孤高の慰安夫、橋下徹

橋下氏の発言内容(要約)


1.【今では許されることではないが】戦場という命がけの場所において兵士の性欲がたかぶるのは生理的な必然であり、それをコントロールするための慰安婦制度は【当時は】必要だった。

2.諸外国の軍隊でも慰安婦制度を利用していたのに、日本だけがまるで異常なことをしていたかのように非難されるのは不当だ。韓国軍だってベトナム戦争で女性を利用した。

3.沖縄米兵による性犯罪が問題になっている。日本には合法的な風俗産業があるのだから、ストレス発散のためにそれを積極的に利用してほしい。

信毎が紹介する県民男性の声(要約)


 我が家の愛読紙であり、いわゆる「誤惨家」の一角を占める信濃毎日新聞では、5月24日付け朝刊で橋下発言に対する県内在住男性の声を紹介しております。
 以下は概要、【】内はわたしの感想です。



1.35歳自営業
「現代の風俗の必要性は否定しないが、自分が行くのは人として立派じゃないような気がします。自分は特定のパートナーを大切にしたい。女性の人権を尊重しなければならない市長が風俗業の活用を公に勧めるのは人として尊敬できない。外国兵士の性欲コントロールのために自分の国の女性たちを利用してくれと言っているようで、敗戦国とはこういうものかと情けなく感じました」
【自国じゃなくて外国人の店ならいいんですか?】

2.39歳会社員
「自分は大学時代、スポーツで性欲を発散していました。客が風俗店でのプレーを現実と混同して性犯罪につながるのではないかと心配。嫌なのに人殺しをさせられてストレスがたまった兵士を癒すために、慰安婦を必要とする軍隊なんて、そもそも要りませんよ」
【オレは理性的だから風俗なんかいらないけど、他の男たちはゴッコ遊びと現実の区別もつかないだろうねって理解でいいでしょうか】

3.40歳元自衛官
「自衛隊にいたとき、食事や睡眠を制限される訓練を受けたときは食欲や性欲が強くなるのを感じた。精神的に追い込まれる昔の戦場では、もっとそういう気持ちになるだろうし、自慰では限界があるのも確か。橋下発言はまったく間違っているとは言い切れないが、今も昔も自衛隊も米軍も、妻や恋人を大切に思って性欲をコントロールする人はいる」
【コントロール出来ない人はどうするんだってのが問題なんですがね】

4.20歳大学生
「橋下発言は女性だけでなく男性にも失礼。性犯罪に走るかどうかは個々のモラルの問題。自分は草食系だが、「猛者」の米海兵隊員たちも全員が風俗業を必要とするわけではないだろう。安易なレッテル貼りは論理の飛躍」
【べつに橋下氏は「海兵隊は全員風俗に行け」なんて言ってないと思いますけど・・・。一部の人にとって風俗業が必要であることは認めるんですね】

 以上、総じて、
ⅰ「風俗を利用しなくても理性的に性欲をコントロールできる人もいる。一概に言えない」
ⅱ「公の人間がそんなことを言うのは下品」
 という意見に集約できそうです。

ⅰについては、そもそもつねに理性的で無害な人間のことは橋下氏も問題にしていないわけで、話が噛み合っていません。
ⅱについては、風俗業そのものを不潔なものとみなし、目を背けたいという意識がちらつくような気がするんですが、邪推でしょうか。
 食堂が食欲を充足させる場であるように、風俗は性欲を充足させる場です。性欲は異性を求める欲求ですから、男性の欲求を女性が、女性の欲求を男性が満たすサービスを行うのは当たり前です。そこに「差別」とか「失礼」とかいう尺度を持ち込むのは、そもそもこの産業を色眼鏡で見ている証拠でしょう。

 いずれにせよ4人の「県内男性」は、橋下発言に対する不快感(ひいては風俗産業に対する嫌悪感)を示しながらも、性欲をコントロールできない一部の人間による性犯罪をどう防止するかについて、具体的な対案を示している人は一人もいません。まあ答えを出せと言われても困るでしょうけど、彼が提案した風俗奨励策の問題点を真正面から指摘する人もいません。
 結局、みなきれいごとを言って受け流しているという印象が拭えません。要するに「おれたちは関係ないし」ってことでしょう。
 一方、従軍慰安婦の問題について触れている人は少数派です。さすがに元自衛官は戦場における兵士の心理にまで思いを馳せていますが、彼も結局は差し障りの無いことを言って逃げてしまっていて残念です。
 2人目の「そもそも軍隊なんかいらない」という発言はいかにも左翼が喜びそうです。理想論としては異論ありませんが、そんな単純な問題なんでしょうか。

橋下発言に対する各国の反応


・米国報道官「とんでもないこと。不快だ」
・韓国外務省「常識以下」
・ロシア外務省「非常に皮肉な発言。日本の健全な勢力が彼の発言を批判していることを見る必要がある」

 総じて、橋下氏に対して痛烈な不快感を表明してはいるものの、反論はしていませんね。共同通信によると、大阪駐在の韓国総領事が

<韓国軍などが慰安婦を活用していたとの発言に関しては「うそ、でたらめだ」と反論した。>

 とのことですが、韓国がベトナム戦争で行ったことは慰安婦よりもタチが悪い種類のものです。ライダイハンという、それこそ「生きた証拠」があるものを否定したのなら、ただの知識不足と言われても仕方ないような気がします。ハングル板ウィキですら、当時は韓国兵による買春・強姦があったことを明記しています


わたしの感想


 諸外国の反応は、橋下氏が過去の闇をいまさらえぐりだしたことに対する拒否反応とみるのが素直な理解でしょう。日本がサンドバッグになるのはカマワナイが、自分たちにまで火の粉が及ぶのはカナワナイ、ということです。
 日本にはおとなしく悪者でいてもらいたい、というのが各国共通の本音。日本国内の他党が一斉に橋下発言に反発してみせたのも、反射的な自衛行動といえます。

 性欲は人間にとって根源的な本能であり、売春は人類最古の商売だともいわれます。現代でも、一定の規制の下で売春を合法とする国はけっこうあります。
 売春が貧困や差別、犯罪、病気などと結びつきやすいのは確かですし、メリットとデメリットを勘案したうえで非合法化するのはそれなりに合理的な判断でしょう。けれど売春そのものをタブー視・蔑視するのはちょっとおかしいし、そういう仕事に従事する女性全員を「可哀想な人たち」とひとくくりにする考えは時代遅れじゃないかと、個人的には思います。
 たとえば、皮革業や屠畜業は部落差別と結びついた歴史をいまも引きずっていますが、それを理由にそれらの業種を禁止するのは愚かなことです。売春だって、関連する諸問題を防止する体制を確立した上でなら、解禁しても悪くないと思うんですが。そもそも報酬を得て性交を行うのが悪だというのなら、AVだって禁止すべきです。

 まあそれはともかく、戦時中の日本では売春は合法でしたから、慰安婦制度そのものについてはいまごろ他国にとやかく言われる筋合いはありません。
 問題は強制連行があったかどうか、慰安施設の内外で日本軍人による虐待があったかどうかです。
 強制連行については軍事裁判で処分済みの白馬事件を除き、客観的な証拠はほとんどありません。虐待については、もう人それぞれ、施設それぞれでケースが異なったことでしょう。悪徳経営者が給料をピンはねしたり、嗜虐趣味の軍人がえげつないプレイを要求するなどのことはあってもおかしくないように思います。
 けれどそれらをすべて十把一絡げにして、明確な根拠を示さないまま、日本軍の組織的な虐待があったかのように非難するのは筋が通らないのではないでしょうか。

 「性犯罪を起こすほど溜めるくらいなら、さっさと風俗で抜いてこい」という趣旨の橋下発言を、売春を奨励したかのように捉えるのも無理があるでしょう。
 現在の日本は売春を法的に禁止していますが、性交をともなわないサービスは認められています。
 法律で認められた立派な職業(そもそも職業に貴賤はありませんが)である以上、風俗に行くのも行かないのも客の自由だし、「風俗に行ったらどうよ」と発言するのも(言われた側が不快に思わなければ)自由なはずです。
 すでに述べたように、風俗産業そのものを疎んじるような態度はむしろ、そこに携わっている女性たちを蔑視していると疑われかねません。

 イメージを重視するはずの政治家が、進んで風俗の話題を口にするのは型破りだし、一部の潔癖な人たちの目には不愉快に映るでしょう。でも、橋下氏はそういう日本中、世界中の紳士淑女たちに、おまえら他人ごとじゃねえんだぞ! と冷水をぶっかけたかったはずです。
 個人的には、橋下氏にはぜひ孤軍奮闘してもらいたいと思います。日本政府が彼の主張を支持するわけには行きませんが、歯に衣着せぬブッチャケ発言で他国に噛み付く彼の行動は、日本人の溜飲を下げる大きな効果があります。
 韓国人売春婦が日本をはじめ世界中で問題になっているニュースを見るたびに、最近では韓国大統領の訪米中に韓国人高官までがセクハラ騒ぎを起こすのを見るたびに、「こんな国の人たちに大昔の慰安婦問題を粘着されてる自分たちって…」と思う日本人は多いはずです。

 日本人の鬱屈したフラストレーションを発散させてくれるという意味で、橋下氏はとても貴重な「慰安夫」なのです。彼が日本人であることは正直「諸刃の剣」ではありますが…。
スポンサーサイト

テーマ : 従軍慰安婦性奴隷制問題
ジャンル : 政治・経済

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター