教が浸透しました。中国から輸入したこの文化が、19世紀になると大きな足かせになるわけですが、当時にしてみれば合理的で最先端の制度・学問だったわけです。高麗は北方では契丹族や女真族と戦いながらも、彼らや宋と活発に交流し、現在に続く「コリア」の名が諸外国に定着しました。

 でも、建国してしばらくすると制度が硬直し腐敗するのは世の習いのようで。

 一部の役人と権勢家は国家から田柴科として与えられた土地を自分のものにしたり、高利貸しなどを通して一般民衆の土地を奪うなど経済的基盤を拡大していった。(p105)

 日本でいうところの地頭みたいなもんですな。
 王室と婚姻関係を結んだ外戚がはびこるのも東アジアでは毎度のこと。外戚の一人、李資謙が王位をおびやかしたり(1126)妙清とかいう坊さんが反乱を起こしたり(1135)。これらの反乱の背景には、低い待遇を強いられていた下層軍人たちの文臣たちに対する不満があったんだそうで、日本でいえば平安末期の武士の台頭を彷彿とさせます。で、ついに武臣が権力を握り、国王は飾り同然になってしまうという、このへんはまさに幕府ですな。
 この武臣たちも農民を虐げたために、各地ではさまざまな民衆蜂起が起きたそうです。
 ま、このへんはワンパターンで面白くない。

 13世紀に入ってモンゴルが勢力を増してきます。高麗は最初、モンゴルに追われて半島に押し寄せてきた契丹族を防ぐためにモンゴルと連合しますが、じきにモンゴルに攻めこまれます(1231年)。

 当時高麗は民衆と官軍が一つになって、モンゴル軍に対抗して戦った。特に、亀州城では朴犀の指揮下にモンゴル軍に対抗し、最後まで城を守った。(p113)

 などと、いかに朝鮮側が善戦したかを強調しています。

 崔氏政権は民心を集め、仏の力でモンゴル軍を退けるため、江華島で八万大蔵経の彫成事業を始めた。八万大蔵経版は対モンゴル闘争の産物であり、私たちが誇る世界文化遺産の一つである。(p114)

 そんなオマジナイしてる余裕があったら武器でも作りゃいいのに、とも思いますが、日本も大仏に国家安泰を祈願したり、外敵調伏の祈祷を密教坊主にやらせたりしてたわけですから、他人のことは言えませんね。

 崔氏政権は江華島に避難しながらも、モンゴル軍の侵入に苦しめられる民衆を無視したまま贅沢な生活をし、政権維持のために租税をさらにかけるなど、無理な政策をとって民心を失った。このようなときに最高権力者崔竩が殺され、崔氏政権は崩壊した。
 モンゴルに対する抗戦を主導してきた崔氏政権が崩れると、モンゴルとの講和が行われた。(p115)

 前のページではモンゴル軍に抵抗する崔氏政権を持ち上げていたのに、すぐドスンと落として「モンゴルとの講和」という流れに持ってくるのは、なかなか戦略的な書き方ですね。
 なんかひっかかるのでウィキ(日本版)のモンゴルの高麗侵攻の項を読んでみました。それによると、要するに高麗朝廷内ではモンゴルへの徹底抗戦を貫こうとする崔氏政権(=武臣)と、さっさと降伏してしまおうとする文臣派が対立しており、崔竩は文臣派に暗殺されてしまったというのが真相。このへんなんか、日本に付くか清に従うかで内紛した李氏朝鮮末期とそっくりです。
 教科書では「講和」と書かれていますが、ウィキによれば全面的な従属です。ごくろうさま。

 元は日本征伐をきっかけに高麗に設置した征東行省を通して、高麗の内政に干渉した。(p116)

 日本人としてはちょっと驚いたんですが、元寇について触れた記述はたったこれだけなんですよね。元と高麗が連合して二度にもわたって日本に攻め込んだくせに、そのことが何も書かれていません。まるで「元が勝手に日本を征伐(←この表現もなんだかね・・・)したんだぜ、おれら関係ねえし」とでも言いたげな、まるきり他人事って立場の書き方です。ここは少しむかついた。
 でも、日本の中学歴史教科書を見たら…元寇の部分では「フビライが攻めてきた」とはありますが、軍勢の中に高麗が加わっていたことは一言も書かれていません。日韓両国で整合性が取れていて結構なことですな。まあ、日本側は当時の高麗はもはや国家として存在していないという認識なのかもしれませんが。

 ウィキ日本語版の高麗の項には、

一方、『高麗史』には忠烈王が元に日本侵攻を働きかけたとの記述がある。忠烈王が自身の政治基盤強化のため、元軍を半島に留めさせ、その武力を後ろ盾とする目的であったと見られる。

 なんてことも書かれてます。同じく元寇の項を読むと、

 『高麗史』及び『元史』によれば、蒙人の高官は兵力不足を懸念して南宋攻略を先にすべきと主張したが、高麗の(のちの忠烈王の)執拗な要請があり、高麗を経由する東路からの日本への侵攻が決定されたとされる。

 忠烈王ひでえ・・・千年恨んでいいですか。
 高麗国の王子は、元に人質に出されます。元で育ち、教育を受け、モンゴル皇帝の王女を嫁さんにもらいます。ウィキによれば、高麗王子は元の宮廷で皇帝に仕え、ほとんどモンゴル貴族みたいになっていたそうです。

 高麗王を継ぐ段になって初めて母国にやってくるわけですが、新しい王様にとって母国の宮廷は知らない連中ばかりなので、人質時代に身の回りの世話をしてくれた身近な家臣を重用するようになります。そういう家臣連中=権門勢族が既得権益を握って幅を効かせるようになり、民衆を虐げて国家財政を圧迫します(ほんと、お決まりのパターンだな。なんか嘘くさいくらい)。
 こうした問題を解決するため、歴代の高麗王は政治・経済制度を改革しようとしますがことごとく失敗に終わります。

 これは高麗の国王が元の操縦や干渉を受けていたので、改革を徹底的に行えなかったからだった。政治勢力がしばしば変わり、改革推進勢力が弱体だったことも、改革が成功しなかったもう一つの原因だった。(p117)

 腐敗していた高麗の家臣たちは悪いけど、改革できなかったのは元のせい、という論法です。この教科書の特徴の一つが、「都合の悪いことはなるべく外国のせいにする」ということです。それが近代史になると露骨になるのですが、まあそれはのちほどまた。

 この時代、元を通じて儒教の一派である性理学(日本では朱子学が有名)が入ってきます。この性理学なるものも、朝鮮史ではかなり重要なキーワードのようですが、これは次回に。
 
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

にわかネトウヨが韓国の歴史教科書に学ぶ03【三国時代】

 続いて新羅、百済、高句麗の三国時代になります。
 このへんの記述はずいぶん勇ましく、誇らしげです。
 
 高句麗の全盛時代、人々は自ら高句麗が天下の中心だとする自負心を持っていた。(p50)
 
 5世紀末に高句麗は韓半島の中部地方と遼東を含む満州の地を占有して、東北アジアの強大国として威勢をとどろかせた。(p51)

 日本の教科書では、大和政権が任那に勢力を持っていたり、百済と連合して新羅や高句麗と戦ったり、朝鮮南部の支配権を認めてもらおうと中国に使者をやったりしたことが書かれているわけですが、韓国の教科書はこの時代の日本との関わりについての記述は意外とあっさりしています。

 百済は中国の東晋、伽耶、倭と外交関係を結んで高句麗を牽制した。これを基盤に、百済は黄海を渡って、中国の遼西・山東地方と日本の九州地方に進出して、活動舞台を海外に広げた。(p38-39)

 世界史における「進出」って言葉は、「侵略」「征服」をオブラートにくるんだ表現というイメージがあるんですが、あんまり日本側にはこの時期朝鮮から攻めこまれたって印象はないですね。
 白村江の戦い(663年)で敗れた天智天皇が、唐・新羅連合軍の侵攻を恐れて各地に山城を築いたって話は聞きますけど。
 ここでいう「進出」は物騒な意味じゃないんでしょうかね。

 また、伽耶の一部勢力が日本に進出し、日本の古代文化発展に貢献した。(p44)

 ここでは両国の認識の違いがハッキリ見えていて面白いですね。
 日本側は、大和朝廷が任那(伽耶)を支配していたんだというし、韓国側は任那が日本の文化を発展させてやったんだというし。

 新羅は唐の力を借りて高句麗も滅ぼします(668年)が、今度は新羅と唐の戦いになります。新羅が唐軍を追い出し半島統一を成し遂げたのが676年。

 新羅の三国統一は、その過程で中国勢力である唐の助けを得たという点と、大同江【引用者注:平壌付近を流れる川】以南の地域に限定されたという点に限界があるが、私たちの歴史上大きな意味を持つ事件だった。それはたとえ不完全ではあっても、わが民族がなし遂げた最初の統一であり、新しい民族文化をつくり上げる重要なきっかけとなった。特に、新羅が領土的野心をもった唐を退け、統一を完遂したという事実は、新羅人の自主的性格を示している。(p65)

 ここんところは、国家が南北に分断されている現在の状況を意識しているんでしょう。「わが民族の自主的性格」というフレーズは、この後も何度か登場します。
 わたしたち日本人は、「日本民族の自主的性格」なんてほとんど意識したことがありません。韓国人が「自主的性格」にこだわるのは、彼らには「自主性」が持てなかった時期が長かったことの裏返しでしょう。
 たしかに、朝鮮半島の最初の統一が中国の力を借りたものだったという事実は、その後の朝鮮史を眺めると象徴的です。
 教科書は、今度こそ他国の力を借りずに半島を統一するぞ! という心意気をここに込めようとしているわけですね。

 教科書は、新羅の時代にさまざまな制度が整えられ、文化や交易が活発になったことを詳しく書いています。

 統一後繁栄を続けていた新羅は、8世紀後半から貴族の権力争いに巻き込まれるようになった。(p81)

 新羅には骨品(コルプム)制という身分制度がありました。王族は「聖骨」、その他の有力者は「真骨」といったように、部族長たちを貴族としてランク付けして、国家の重要事項は上級貴族の代表が集まった会議で決めたりしてたそうです。なかなかシステマチックではありませんか。
 けれどそれが機能していたのは最初だけ。

 少数の真骨貴族に権力が集中し、王と貴族の間で、そして貴族同士でしばしば争いが起きた。貴族は農場を増やし、自分の軍隊を組織して互いに争ったが、国家はこれを統制できなかった。(P81)

 時は8世紀末。貴族が権力争いして王をないがしろにするさまは日本の平安時代を彷彿とさせますが、さすが新羅は制度の腐敗も日本より先を行ってます。

 このような権力争いは恵恭王のときに始まった。【中略】以後新羅では王位争いが激しくなり、150年あまりの間に20人の王が変わる大きな混乱が起きて王権が非常に弱まった。(p81)

 中央の王位争いに連動して地方でも反乱が多発。中央貴族が腐敗して国力が衰える一方で地方の軍人などが力をたくわえ、「後百済」「後高句麗」ができて新羅と合わせた「後三国時代」になります。このうち、後高句麗は王建が即位して918年に高麗と名を変え、936年に半島を統一します。

 では、次回は高麗時代についてです。

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

にわかネトウヨが韓国の歴史教科書に学ぶ02【壇君から衛満朝鮮へ】

 では実際に、国定国史教科書を読んでいきましょう。
 まずは檀君神話の部分。…あ、今回は自分の気になったところ、理解が及んだところだけをピックアップしていきますのでよろしく。

 檀君の古朝鮮建国はわが国の歴史がとても古いことを物語る。また、檀君の建国の事実と「弘益人間」の建国理念は、以後、わが民族が困難にあうたびに自負心を呼び覚ます原動力になった。(p20)

 檀君という人名?がいきなり登場するので、知識のない日本人読者は面食らいます。それだけ檀君の名は韓国人にとって「知ってて当たり前」のものなんでしょう。
 このページでは、「読み物資料」のカコミ記事で『三国遺事』に記された檀君神話について紹介しています。
 どういう神話かというと…

 昔、桓因(ファンイン)の息子桓雄(ファヌン)は、従者3000人を率いて天から太白山【=白頭山】頂に降り、風、雨、雲を治める長老を任命して人間を治めた。そこへ熊と虎が現れ、桓雄に「わたしたちを人間にしてください」と頼んだ。桓雄はヨモギとニンニクを与え、「これを食べて洞窟にこもり、100日間光を見なければ人間になれるだろう」と言った。
熊は頑張って人間の女になれたが、虎は我慢できずに失敗した。熊女は桓雄と結ばれ、生まれた子どもを檀君王倹(タングンワンゴム)と名付けた。

 …このお話のどこに「歴史」があるんだか、わたしにはさっぱり分かりません。まあ朝鮮人(←これは蔑称のつもりはありません。念のため)のニンニク好きとお日様嫌いは根が深い、というのはよく分かりますけどw

 虎と熊が登場することから、先史時代に形成されていた特定の動物を崇拝する信仰の要素が反映されていることがわかる。また、雨、風、雲をつかさどる人たちがいたということからは、わが民族の最初の国家が農耕社会を背景として成立したということも推しはかれる。(p20)

 なるほどね、民族学的な解釈ですか。でも、この檀君という人(神?)がどんな人物だったのか、何をしたのか、檀君朝鮮という国ははいつどこに建国されたのか、そういうことがどこにも書かれていません。そういうの書かなくちゃ歴史教科書で取り上げる意味がないでしょうに。

 ウィキ(日本語版)によれば、檀君朝鮮は紀元前2333年に建国し、都を白頭山から平壌に移して朝鮮と号したそうです。韓国が「わが国の歴史は半万年」と自慢するのはそこから来てるんですね。桓因は天の神様で帝釈天の別名でもあるとか。
 三国遺事は13世紀末に高麗の一然という僧侶が個人的に記したもので、帝釈天なんて仏教の神様が紛れ込んでる背景にはそういう理由があるわけです。

 檀君神話に無理やり民族学的な意義を見出そうとするくらいなら、ツングース系民族との関連性を記述したほうがよほど学問的だと思うのですが、祖先が北方の狩猟民族だとするのは何か都合が悪いんですかね? 「わが民族の最初の国家が農耕社会を背景として成立したということも推しはかれる」ってくだりからすると、農耕民族>>狩猟民族、みたいな価値観もニオイますけど、まあこれは邪推かも。

 文献に現れる古朝鮮は檀君朝鮮―箕子朝鮮―衛満朝鮮と政治的変化をたどる。(P21)

 とコラムには書かれていますが、どういうわけか教科書本文では「箕子朝鮮」の名が一回も出て来ません。

 紀元前2世紀頃、西方地方で勢力を養った衛満が準王を追い出し、小朝鮮の王となった(紀元前194年)。(P21)

 いきなり準王という人名が出てきて「それって誰?」と混乱してしまうのですが、この準王が箕子朝鮮の最後の王様なんですね。
 衛満については、「燕の地域からやってきた」「古朝鮮の西方を守っていた」「子孫の右渠王は漢の大軍と戦って一年間よく耐えた」とか詳しく書いてあるのに、箕子朝鮮については完全にスルー。

 なんでなのかなーとウィキ(日本語版)をみてみると、謎が解けるんですね、これがまた。
 『史記』によれば、箕子は中国の殷朝第28代帝の息子で、殷が周に滅ぼされた後に朝鮮王に封じられたのだそうです。

朝鮮侯箕子は殷の遺民を率いて東方へ赴き、礼儀や農事・養蚕・機織の技術を広め、また「犯禁八条」を実施して民を教化したので、理想的な社会が保たれたという。ウィキ「箕子朝鮮」の項

 朝鮮で儒教が盛んだったころは、朝鮮人たちも貴種である箕子を「朝鮮族の祖」として熱烈に敬っていたのですが、現代の韓国人にとっては自分たちの先祖が中国人であるとなると、民族のプライドが許さないんですね。
 現在の韓国の学会では、箕子の存在は後世の創作として否定しているのだとか。
 帝釈天の息子が天から降りてきただの、熊さんが穴ごもりして女に変身して神様の子を生んだだのいう檀君神話は無理矢理でも信じようとするくせに、中国最高の歴史書に記された箕子の存在は否定する。韓国の歴史学者さんたちって、不思議です。

 でも、衛満だって中国の燕からやってきた人なわけです。つまり古朝鮮はぜんぶ、素朴な神話と中国侵略によって作られていると言っても過言じゃないわけで。朝鮮人が檀君の実在を夢想したがる気持ちもわからんではないですね。
 韓国の学者の中には「黄河文明を作ったのは韓民族だ」と主張する人がいますが、主客をわざと逆転させる発想なんでしょう。


テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

にわかネトウヨが韓国の歴史教科書に学ぶ01【はじめに】

試みの理由と姿勢


 じつはわたし、高校時代は中国の近代史を習って「毛沢東ってかっこいい」とかけっこう本気で思っていました。思えばあの世界史教師はかなり左よりだったかもしれません。つい最近までは、南京大虐殺や従軍慰安婦は「隣国が謝れっつってんだから素直に謝ればいいじゃん」とか正直思ってました。
 でもロンドン五輪の独島プラカードや中国の反日デモをきっかけに、いまではすっかり嫌中・嫌韓に染まってしまいました。いともあっさり。子供の頃からずっと購読していた県民紙がネットでは「誤惨家」なるものの一角に挙げられていることも、ようやく知りました。
 嫌いなもの、不愉快なものを見つけると、相手を研究分析したくなるのがわたしのクセで、だったら悪名高い韓国の国定教科書というものをためしに真面目に読んでみよう、と思い立ったわけです。
 わたしは大学受験で世界史を選択しましたが、朝鮮史なんてほとんど知りません。日本史にも疎いので、明治維新から第二次世界大戦までの日本のやったことも、じつはあんまりよく分かっていません。
 これを機会に、勉強するのも悪くないなと思ったわけです。
 読んでみた結果としては、かなり面白かったですね。とくに近代史。
 日本のどんな残虐行為が書かれているのかと思ったら、ほとんどない。むしろ、いかに日本が朝鮮半島の近代化に貢献したのかがとてもよく分かりました。ただし、その書き方がものすごくひねくれてるんですけどね。

 わたしの中学時代、歴史教科書に載ってた近代における日本と朝鮮の関係なんて、ほんの微々たるもんでした。

 思い立って物置から当時の教科書(東京書籍『新編 新しい社会(歴史)』1987←歳がバレる)を引っ張りだしてめくってみましたが、

・西郷隆盛らが征韓論を唱えた
・日本が朝鮮に対して不平等条約を結ばせた
・朝鮮を取り合って日清戦争、日露戦争を戦った
・韓国の抵抗運動を鎮圧して併合・植民地にした
・日本が行った土地調査事業で朝鮮農民の多くが土地を奪われ、小作人になったり移民を余儀なくされた
・彼らは移住先でも差別を受け、同化教育を強いられた
・いっぽう日本人には朝鮮人を蔑む意識が強まった
・1919年3月1日にソウルで三・一運動が起こった

 書かれているのはこの程度。基本、日本が朝鮮半島にもたらした近代化のキの字も出て来ません。

 一方で、韓国側からしてみると、自国の近代化を記述する場合はどうしても日本の影響について触れざるを得ず、日本がもたらした功績を反日の文脈のなかでどう説明するか、そのへんの葛藤(というか悪あがき)が垣間見えてとても面白いわけです。

 今回読もうと思うのは、

三橋広夫訳 『世界の教科書シリーズ13 韓国の中学校歴史教科書―中学校国定国史』 2005年 明石書店(アマゾン

です。現在のわたしは感情的には嫌韓寄りですが、今回はなるべく客観的な立場で読み進めていきたいと思います。まあ努力目標程度かもしれませんが。
 読み進めるうちに、分からない用語や気になるキーワードに出くわした場合は、ネット検索しながら理解していこうと思います。主にはウィキペディアが中心になるでしょう。ウィキには間違った記述も多いそうですが、わたしみたいな素人がそんなこと気にしていても仕方ありません。でも、場合によってはハングル版ウィキなんかも参照していきたいと思います。
 わたしはハングルが読めませんが、朝鮮語の場合はブラウザなどの自動翻訳機能がけっこう役に立つのがありがたいです。

 ちなみに、韓国の歴史教科書に対してツッコミを入れているサイトには

韓国の歴史教科書を読む

 があります。
 同じ三橋氏の訳の中学国定国史教科書(2008年版)をベースに、韓国の歴史教科書の「偏り」について、かなり具体的に問題点を指摘しています。
 そこでは、脱民族主義の学者らが作った「代案教科書・韓国近現代史」についても触れています。「代案教科書」は、日本人の価値観からすると、国定教科書よりもだいぶ「マトモ」な思想のようです。

 ただし、今回読む国定教科書の訳者である三橋先生はこの代案教科書を批判しており、逆にかなり民族主義的なニオイの『躍動する韓国の歴史』(全国歴史教師の会編)を推してるようです
 そういう訳者の価値観が、この教科書の翻訳に影響を与えているかどうかは知るよしもありませんが。

 では連載(笑)第2回では、韓国の古代史について読んでいきましょう。 

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。