【きょうのニュース】総領事館前で反日パフォーマンス予選会

総領事館前で反日パフォーマンス予選会

 ソウルの日本大使館前で水曜デモを主催している韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)はこのほど、大使館前での反日パフォーマンスを選抜制とし、地方予選会を韓国内2カ所にある日本総領事館前で開催すると発表した。
 日本大使館前の公道では1992年1月から、挺対協が慰安婦問題を訴えるデモを毎週開催しているほか、さまざまな団体が毎日のように反日パフォーマンスを繰り広げており、ソウル市の観光パンフレットにも掲載されるほどの人気スポットになっている。
 2011年12月に慰安婦像が設置されてからはさらにパフォーマンスを希望する団体や個人が殺到し、場所や時間をめぐってトラブルが頻発していた。
 これを受けて挺対協は、大使館前パフォーマンスの興行をみずからが一元管理することを決定。出演希望者を選抜する地方予選会を来月から釜山広域市と済州市にある日本総領事館前で開始すると発表した。
 審査員は挺対協の代表者や元慰安婦、韓国外交部の幹部が務め、日本からも民主党と社民党の国会議員がゲスト審査員として招かれる。予選会は毎日行われ、"合格の鐘"を鳴らしたチームが1週間後の本番に出場できる。本ステージの様子は専用のBSチャンネルで放映し、小動物虐待や糞尿を使ったパフォーマンスは午後10時以降の「ナイトステージ」枠でオンエアされるという。

 予選出場申し込みは挺対協事務局(Tel.02-365-4016)へ。年齢、国籍は問わないがエントリー料150万ウォンと「独島と対馬は韓国領」とする同意書へのサインが必要。
スポンサーサイト

テーマ : 従軍慰安婦性奴隷制問題
ジャンル : 政治・経済

半島の精神分析学

 韓国は戦時中、臨時政府として日本と戦ったという歴史をタテマエにしていますが、国際社会には認めてもらえず戦後処理でも蚊帳の外でした。
 だから彼らは一度本当に日本と戦って歴史を造り直したいと心の奥で願っています。
 日本が軍国化しているとことさらに騒ぎ立て、米中を巻き込んで日本を叩く行為は、彼らにとっては擬似的な戦争です。
 幼いころに満たせなかった欲望を大人になってから代替行為で満たそうとする行動を、精神分析では退行と呼びます。
 「千年経っても被害国」宣言は、みずから大人になることを拒む幼児性の現れでしょう。

 アメリカの防共政策の下、世界一の最貧国だった韓国は出来の悪い末っ子のように甘やかされてきました。
 東西冷戦が終わり、まがりなりにも韓国も先進国めいたものになったいま、日米が韓国を援助する意義は低下しています。かつてのソ連とくらべて北朝鮮は脅威としては明らかに役者不足です。
 日米にしてみれば、これからは韓国に「防中」の盾としての役割を期待したいところなのですが、すでに中国経済圏に取り込まれている韓国にとっては到底無理な注文です。
 韓国は中国の脅威から目をそらす代わりに、みずからの存在意義を「防日」に見出しました。日本は軍国主義を復活させてアジアをふたたび侵略しようとしている、それを最前線で防ぐ正義の盾が韓国である、だからウリナラを応援してほしい、という理屈です。
 日本を悪者にすれば中国や北朝鮮、ついでに北方領土問題を抱えているロシアを取り込める、残るアメリカは日本と同盟関係にあるけれど、パールハーバーをリメンバーさせれば説得できる――という計算でしょう。だから韓国はアメリカで熱心に反日キャンペーンを繰り広げるのです。

 経済成長の行き詰まり、貧富の格差拡大、人口減少、高齢化・・・現実の厳しさが増せば増すほど韓国は退行を強め、理想の幼年時代=世界を味方に日帝と戦う勇ましいウリナラ=という幻想に逃避します。
 自国が抱えるあらゆる問題について、「ボクが大人になれないのは日本のせいだ!」と叫び続けます。
 そしてその行動の背景には、何を言ってもどうせ日本は反撃してこないだろうという「甘え」が横たわっています。

 現実逃避をしていても何も解決しないと悟った日が韓国の「成人式」になるでしょうが、朴槿恵さんによればその祝日がやってくるのは少なくとも1000年先になるようです。
 500年続いた李氏朝鮮はぐずぐずに腐敗し、近代国家に生まれ変われず日本に併合されました。
 永遠の幼児国家・韓国の1000年後・・・それを想像するのは、電気が切れたまま一夏を越した冷蔵庫の中身を想像するよりおぞましいかも・・・。 

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

半島の生物分類学

コウモリが鳥か獣かなんてことはどうでもいい。
重要なのは、連中が血を吸う生物だということだ。

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター