スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「謝罪しない安倍は孤立する!」と叫ぶ韓国と信毎が国際常識から孤立していく

2015.04.23 信濃毎日新聞社説

安倍首相演説
70年談話が気掛かりだ

 安倍晋三首相はきのうインドネシアで開かれたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)の60周年記念首脳会議で演説し、先の大戦に関して「深い反省」を表明した。
 しかし、戦後50年の村山富市首脳談話に盛り込まれた「植民地支配と侵略」への「おわび」には言及しなかった。首相のこだわりがにじむ内容となった。
 首相がこの夏に発表する戦後70年談話にこうした姿勢が引き継がれる可能性が出てきた。アジアの国々に多大な損害を与えた過去を軽視していると受け取られれば、日本に対する国際社会の目は厳しくなるだろう。
 植民地支配と侵略への反省や謝罪は、時間がたっても忘れてはならないキーワードだ。談話にしっかり入れてもらいたい。
 日本の首相がバンドン会議で演説するのは、2005年の小泉純一郎首相以来である。このとき、小泉氏は演説で、村山談話に沿って過去の「植民地支配と侵略」に触れ、「痛切なる反省と心からのおわび」を表明した。
 その後、戦後60年談話で同じ表現を用いた経緯がある。
 首相は20日夜、民放の番組で「歴史認識では(村山談話などの)基本的な考え方を引き継ぐ。引き継ぐと言っている以上、もう一度書く必要はない」と述べた。一連の表現の踏襲に否定的な姿勢を示している。
 言葉にしなくては伝わらないことがある。それを忘れてもらっては困る。考え方を引き継いでいると繰り返しているばかりでは、具体性や説得力に欠ける。
 内容次第では中国や韓国から対日攻勢を強める口実とされ、これまでの緊張緩和への努力が水の泡になることも考えられる。
 戦後体制の否定と受け取られるような表現ならば、米国も黙ってはいないだろう。
 日本が孤立化への道をたどる恐れも否定できない。
 首相は来週、米議会でも演説する。二つの演説に対する国際的な反応を踏まえ、談話の作成に本腰を入れる考えとされる。
 首相の未来志向に異論はないが、民放では「私の考え方がどう伝わるかが大切だ」と語った。70年談話は首相個人の心の内を語ればいいというものではない、日本が過去を忘れず、今も真摯に向き合っている―。こうした姿勢が国際社会に確実に伝わることが大前提となる。
 首相は談話の影響や重みを肝に銘じてもらいたい。

http://www.shinmai.co.jp/news/20150423/KT150422ETI090007000.php

 信毎さんは小泉氏をやたら持ち上げていますが、彼は在任中に欠かさず靖国参拝をしていた「問題児」だったんじゃないんですか? それと比べ、安倍さんが靖国参拝したのは2013年12月の1回だけ、しかも今回の春季例大祭では中国を刺激しないよう、高市早苗総務相に「22日中は靖国に参拝するな」と釘を刺したとのこと。
(2015.04.23 中央日報日本語版 日中会談に注力の安倍首相、総務相に「靖国参拝先送りを」

 バンドン会議での安倍演説の全文は外務省のHPに出ていますが、あの演説を聞いて日本に恨みを持つ人間がいるとしたら、本物のテロリスト(首相は演説でテロを批判しています)か、よほどの異常者ですね。
 そして案の定、「安倍演説に"謝罪"がなかった!」と騒いでいるのは日本のサヨクと韓国だけでした。

聯合ニュース 2015.04.22
韓国当局者が遺憾表明 安倍氏「謝罪」に言及せず
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2015/04/22/0400000000AJP20150422003700882.HTML

中央日報 2015.04.22
安倍首相、バンドン会議で戦争に対し「深く反省」…「おわび」表明なく
http://japanese.joins.com/article/405/199405.html

東亜日報 2015.04.23
「植民地支配」や「謝罪」を外した安倍演説
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015042392348

 韓国は、安倍首相の米国議会演説や70年談話でも、どうにかして「謝罪」させようと躍起になっており、そのためにメディアは「米国が日本に謝罪を要求している!」と必死で書き立てています。

中央日報 2015.04.21
米メディア、安倍首相を圧迫…一斉に「歴史謝罪」表明を要求
http://japanese.joins.com/article/290/199290.html

中央日報 2015.04.22
米下院委員、安倍首相の演説場で「歴史認めて謝罪を」要求
http://japanese.joins.com/article/364/199364.html

朝鮮日報 2015.04.22
対日二重路線の韓国政府、謝罪省く安倍談話に危機感
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/22/2015042200730.html

 一方、東南アジア諸国の反応はというと。

朝日新聞デジタル 2015.04.23

安倍首相の演説、韓国が遺憾表明 「おわび」なしを批判

 ジャカルタで開かれているアジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年首脳会議。安倍晋三首相が22日に行った演説について、韓国は、戦後70年で過去の「おわび」に言及がなかった点を批判した。一方、東南アジア諸国に問題視する空気は薄かった。

 韓国外交省の当局者は22日、安倍氏の演説について「深い遺憾の意を表す」とコメント。安倍氏が村山談話など歴代内閣の談話や歴史認識を継承するとの立場を公言してきたにもかかわらず、「植民地支配と侵略」に対する謝罪と反省という「核心的な表現」を落としたと批判した。

 一方、会議に出席したマレーシアのチーク通信マルチメディア相は「(おわびがなかったことに)大きな意味は見いだしていない。日本による占領という暗い時代、残酷な時代を多くのアジア人は心のなかに覚えている。しかし、今は前進すべき時だ。貧困のない、正義ある社会をどうつくるか。協力し合う必要がある」と話した。

 ミャンマーのワナマウンルウィン外相は「アジアとアフリカの途上国と協力を深めていく姿勢が示されて、いい演説だった」と評価。「侵略」や「おわび」については、「特に我々が言うべきことはない」。

 カンボジアのホー・ナムホン外相も「(おわびなどの言及は)安倍首相が判断すること」、インドネシアの外務次官は「演説で触れられていない言葉についてコメントはない」と話し、主な関心は日本によるアジア・アフリカ地域への積極的な経済関与だとした。(ソウル=貝瀬秋彦、ジャカルタ=古谷祐伸、大野良祐)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150423-00000001-asahi-pol

 あらら。あいかわらずタイトルは韓国ベッタリですが、朝日新聞すら東南アジア諸国が「謝罪?どうでもいいよ」とサバサバしている現実を伝えています。
 米国も同様に、「謝罪」の有無にこだわるメディアの質問に素っ気ない態度です。

中央日報 2015.04.23
米国務省、安倍首相のバンドン会議演説について「言及しない」
http://japanese.joins.com/article/444/199444.html

 きわめつけは中国の態度。習近平さんは安倍演説を批判するどころか、演説直後にニコニコ顔で日中首脳会談に応じ「中日関係はある程度改善している」と発言するほどの余裕を見せました。たぶん、AIIBの成功に気を良くしてるんだろうな。
 中国外交部も、国会議員の靖国参拝については批判しましたが、バンドン会議の安倍演説については洪磊報道官が

「報道に留意している。今年は第2次世界大戦終結70周年であり、国際社会は日本が侵略の歴史を直視し、反省して、アジア隣国との和解を推進し、国際社会の信頼を得ることをあまねく希望している。日本側が国際社会の正義の声に順応することを希望する」

人民網日本語版 2015.04.23 http://j.people.com.cn/n/2015/0423/c94474-8882663.html

 と当たり障りのないコメントを発するだけでした。

 結果的に、取り残されて焦ったのは韓国の方だったというオチです。

朝鮮日報日本語版 2015.4.23
中・日首脳会談:韓国の孤立化に懸念の声

この首脳会談について、歴史認識問題や領土問題で冷え切っている中・日関係がAIIB協力をきっかけに和解局面に転じるのでは、との見方がある。このため、日本と今も確執を抱えている韓国の孤立を懸念する声が出ている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/23/2015042300746.html

朝鮮日報日本語版 2015.4.23
中・日首脳会談:安倍演説、「植民地」抜きで韓国を孤立化
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/23/2015042300929.html


 今月29日の米議会演説も70年談話も、今回のバンドン会議演説と似たり寄ったりのものになるでしょう。

 同じ反日政策をとる特亜三国ですが、あくまで謝罪と賠償にこだわる韓国に対し、中国は謝罪よりも「反省」を重視してきました。
 中国はゴメンナサイの言葉やはした金なんかよりも、日本の行動を牽制することに狙いがあるのでしょう。
 謝罪や賠償の要求は、日本がそれに応じてしまえば外交カードとしての効力を失います。日本が何度も謝罪しているのにそれをないがしろにしたり、賠償のおかわりを要求すれば、しまいには逆ギレされるし、国際社会からも白い目で見られます。見事にその愚を犯してみせたのがほかならぬ韓国でした。
 それよりは、普段は「歴史を直視すべき」と当たり障りのないことだけを言っておき、日本が気に食わない行動を取った時にすかさず「過去を反省していない証拠だ!」とどやしつける方が、牽制効果は高いでしょう。
 要するに、韓国の反日が宿業的な民族コンプレックスの発露であるのに対し、中国政府は反日を道具として冷静に利用しているのです。そしてそれ以外の国々にとって日本の過去は文字通り過ぎ去ったこと、それよりも未来をどうするかが最大の関心事なのです。…当然のことなのですが。

 そういうことを理解しないまま、盲目的に韓国に同調したり「とりあえず謝っとけ」なんて言う無神経なサヨクさんたちは、そのうち日本の読者からも孤立することになるんじゃないですかね。いや、べつにネトウヨに媚びろというつもりはありませんけど。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。