スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米大使が死にかけても民族主義を反省しない異常者国家

 ソウルで米国大使が襲われた事件。韓国は政府もメディアも過激な極左活動家の単独犯であることを強調しています。単独犯であることは確かでしょうが、あのオッサンはなぜこの時期に米国大使を狙い、いとも簡単に実行できたのかを考えると、そこには韓国ならではの病理が見えてくるような気がします。

 一般的な韓国人のバイオリズムでは、三一独立運動記念日のある3月と光復節のある8月は、一年の中でも民族感情がもっとも高ぶる季節です。今年は戦後70年の節目だったせいか、いつにも増して騒動が多かったですね(といっても自分がネトウヨになる2012年以前のことはよく知りませんが)。
 どんなイベントがあったか、時系列に沿って振り返ってみましょう。

-----------------

2月27日(現地時間)
 ワシントンDCのセミナーでシャーマン国務次官が講演。のちに問題とされた発言概要は以下のとおり。

「米海兵だったわたしの父は70年余り前、ソロモン諸島ガダルカナル島の戦いで負傷した。誰であろうともその時のトラウマを過小評価してはいけない。韓中はいわゆる慰安婦問題で日本と口論してきた。(韓日中は)歴史教科書の内容をめぐってもお互い異見がある。これらについては理解できるが、残念だ。政治指導者が過去の敵を非難することで安っぽい拍手を得るのは簡単だ。しかしこのような挑発はまひを誘発する」

http://japanese.joins.com/article/177/197177.html
http://japanese.joins.com/article/264/197264.html

2月28日
 ナヌムの家や在米韓国人弁護士らが、日本の政府や企業、皇室に慰安婦賠償を要求する訴訟をサンフランシスコ連邦地裁に起こすと発表。
http://rightabit.blog.fc2.com/blog-entry-127.html

3月1日
 朴槿恵大統領が三一独立運動の記念演説。日本に対しては「イアンフガー」「レキシニンシキガー」「ドイツヲー」を繰り返しつつも、「1965年国交正常化以来、両国が培ってきた交流・協力の成果は驚くべきものがある」「両国は自由民主主義と市場経済の価値を共有し、北東アジアの平和と繁栄を一緒に追求していく重要な隣国」とも述べ、批判トーンを弱めた。演説全文は以下のリンク参照。
http://media.daum.net/politics/president/newsview?newsid=20150301104510433

同日
 日本外務省が同省のホームページで韓国についての記述を修正。
旧「韓国は、我が国と、自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する重要な隣国」

新「韓国は、我が国にとって最も重要な隣国」
http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/4834835.html

3月2日
 シャーマン発言が報道され韓国内で反米感情が沸騰。
http://japanese.joins.com/article/278/197278.html

同日
 年間最大の米韓合同軍事演習「キーリゾルブ」がスタート。北朝鮮が対抗措置として日本海へ短距離弾道弾を発射。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00287374.html

同日(現地時間)
 シャーマン発言について米国が「我々の政策は変わっていない」と釈明。
ハーフ副報道官「シャーマン次官の発言は特定の個人や国家に向けたものではない。そのような解釈をされたことに正直驚いている」
http://japanese.joins.com/article/236/197236.html

3月4日
 シャーマン発言をめぐり、韓国の左派団体が米国大使館前で抗議活動。米国に公開謝罪を要求。
http://japanese.joins.com/article/335/197335.html

同日
 国連人権理事会で韓国が慰安婦問題を取り上げ日本に解決を要求。ただし去年の尹炳世外相の演説よりは批判を抑制的に。
http://japanese.joins.com/article/321/197321.html

同日
 日本外務省がホームページで韓国に関する記述が修正したことが明るみとなり、韓国メディアが猛反発。
韓国政府「日本政府は説明しろ」
日本政府「とくに言うことはない」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/06/2015030601487.html

3月5日
 左派活動家のキムギジョン(金基宗)がリッパート駐韓米国大使を襲撃、顔や腕に重傷を負わせる。
犯人の発言「南北を分断する軍事演習を中止せよ」「米国は日本の集団的自衛権主張に沈黙した」「シャーマン発言は関係ない」

---------------

 こうやって振り返ってみると、まさにてんこもりというか、激動の1週間でしたね。米国が諌め、韓国が怒り、日本が突き放し、北朝鮮がミサイルをぶっ放す。米国大使襲撃はそんなさなかに起きたテロ事件だったわけです。
 犯人のキムギジョン(金基宗)さんは「私たちの広場 独島を守る会」代表を自称し、2010年に日本大使を襲うなど前科6犯の猛者でした。南北統一を実現するために反日に力を入れていたようですが、もともと暴れるのが好きな人だったみたいですね。執行猶予が明けた2014年、日本大使襲撃を正当化する自著を出版してメディアからもチヤホヤされていました。

朝鮮日報朝鮮語版2015.03.06(部分引用)
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2015/03/06/2015030602684.html

米大使テロ容疑者キム・キジョンと政界の縁

 2010年7月プレスセンターで開かれた講演会に出席したキム・ギジョンは、当時の重家俊範在韓日本大使に向かって二度にわたりセメントの塊を投げつけた。この事件で、現場にいた日本大使館の職員が怪我をした。拘束起訴された彼は裁判所で懲役2年、執行猶予3年を宣告された。
 彼のこのような行動に対し、多くのメディアは独島に対する日本の主張は受け入れられないが、外交官に対する暴力は決して正当化されることがないという反応だった。
 一方、一部のメディアは、キム氏の行動を「独島愛運動」として評価し、彼の主張を濾過せずに報道したところもあった。聯合ニュースは、金氏が執行猶予で釈放された2010年9月、ソウル外交部庁舎で1人デモしていたキム氏に面会した際のインタビューを掲載した。キム氏はこのインタビューで、「独島は岩だらけなのにどうして『竹』島になるのかと伝えたくて石を持っていただけで、投げたのも偶発的なものだった」とし「謝罪の意を込めた文書を渡したが、日本大使館からは回答がなかった」と主張した。
 進歩性向のインターネット媒体である「統一ニュース」は、ネチズンの反応を引用して「金氏は、独立運動家尹医師【=1932年に上海で爆弾テロを起こし日本人を死傷させた尹奉吉/引用者注】のように怒りを投げて」と報道した。
 執行猶予期間が終了したキム氏が昨年9月に事件を振り返った本を出版したとき、ハンギョレ新聞はキム氏にインタビューしている。当時ハンギョレ新聞は、「独島愛がすぐに民族統一運動」という彼の主張を紹介し、「日本大使を傷つけるつもりはなかったが、独島を竹島と呼ぶ行動に怒って、偶発的に起こった事件」という彼の言葉を報道した。キム氏はさらに「現在、米国を背景にした韓日間の癒着は、朴正煕時代を凌駕する。日本の外交官に関連する刑事訴訟で有罪判決を受けたのは私が初めてだ」と裁判の結果に不満を示した。
 インタビューが掲載された6ヶ月後の今月5日午前、キム氏は「韓米連合軍事訓練に反対する」とし、リッパート大使に向かって凶器を振り回した。ハンギョレ新聞は6日から、彼について「2007年大統領府の前で焼身を試み、2010年には日本大使を攻撃し、2014年にはパク・ウォンスンソウル市長のイベントで無法な振る舞いをするなど突出した行動が頻繁な人物」と報道した。


 あの日、キムさんがたやすくリッパート大使に近付けたのは、彼が大使の講演会を主催した民族和解協力汎国民協議会のメンバーになっていたからでした(役員だったとの情報も)。彼には招待状が送られており、すでに有名人だったことから受付でもほぼ顔パス同然だったとのこと。どれもこれも反日活動家という「看板」の威力です。

 キムさんは犯行動機について米韓合同軍事演習「キーリゾルブ」に反対するためだったと述べています。たぶんそうなのでしょうけれど、かといって本人はまったくシャーマン発言を意識していなかったのかどうか。
 勝手な想像ですがあのオッサン、「世論が反米になってるいまデカいことをやれば、オレはまた英雄になれる」と計算してた可能性はありませんかね?

 ちなみに、米韓合同軍事演習が毎年この時期に行われているのは、韓国側にとって三一記念日に合わせて国威を発揚する意図があるように思えます。つまり、彼らは毎年この時期に軍事演習を行うことで、かつて日本に鎮圧された三一独立運動の「やりなおし」を試みているというわけです。
 なにせ朴正煕が1976年に始めたチームスピリット以来の伝統ですからね。テロも軍事演習も、結局は自分を誇示し敵を挑発するためのパフォーマンスです。

 日本大使が襲われた2010年とは異なり、今回ばかりは韓国世論も犯人批判一色に染まりました。キムさんの異常性を強調しているのはどのメディアも共通ですが、保守系の朝鮮日報がここぞとばかりに従北左派への批判を展開している一方、革新系のハンギョレは犯人が経済的に苦しんでいたことや精神を病んでいたらしいことを強調しています
 どちらの論陣にせよ、彼らは自分たちの民族主義に問題があったとはつゆほども思っていないようです。一部の人間を他者として切り捨て、すべての責任をそれに背負わせる。そして自分たちはむしろ被害者であることを強調する。韓国人が脈々と繰り返してきた「解決法」です。

 ネトウヨ日本人であるわたしには、キムギジョンさんが特別異常な存在とはどうしても思えません。わたしの心が曇っているせいか(byシンシアリー)、むしろ韓国人の典型例にしか見えないんですよね。
 
 韓国国内では最近、オッサンがいきなり刃物を振り回したり銃を乱射したりする凶悪犯罪が立て続けに起きています。今年になって発生した大事件だけでも以下のとおり。

-------

1月12日
 鞍山市で46歳の男が妻の前夫の家に侵入、帰宅した家族4人を次々と拉致して立てこもり、前夫と彼の下の娘を殺害。娘に対しては性暴行を試みていたことも判明。犯人は暴力癖を持つギャンブル好きのロリコン
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20150115_0013416494&cID=10803&pID=10800

2月23日
 忠清南道天安のアパートで、そこに住む31歳の男が他人の部屋に侵入、前日に引っ越してきたばかりの一家3人を刃物で襲撃。50代の男性を刺殺、自分の妻を含む3人にけがを負わせた。犯人は精神疾患の疑い
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20150225_0013498050&cID=10201&pID=10200

2月25日
世宗市のコンビニで50歳の男が猟銃を発砲し元恋人とその家族の計3人を射殺して自殺。理由は痴情のもつれ
http://japanese.joins.com/article/046/197046.html?servcode=400§code=430

2月27日
京畿道華城の住宅で74歳の男が銃乱射、兄夫婦と警官の計3人を射殺して自殺、警官1人が負傷。犯人は暴力や詐欺、飲酒運転などで前科6犯、動機は金の無心を断られての逆上
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2015/02/28/2015022800321.html

----------------

 人口は日本の半分にも満たない韓国で、たった2ヶ月足らずの間に4件の凶悪事件が発生し11人が死亡しているのです(自殺した犯人を含む)。しかも犯人はどうしようもない方々ばかり。
 ほかにも、韓国ではこのところ「憤怒犯罪」が多発しているようです。
 世宗市の乱射事件が起きた後、2月26日の中央日報(日本語版)の社説。
http://japanese.joins.com/article/091/197091.html

最近、瞬間的な怒りを抑えられず極端な行為をする「憤怒犯罪」が相次いでいる。この1カ月間だけでも楊州の50代の主婦が言い争いをする途中、自ら体にシンナーをかけて火をつけ、命を絶った。浦項(ポハン)では40代の男が別れを告げられたことに恨みを抱き、車に乗って女性に突進した。蔚山(ウルサン)の保育園の園長は泣く幼児の口にウェットティッシュを入れたりもした。自分のサービス基準に外れるという理由で乗務員に乱暴な言行をした大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョンア)事件も、瞬時の怒りを抑えられず非理性的な行動に出た憤怒犯罪だった。


 去年6月に起きた韓国軍兵長乱射事件(5人死亡、7人負傷)の記憶もまだ新しいというのに、なんかもう、韓国って完全に病んでませんか。あ、キャッチフレーズが浮かんできました。

「万人の万人に対するテロ攻撃」 
「ほら、あなたのとなりに金嬉老」

 こういうのと比べれば、金基宗さんのやったことなんてかわいいもんですよね。

 米国大使が襲われた直後は、ことの重大さに縮み上がっていた韓国世論も、米国の冷静で寛大な態度に安堵し、いまでは「災い転じて福となす」「テロに屈しないウリナラホルホル」とハイ状態になっているようです。

中央日報日本語版 2015年03月07日
http://japanese.joins.com/article/447/197447.html

【社説】成熟した韓米同盟、テロに屈さず

米国政府がリッパート駐韓米国大使テロ事件にもかかわらず、韓米同盟に対する変わらない信頼を表明した。米国務省のハーフ副報道官は5日(現地時間)の声明で、「韓米同盟は強固だ」とし「我々は分別のない暴力行為(acts of violence)に委縮しない」と強調した。

白昼にソウルの真ん中で米国の特命全権大使が襲われるという前代未聞の事件が発生したが、これによって韓米同盟が揺れることがあってはならないと、あらかじめ一線を画したのだ。テロという表現の代わりに個人の犯行とみる「暴力行為」という表現を使った点も目を引く。個人の非理性的な行動と国家の関係を分離して眺める米国の冷静かつ落ち着いた状況認識が引き立つ。
(中略)
今回の事件の本質は、極端な外国勢力排撃性向を持つ一個人の非理性的な突出行動である可能性が高い。徹底的な捜査を通じて正確な犯行の動機と背後の有無などを明らかにするべきだが、軽率な予断で公然と国内の葛藤をあおることは避けなければいけない。


中央日報日本語版 2015年03月07日
http://japanese.joins.com/article/441/197441.html

<駐韓米大使襲撃>「リッパート効果」 テロに勝つ

(前略)
襲撃事件の初期は韓米同盟に及ぼす悪影響を懸念する声が多かったが、むしろ両国関係に前向きな状況が表れている。最近、シャーマン米国務次官の発言で悪化した対米世論も弱まっている。リッパート大使を攻撃したキム・ギジョン容疑者(55)は印刷物に「米国が日本の集団的自衛権主張に沈黙した」という内容まで入れ、反米情緒を刺激しようとしたが、「リッパート効果」の影に隠れて反対の現象が起きているのだ。

尹徳敏(ユン・ドクミン)国立外交院長は「リッパート大使が築いた公共外交により世論も友好的」とし「米国は2002年のミソン・ヒョスン事件(議政府米軍装甲車女子中学生轢死事件)などがあり、公共外交を重視するよう外交接近法を変えたが、リッパート大使がこれを忠実に履行した」と分析した。


 韓国と米国が力を合わせて困難を乗り越え、きずなをさらに深め合ったとすっかり美談が出来上がっています。そんな中でもこっそりと大昔の米軍の落ち度を持ち出して自国の非を薄めようと努力しているあたり、いかにも韓国らしくて笑えます。
 韓国人が「おたがいさま」を言うのは自分が不利な時だけなんですよね。

 今回の大使襲撃事件は確かに異常な個人の非理性的な暴力によるものでしょう。でも問題なのは、韓国には非理性的で暴力的な異常者が多すぎること、そして韓国社会がそれに対する自覚も自浄能力も持っていないこと、それどころかむしろ非理性的な暴力を「愛国」の名のもとに助長させていることです。

 韓国は、伊藤博文を暗殺した基地外青年を英雄と呼び、"テロ被害国"である日本にまでその歴史観を押しつけようとする国です。要するに彼らの理屈は、「悪いやつ相手なら、銃で撃とうが果物ナイフで切り裂こうが構わない。そいつが悪いかどうかはオレが決める。おまえらはおれに異を唱えるな」というもの。――そんな無茶苦茶な価値観、日本が共有できるわけないじゃないですか。

 韓国の皆さんに忘れないでいてほしいのは、たとえ今回の事件が丸く収まったとしても、それはあくまで米国側の寛大さのおかげであるということです。もしアメリカ国内で韓国大使が襲われたら、韓国のメディアや市民団体は同様に寛大な態度を示せるでしょうか?

 米国政府が広い度量を示したのは、べつに彼らがキムチ好きだからでもお人好しだからでもありません。こんなことで腹を立てるより、韓国に恩を売って米韓同盟を強化した方が、対中・対北戦略の上で有利だとわかっているからです。変なプライド(=民族主義)を自制して同盟国・友好国と共有する利益のために行動せよ――シャーマン国務次官が日(中)韓に向けて呼びかけたことのお手本を、米国は実践してみせているのです。 

 このことを韓国政府は理解しているんでしょうか? 日本の首脳がずいぶん前から対韓評価を変えていたのにそれに気付かず、今ごろになって慌てるようなドンくさい人たちですからねえ。米国の態度についても、自分たちの都合のいいようにしか解釈できないかもしれません。
 だとすれば、米国から"赦し"を得た韓国は、今後ますます調子づいて反日にのめり込む可能性があります。彼らの思考はたぶん次のような展開をたどるでしょう。

「あんな事件があっても米国は怒らず韓米同盟がさらに深まった!」
 ↓
「これはウリナラが重要な国、優れた国だと米国が認めた証拠だ!」
 ↓
「そんなウリナラと価値を共有しない安倍政権はやはり極右だ!」
 ↓
「韓米が協力して日本を懲らしめよう! そうだ中国も引きこもう!」

 うん、間違いない。これしかないw

読売オンライン3月5日
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150305-OYT1T50094.html

韓国に警備強化を要請、米大使切りつけで菅長官
(前略)
菅氏は在韓日本大使館を通じ、在留邦人に不審者などへの注意を呼びかけ、韓国政府に大使館などの警備強化を求めたことを明らかにした。ソウルでは今月下旬、日中韓外相会談が開催される予定で、外務省は韓国側に厳重な警備を要請する方針だ。


 こうした日本側の対応は当然ですよね。ただ、いくら警備を強化しても警備するのが韓国人じゃあ、不安は払拭できませんが。
 もし邦人が韓国人テロリストの標的になったら? ああ、韓国人の反応も日本のサヨクの反応も想像がつきすぎて、逆につまんないや…。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

韓国、米批判から同盟強化へ世論一変
だってさ、なんとも分かりやすい手法だったね。
毎度のKorean手口・・・ でも、毎度だからな・・・ アメリカ騙されないだろうな。
っていうか、同盟いつ結んだっけ? 同盟国じゃないよね。

No title

しかも、このスレ・・・ネトウヨ人である私・・・って・・・
はぁ・・・Koreanまるだしだね。
なに? ネトウヨっていう人間がいることにするために自称してみまーす?
Koreanの書いたエログロ小説の中の登場人物が「当事者」として現れたみたいな? 手口同一。
人間なめすぎてない?
誰が騙されんの?
今回の、韓国政府が主導しなかったら起こりえてないんだっつの。
ばかじゃねぇのか? 何が激動の一週間だよ・・・ その中で起こった悲劇だよ。
ウリナラファンタジー全開で キチガイの保身の為に馬鹿が騒ぎを起こす事を自然の成り行きみたいに Koreanすんなっつの。
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。