非人道的だったのは「制度」じゃなくて「慣習」ですよね?

「従軍慰安婦は吉原の遊女とおんなじじゃん。それなのにどうして日本が国家賠償しなくちゃいけないの?」

 Q0-1(元ページそれに対するわたしのツッコミ)で私が抱いたこの疑問について、FIGHT FOR JUSTICEが答えようとしているのがQ&Aの0-2以降の項目ですね。
 先の記事でわたしが「こうした疑問に、サヨクさんたちはちっとも答えてくれません」と書いたのは、はたして早計だったのでしょうか。
 わたしのようなにわかネトウヨが納得できるような回答が用意されているのかどうか、読んでみましょう。


0-2 「慰安婦」は「公娼」だったか?
http://fightforjustice.info/?page_id=2431

 ここでは、「慰安婦は将校よりも高収入を得ていた公娼だった」というウヨク側の主張に対し、「『慰安婦』=『公娼』ではありません」と強く否定しています。
 その根拠を要約すると以下のとおり。

・従軍慰安婦となった女性たちの多くは業者によって暴力や詐欺・人身売買などの方法で徴集されたから。
・彼女らは軍の許可なく慰安婦を辞めたり自由に行動することが許されなかったから。


 へーえ、そうなんだ。
 ところで、そもそも公娼の定義は何でしょうか?
 同じページにはこう書かれています。

公娼制度というのは、特定の業者と女性たちが売春業を営むことを公認し、警察に登録させる制度のことです。戦前の日本はこの公娼制度を採用していました。


 つまり、業者と売春婦が警察に登録されているかどうかが公娼とそれ以外(私娼)の違いだったってことですよね。…娼婦になった経緯や慰安所での待遇はまったく関係ありません。
 ちょっと、ついさっき慰安婦が公娼ではないの理由として挙げてた2項目は何だったんですか。もう、サヨクさんったらしっかりしてくださいよ!

 では、日本はなぜ娼婦の登録を義務付けたのでしょうか。このページにはこう書かれています。

戦前日本の公娼制度は、近世以来遊廓や宿場だった地域をはじめとし、特定の地域における特定の業者と女性に売春営業を公認するというものでした。性病蔓延防止という目的で女性たちには性病検査が義務付けられており、この性病防止と強かん防止というのが公娼制度を正当化する論理でした。


 無秩序な売春営業を排除し、娼婦たちに性病検査を義務付けることで、社会の治安や衛生を維持しようとしたわけです。目的意識は従軍慰安婦制度とまったく同じですね。要するに戦地でも内地の公娼制度に準じたやり方が取られていたってことでしょう。所管が軍か警察かの違いだけで。
 「慰安婦=公娼」という構図は、「慰安婦制度には軍が密接に関わった!」と強調したいサヨクの皆さんにとってはむしろ好都合なんじゃないですか? 否定する必要なんてどこにもないと思うんですが。

以上からわかるように、公娼制度も「性奴隷」制度と言っても過言ではない非人道的な制度でした。


 いや、だから、非人道的だったのは公娼制度ではなく、「身売り」された女性を「前借金」で縛って働かせる業者のやり口、つまり社会慣習の方でしょうに。性病などを防ぐために業者や従業員を登録する制度がどうして非人道的なんですか?
 法制度と慣習を意図的に混同し、まるで日本が公に「性奴隷」制度を敷いていたかのようにでっち上げるその論法、いいかげんやめてもらえませんかね?

 「性奴隷」という言葉は、日本をおとしめたい立場の人たちが使い始めたものです。だとすれば、言葉の定義も彼らが好きなように行うでしょう。反論する側(ウヨク側)が「それは性奴隷じゃない」とか訴えても虚しさだけが募ります。

 ただし、一般人は「奴隷」と聞けば白人によって狩り立てられ手枷首枷をはめられ売買されて酷使された黒人奴隷を真っ先に連想します。彼らは完全にモノであり、財産権なんかありませんでした。給料どころか借金する権利すらなかったはずですよね。
 一方の日本軍「性奴隷」のみなさんは、契約上は年季が明ければ自由になることが約束され、多寡はともかくお金を稼ぎ貯金することもできた人たちです。なんやかんや理屈をつけて彼女たちを縛り続ける悪徳業者もいたかもしれませんし、戦況の悪化のせいで自由に帰れなくなった人も多かったでしょうが、実際にお金を稼いで帰国できた人たちもいたわけで、要するにケースバイケースということでしょう。
 それを一律に「奴隷」呼ばわりするのは、現代日本人からすると「ちょっとなー」という印象が否めないんですよね。「性奴隷」という表現には、問題をことさらに大きく見せようという悪意が感じられて仕方ありません。
 そういう不信感が日韓の溝を押し広げ、問題解決をより難しくしてきた現実を、反日派のみなさんはどのように受け止めるのでしょうか。

 女性に無理やり借金を負わせ、それで縛って働かせるなんて、典型的なヤクザな手口でけしからんことです。当時の日本はそういうことを防ぐ法体系が未整備だったのは確かかもしれません。
 前近代的な慣習が残っていた当時、身売りされた女性たちが苦界に身を沈める実態は、日本だけでなくアジア各地(ていうか世界各地)にあったことでしょう。当時は朝鮮人だってそれをフツーのことだと認識していました。だからこそ親たちは平気で娘を業者に売り渡したわけで。

 それを日本の国家責任問題まで持っていきたければ、前近代的な慣習の早期解消を怠った責任を包括的に追及するしかないでしょう。そんな訴訟が勝てるかどうか? 勝てるわけがないから慰安婦問題が迷走するんですよね。そりゃそうだ。

 ページは以下のように結んでいます。

私たちは「「慰安婦」=「公娼」だから性奴隷ではない」と言っている人々の無知と人権意識の低さを問題にしてゆかなければなりません。


 「公娼だから性奴隷ではない」という主張は確かにピントがずれていますね。繰り返しになりますが、公娼というのは登録の有無、奴隷というのは人身売買と待遇の問題。まったく別次元の話です。

 議論すべきなのは、軍や警察が娼館や娼婦を管理したことの是非でしょう。治安や衛生の維持に役だった面に着目すれば人道的といえるでしょうし、売春制度を絶対悪とみなしその維持継続につながった面を重視すれば非人道的ということになるだろうし。
 でもそんな議論を始めると、ネトウヨのわたしなんかは「じゃあ慰安所なんか作らずに現地女性をレイプすれば良かったんですか?」って言いたくなるんですよね。

 結論=「慰安婦問題は議論すればするほど虚しくなる」。
 さっさと妥協して楽になりたがった日本のハト派政治家たちの気持ちも分からんではないですなw
スポンサーサイト



テーマ : 従軍慰安婦性奴隷制問題
ジャンル : 政治・経済

日本はもっと重要な人権問題の解決に国際貢献しますのでお構いなく

 以前紹介した
FIGHT FOR JUSTICE
日本軍「慰安婦」――忘却への抵抗・未来の責任


 というサヨクサイトの「Q&A」コーナーについて、また個人的なツッコミを入れてみたいと思います。
 とりあえず冒頭から行きますか。

Q0-1 慰安婦問題の本質は何か?
http://fightforjustice.info/?page_id=2433

 ここで取り上げられているのは、「問題の本質は強制連行の有無だ!」「いや、女性の人権だ!」というお決まりの論争です。個人的には、どっちもどっちだと思いますね。サヨクの皆さんが「強制連行」押しをあきらめて論点をずらしてきたのは確かでしょうが、ウヨク側も相手を追い詰めたければ「逃げるな卑怯者!」と叫んでばかりいてはラチがあきません。

 かつて日本軍「慰安婦」問題が取り上げられるようになったときに、一部には、問題を世論に訴えるために強制連行だという点を強く言う人たちがいました。しかし、日本軍や日本政府の資料が次々に明らかになり、また元慰安婦の方々の証言がなされるようになってくると、連行時に暴力が使われたかどうかが必ずしも重要なポイントではないことは、この問題に取り組んでいる研究者や市民にとって早い段階ではっきりとしていました。


 だったらどうして、日本に向かっていつまでも「強制連行を認めろ!」とピントのずれた要求をしていた韓国に物言いをつけてくれなかったんですか? 韓国をいさめるどころか、サヨクの総本山である朝日新聞が誤報を認めないのをいいことに、いつまでも韓国の肩を持ってましたよね。日本に限らず、問題の本質からズレたことを要求されて素直に応じる交渉相手がどこにいるんですか?

 韓国が「強制連行」をゴリ押ししなければ、河野談話があれほど誤解を招きやすい文章になることもなかったでしょうし、河野さん自身も「そういう事実があったと。結構です」なんて軽率な発言をすることもなかったはずです。
 日本を叩く武器になるならウソでもクソでも最大限に利用し、それがウソとばれたら「そんなの関係ねえ」と開き直る。歴史認識がどうこうよりも、サヨクの皆さんのそういう無責任な態度にわれわれネトウヨは我慢できないのです。
 たとえば万が一、今後、朝鮮半島で日本軍が慰安婦を強制連行した決定的証拠が出てきた場合でも、サヨクの皆さんはいまのように「強制連行の有無なんかどうでもいい!」と叫べますか?


 FIGHT FOR JUSTICEは吉見義明氏の著書『従軍慰安婦』を引用して、慰安婦問題の「本質」を次のように説明しています。

同書の結論部分において、「従軍慰安婦問題の本質とは何か」として、

第一に「軍隊が女性を継続的に拘束し、軍人がそうと意識しないで輪姦するという、女性に対する暴力の組織化であり、女性に対する重大な人権侵害であった」こと、

第二に「人種差別・民族差別であった」こと、

第三に「経済的階層差別であった」こと、

第四に「国際法違反行為であり、戦争犯罪であった」とまとめています(p231-233)。


 第四の国際法違反かどうかはわたしはまだ知識がないのでおくとして、

 第一の「女性に対する暴力の組織化」について。

 女性を継続的に拘束し組織的に売春させたのが問題の本質だというのなら、従軍慰安婦は吉原の花魁と本質的に同じです。慰安所を利用した日本兵は、遊女に入れあげる八っつあんや熊さんと本質的に同じです。そうですよね?
 日本では戦後しばらくの間も遊郭の存在が法的に認められていました。ていうかいまでも売春街は世界中に存在します。その中には継続的に拘束され組織的に売春をさせられている女性たちも多いはずです。
 日本軍の慰安所を問題にするのなら、そういう古今東西の売春問題とひっくるめて訴えてほしいです。だって日本軍相手の慰安所は、生死の危険にさらされて本能が高ぶってしまう兵士たちをなだめるという必要性に基づき、戦地という極限の場所に置かれていたのです。戦地ですから民間人といえど一定の自由が制限されても不思議はありません。これに対し、一般的な遊郭や売春宿は平時の街中に置かれ、単純に男どもの快楽を満足させるためだけの施設です。つまり考えようによっては、普通の売春宿の方が悪質だという見方もできますよね?

 第二の「人種差別・民族差別であった」ことについて。

 日本内地でもたくさんの女性が悪徳業者の毒牙にかかって従軍慰安婦として戦場に送り出された事実は、このQ&AがQ2-2で誇らしげに紹介している1938年通達の公文書「軍慰安所従業婦等募集に関する件」でも明らかです(詳しくは当ブログ過去記事参照)。
 アジア女性基金のサイトでも、慰安婦に占める民族の比率については、

各種の資料を総合して言えることは、朝鮮人慰安婦は多かったが、絶対的多数を占めるにはいたっていないということです。日本人慰安婦も多かったと言えます。
http://www.awf.or.jp/1/facts-07.html


 と結論づけています(アジア女性基金はネトウヨ!)。
 それでも民族差別があったというのなら、日本人慰安婦と朝鮮人慰安婦との間で待遇に違いがあったことを証明すべきです。そういう資料や証言はあるんでしょうか。興味あるところです。

 第三の「経済的階層差別であった」ことについて。

 貧しい(家の)女性がお金を得るために性的サービスに従事するのは、日本に限らず今も昔も世界の現実です。 それについて国家が賠償すべきなんですか? 70年前の地球上に、貧乏人が悲しい思いをしない国があったなら教えてほしいですね。共産国だってそんなの無理だったでしょう。ましてギリギリの財政で先の見えない戦争をしてた当時の日本に、いったい何ができたというんですか?

 以上、サヨク側の主張を個別に検討してみました。
 一般論としては、当時の日本軍慰安所の存在は現在の価値観に照らすとよくないことだったと言わざるをえません。けれど「それが日本という国家の責任だったのか?」「戦後70年も経ったいま、すでに韓国と交わした基本条約を傷つけてまで公的賠償しなければならないことなのか?」という点になると、どうしても首をかしげざるを得ません。
 日本軍が朝鮮半島で女性たちを強制連行した事実は確認できないことが、いまやウヨサヨ双方の共通理解となりました。議論の論点が「戦争犯罪」から「普遍的な人権問題」(by朝日新聞)に移り、日本軍の慰安婦と吉原の花魁は本質的に同じものだということになれば、日本側から「じゃあなぜいまごろ、なぜ日本だけが、なぜ韓国人にだけ賠償しなくちゃいけないの?」という素朴な疑問が提起されるのはごく自然なことです。そもそも「普遍的」ってのは「広く行き渡っている」って意味ですからね。一つの国や軍隊がどうこうというより、人類さらには生物の本質に関わる問題でしょう。日本だけを悪者扱いして解決することではありません。
 それなのに韓国は、人身売買を平気で行ってきた自分たちの先祖の「罪」から目をそらし、責任転嫁をするために日本に対して「強制動員を認めろ」と叫びつつけています。韓国のこうした不誠実な態度は、『帝国の慰安婦』論争に露骨に表れています(参考:当ブログ2014/07/21記事2014/03/03記事)。
 日本のサヨクさんたちも、こうした韓国人の卑怯な態度を咎めようともせず、過去の事実を冷静に分析しようとする保守派を「責任転嫁だ」「言い逃れだ」と非難するばかり。けれどわれわれウヨクにそういう反論の余地を与えたのは、他でもないサヨクのみなさんなのです。
 最初はたんなる未払い賃金請求問題として表面化したはずの慰安婦問題を、強制連行だの普遍的人権だのと大風呂敷を広げるだけ広げてきたツケですよね。
 強制連行という「槍」が見かけ倒しのナマクラだとばれたから、女性の人権という「網」でからめとろうとしたけれど、網の目が粗すぎて役に立たない、みたいな。

ウヨク「最初は槍の試合だったのに網を使うなんて卑怯者!」
サヨク「網の目をすり抜けようとするなんて卑怯者!」

 反日派のみなさんの言い分はいわゆる「朝鮮論法」の典型です。結局、訴える側が自分たちの都合に合わせて次々と論点をすり替えるから焦点がぼやけ、お互いに感情論にならざるを得ないのです。ヤクザが強請りや喧嘩の口実として使う分には通用するかもしれませんが、カタギ同士の交渉法としては下の下です。

 世界に目を向ければ現在進行形で深刻な女性の人権侵害が蔓延しています。インドでは女性たちがバスごと連れ去られて強姦され、アフリカでは女学生が学校ごと拉致されて売り飛ばされ、イスラム圏では恋愛したというだけの理由で少女が親族の手で公開処刑されています。ついでに韓国についていえば海外留学の女子大生が売春宿で働かされ、アイドルが枕営業を強要され、在米韓国大使館のインターン女性が韓国政府高官にセクハラされているのです。
 かたや元慰安婦のおばあちゃんたちは、すでに韓国政府からも生活支援を受け、ナヌムの家とかいう老人ホームで悠々自適に暮らし、支援団体から生き神様のように扱われています。
 かつて日本は彼女らに対し、多くの国民がみずからお金を寄付してアジア女性基金をつくり、一人あたり500万円相当の「償い」を、総理大臣の真摯な謝罪の手紙とともに渡そうとしました。けれど彼女らはそれを「汚い金」と呼んで足蹴にしました。これ以上どうしろというのでしょうか。

 「民間募金じゃ許さない、国庫から補償しろ」とカネの出どころにばかりこだわってゴネ続ける人たちの言いなりにならないことが人権侵害なんですか?
 60歳の安倍首相が70年前の過去について土下座しないことが人権侵害なんですか?
 日韓の国交を維持するために日韓請求権協定を守ろうとすることが人権侵害なんですか?

 そんなモンスタークレーマーの相手をするくらいなら、日本はそのコストを世界貢献に回したほうがよっぽど有意義です。安倍首相も先の国連演説で「日本は21世紀を女性の人権侵害のない世界にするために国連機関への拠出金を増額する」旨を表明しました。「女性の人権」を隣国への外交カードとしか見ていないどこぞの国とは、視線の先にあるものが違うのです。

 口先ばかりの人権を唱えて隣国バッシングに没頭する某国と、隣国との国交を守りつつできる限りの道義的責任を果たし、世界の人権問題の解決に向けて具体的に貢献しようとする日本。どっちが国際社会から評価されることになるのかは、いずれ分かることです。ていうか、BBCの国際世論調査などで日本が高い評価を受けているのは、そうした努力がそこそこ認められている証拠と受け止めてもバチは当たらないはずですよね。

テーマ : 従軍慰安婦性奴隷制問題
ジャンル : 政治・経済

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター