スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【明治産業遺産】誤報からみる韓国の焦りっぷり

 「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録をめぐっては、韓国側が日本相手に連日嫌がらせを続けています。
 当初は登録阻止が目標だったのに、いつのまにか「朝鮮人の強制労働のことを明示するなら許してやろう……」ってとこまでずるずる妥協してるところは、「演説断固阻止!」から「謝罪の文言を入れるなら許してやろう……」に後退していった安倍首相の米合同議会演説とまったく同じ道をたどっています。
 韓国にしてみれば、安倍訪米で完敗した直後だけに、今回こそ一矢報わなければメンツが丸つぶれになるという焦りも強いのだろうと想像します。

 新任の韓国ユネスコ大使が着任の挨拶でいきなりユネスコ事務局長に「日本の登録を許すな」と要求したり、外交部が定例会見のたびに「日本の登録阻止に向けて頑張る」とアピールを繰り返したり(4月31日5月6日)、ばかの一つ覚えみたいに議会が糾弾決議を連発したり(5月4日5月12日)、ダメもとで日本に直接協議を申し入れた挙句に玉砕したり、国会の外交委員長が世界遺産委員国に書簡で圧力をかけたり、委員国から煙たがられているのを察したのか「ユネスコを政治化した責任は日本にある!」と逆ギレしたり、委員国でもない中国から援護射撃もらってホルホルしたり、大統領みずからユネスコ事務総長に直訴したり、中国詣でして「宗主国様はウリナラより頑張ってくれてる!」と感激したり

 とくに韓国側の必死さを象徴しているのが、今回の件に関してはやたらと韓国メディアの誤報が多いことです。
 これまでに彼らがしでかした大誤報は、大きくわけて二つ。一つめは、朝鮮日報が「イコモスが韓国の主張を受け入れて日本に追加勧告をした!」と報じた件です。

これは5月23日付けの朝鮮日報(日本語版)が掲載したもので、

世界遺産対立:イコモス、日本の過去隠ぺいに「待った」

世界遺産対立:イコモス勧告案は韓国の主張反映

いまはどちらも一般には閲覧できないようになっていますが、2chや個人ブログに引用されたのが残っています。たとえば→こちら
 記事の内容は、イコモスが5月15日、「歴史の全容を理解できるような解釈を加える準備をするように」と追加で日本に勧告したというもの。すなわち明治時代のことばかりでなく、朝鮮人の強制労働のこともきちんと伝えろということだ!という主張です。
 以下は朝鮮日報のサイトにかろうじて生き残っている関連記事。

5月24日朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/24/2015052402010.htm

韓国政府「諮問機関が強制徴用の明示勧告」=世界遺産登録問題

【ソウル聯合ニュース】韓国政府当局者は24日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)が「明治日本の産業革命遺産」(全23施設)の世界遺産登録推進をめぐり、日本に対し各施設の歴史の全容が分かるよう準備することを勧告したことについて、「(朝鮮人の)強制労働の事実を明示するよう求めたものだ」と述べた。

 同当局者は聯合ニュースの取材に対し、「日本が産業革命遺産の世界遺産登録申請の対象を1850年代から1910年と限定したが、1940年代に集中した朝鮮人の強制労働も含まれるべきだというのがイコモスの勧告の意味だ」と説明した。

 産業革命遺産には日本による植民地時代に朝鮮人が強制徴用され働かされた施設が含まれているため、韓国政府は外交ルートを通じ日本側に問題提起をしてきた。22日には東京で初めて韓日の正式協議が開かれた。

 朝鮮人が強制徴用された施設が含まれているという韓国側の主張に対し「年代や歴史的位置、背景が異なる」と反論してきた日本にとって、イコモスの勧告は少なからぬ負担となる見通しだ。

 同当局者は「われわれは登録自体を阻止しようとしているのではない。強制労働の被害国として、われわれの要求を日本側が反映すべきだということだ」と指摘した。

 韓国政府はイコモスの勧告を武器に、今後の追加協議で日本に圧力を加える一方、登録の決定権を持つユネスコ世界遺産委員会の委員国への積極的な外交活動を展開する予定だ。登録の可否は6月28日からドイツで開かれる世界遺産委員会で決まる。

 産業革命遺産の23施設のうち端島炭坑(軍艦島)など7施設には5万7900人の朝鮮人が強制徴用され、94人が現地で死亡した。


 しかしこの"追加勧告"報道は、菅官房長官に「そんな勧告は来ていない」と一蹴され、誤報であることがバレてしまいます。

5月24日 共同通信コリア語版(Google翻訳)
http://www.47news.jp/korean/korean_peninsula/2015/05/114825.html

日政府、「イコモス追加勧告なかった」...朝鮮日報の報道「不正」

韓国の朝鮮日報は23日、世界文化遺産に登録される見込みである「明治日本の産業革命遺産」(福岡など8県)に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が日本政府に「歴史の全貌を知ることができるようにする解釈戦略を「準備するように点を要求して追加の勧告をしたと報道した。複数の政府関係者はこの日、共同通信の取材に対し、「諮問機関から、そのような連絡は受けていない」と述べた。

諮問機関である国際記念物遺跡協議会(イコモス)は4日、産業革命遺産を世界文化遺産に登録するようにユネスコに勧告した。しかし、韓国政府は、登載されている23個の施設のうち、7つの施設に朝鮮(した)半島出身者が強制徴用なっていたと登録を反対​​。朝鮮日報はイコモスが15日に勧告を作成し、日本政府に伝えたと報道した後、「侵略と収奪であるという事実にも照明し、記憶しなければならないという点を認めた」と説明した。

イコモスは4日公表した勧告文書で「各施設の歴史全体を理解できるように説明すること」が必要だと指摘、日本政府に2017年12月1日までの検討結果を報告するよう要請した。

政府関係者は、この指摘に対して、「特別徴用の歴史を明示するように要求したとは考えていない」と述べた。その後も追加勧告や指示などはなかったという。

日本側は、産業革命の遺産が対象とした時代は、1850年代から1910年までに、強制的に徴用があった時代とは異なっていると理解を要請している。


 朝鮮日報はなぜこんな誤報をやらかしたのか。どうやら、5月4日にイコモスが当事国やユネスコに報告した文書が、15日になってようやくホームページにアップされたのを、記者が追加勧告と勘違いしたのが原因のようです。
 それをうかがわせるのが東亜日報の後追い記事。

5月25日 東亜日報日本語版
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2015052532198

ユネスコICOMOS「日本の施設、世界文化遺産の趣旨に合わない」

朝鮮人強制徴用の施設が含まれた日本の近代産業施設のユネスコ世界文化遺産登録問題で、ユネスコの国際記念物遺跡会議(ICOMOS)が日本に否定的な歴史も含めるよう勧告しただけでなく、申請した施設が世界文化遺産の趣旨に根本的に合わないため、十分に内容を補完するよう勧告したことが明らかになった。
このような内容は15日、ICOMOSがユネスコ世界遺産委員会(World heritage committee)のホームページに公開した「世界文化遺産登録の審査評価報告書」(計353ページ)の中で、日本の施設関連内容(88~102ページ)で確認された。報告書は、94ページで、「日本が提出した書類には、重工業、造船、炭鉱などのいくつかの産業施設で西欧から受容した『技術的な過程』だけが反映されているが、産業技術がもたらした複雑で広範囲な社会・政治的変化を提示できていない。資料を十分に補完する必要がある」と指摘した。

ユネスコは、「産業革命の遺産」の定義を「社会・政治的変動だけでなく、大学を設置し、通信網や鉄道、海上運送を可能にするなど、社会・教育・医療などで古い封建システムを倒すことに影響を与えた施設」と定義している。このような定義により、報告書は、「日本が申請した施設は、産業革命の全体的な段階(full scope of the Industrial Revolution)を含んでいないと判断される」と強調した。

そして末尾に、日本政府に対して「歴史の全貌を理解できるように」注文し、朝鮮人の徴用など否定的な歴史を盛り込むよう求めただけでなく、果たして該当施設を世界文化遺産と見ることができるのかという根本的な疑問を投じたという点で論議が予想される。


 この記事が紹介している報告書は、日本では関係自治体のHPなどでとっくの昔に掲載されているものです。
 たとえば佐賀県→http://www.pref.saga.lg.jp/web/kisha/_88466/_88752.html

 はたしてそこには韓国側の主張するような内容が本当に書かれているのでしょうか?

 報告書を理解するために、まず世界遺産の登録要件に関する基礎知識を得ておきましょう。
 世界遺産には10項目の登録基準があり、このうち(i)~(ⅵ)の1つ以上に該当するものが文化遺産として認められます。

http://www.unesco.or.jp/isan/decides/

(i) 人間の創造的才能を表す傑作である。
(ii) 建築、科学技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展に重要な影響を与えた、ある期間にわたる価値感の交流又はある文化圏内での価値観の交流を示すものである。
(iii) 現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在(少なくとも希有な存在)である。
(iv) 歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、科学技術の集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本である。

(v) あるひとつの文化(または複数の文化)を特徴づけるような伝統的居住形態若しくは陸上・海上の土地利用形態を代表する顕著な見本である。又は、人類と環境とのふれあいを代表する顕著な見本である(特に不可逆的な変化によりその存続が危ぶまれているもの
(vi) 顕著な普遍的価値を有する出来事(行事)、生きた伝統、思想、信仰、芸術的作品、あるいは文学的作品と直接または実質的関連がある(この基準は他の基準とあわせて用いられることが望ましい)。


 (vi)は他の基準と抱き合わせであることが望ましいとされていますが、それ以外は項目を一つだけでも満たしていれば登録可能です。明治産業遺産の場合、日本は(ii)(iii)(iv)の3項目が該当するとして申請をおこないました。
 これに対し、イコモスは(iii)については「正当性が証明されない」と却下したものの、他の二つは正当性を認め、全体として世界遺産にふさわしいと太鼓判を押しました。
 わたしは英語が苦手なので報告書の原文をしっかり読んでおりませんが、上の東亜日報の記事はイコモスが部分的に指摘したことを拡大強調して「世界文化遺産の趣旨に合わない」と報じているわけです。……印象操作というより、ほとんど詐欺。日本の新聞社がこんな報道をしたら、社会的信用を失って廃刊したっておかしくないですよね。まだ朝日は続いてますが。
 そして、イコモスは以下のとおり勧告しました。

http://www.pref.saga.lg.jp/web/var/rev0/0180/0321/kankoku-dai2hou.pdf(概要)

勧告

イコモスは、評価基準(ii), (iv)の下に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」を世界遺産一覧表に記載することを勧告する。
イコモスは、推薦国が以下に配慮することを併せて勧告する。
・ 端島炭坑について、優先順位を明確にした保全措置の計画を策定すること。
・ 推薦資産及びその構成資産に関する優先順位を付した保全措置の計画及び実施計画を策定すること。
・ 資産への悪影響を軽減するため、各構成資産における受け入れ可能な来訪者の上限数を定めること。
・ 推薦資産及びその構成資産の管理保全のための新たな枠組みの有効性について、年次ベースでモニタリングを行うこと。
・ 管理保全計画及び地区別保全協議会での協議事項・決議事項の実施状況について、年次ベースでモニタリングを行うこと。
・ 各構成資産の日々の管理に責任を持つあらゆるスタッフ及び関係者が、能力を培い推薦資産の日常の保全、管理、理解増進について一貫したアプローチを講じられるよう、人材育成計画を策定し、実施すること。
・ 推薦資産に関する説明(インタープリテーション)の計画を策定し、各構成資産がいかにOUVに貢献し産業化の1又は2以上の段階を反映しているかを特に強調すること。また、各サイトの歴史全体についても理解できる計画とすること。
・ 集成館及び三重津海軍所跡における道路建設計画、三池港における新たな係留施設に関するあらゆる開発計画及び来訪者施設の増設・新設に関する提案について、「世界遺産条約履行のための作業指針」に沿って、審議のため世界遺産委員会に提出すること。
また、イコモスは、2018 年の第 42 回世界遺産委員会での審議のため、2017 年 12 月 1日までに、上記に関する進捗状況の報告を世界遺産センターに提出するよう推奨する。


 韓国側は「イコモスは朝鮮人の徴用など否定的な歴史を盛り込むよう求めた」と主張しているわけですが、その根拠となるのは勧告文の中にある「各サイトの歴史全体についても理解できる計画とすること。」の一文のみ。当然ながら「強制徴用」とか「朝鮮人」とかいう言葉は全然出てきません。
 こんなありさまなのに、「韓国の主張が受け入れられた!」と騒げる韓国人って、何なんですかね。しかも勧告が出た当初は何も言わず、まるで誤報を糊塗するかのように時間を遡って既成事実化を図る強引さ。自分たちの主張のいびつさに本気で気づいていないのか、無理を承知でゴネているのか。いずれにせよ、ほとんどサイコパスレベルであることだけは確かです。

 それでも、韓国人は一度手に入れた反日道具は食らいついたまま決して離しません。

6月6日 東亜日報日本語版
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015060668968

日本の世界遺産登録、ユネスコの空気が変わった



「韓国が、世界遺産委員会の委員国を説得したことでムードが変わった。委員国は『韓国と日本の間で(一方を)選択しないようにしてほしい』と両国が妥協案を模索するよう要請している。
経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会に出席するためにフランス・パリを訪れた趙兌烈(チョ・テヨル)外交部第2次官は4日、パリ駐在の韓国特派員と会い、日本が朝鮮人強制労働施設が含まれた近代産業施設をユネスコの世界文化遺産に登録しようとする動きを受け、このように話した。

趙次官は、「『日本は強制労働が含まれた全体の歴史を含めなければならない』という国際記念物遺跡会議(ICOMOS、イコモス)の報告書を根拠に、世界遺産委員会の委員国に協力を要請している」と話した。日本政府は昨年1月、福岡県北九州の八幡製鉄所や長崎県の長崎造船所など計23の近代産業施設の世界文化遺産の登録を申請した。この中に計5万7900人の韓国人(朝鮮人)が強制徴用された7つの施設が含まれている。ユネスコの世界遺産委員会傘下の民間諮問機構であるイコモスは、先月公開した評価報告書で、「日本は重工業、造船、炭鉱などいくつかの産業施設に関連した複雑で広範囲な社会・政治的な変化を提示できていない。資料を十分に補完する必要がある」と勧告した。朝鮮人強制徴用の事実が含まれた「歴史の全貌」を知ることができるようにしなければならないという指摘だ。日本は登録申請の際、該当施設が産業革命に貢献した期間を明治時代(1890~1910年)に限定し、戦時強制徴用が行われた第2次世界大戦(1941~1945年)期間に言及しない「知恵」を働かせたが、イコモスがこの点を指摘したのだ。

趙次官は、「日本もイコモスの勧告を無視できない状況だ」と強調した。しかし、日本は強大なロビー力を利用して、「世界文化遺産の登録が実現しなければ、ユネスコの脱退を検討する」、「ユネスコの分担金を最も多く出す国が日本であることを忘れるな」といった外交圧力をかけているという。日本の近代産業施設が世界遺産に登録されるかどうかは、来月3~5日頃にドイツ・ボンで開かれる第39回世界遺産委員会で最終決定される見通しだ。

韓国政府はその時まで日本と交渉を行い、合理的な折衷案を模索する計画だ。票対決になることは、韓日いずれにとっても外交的負担が大きいためだ。


 無茶苦茶な我田引水解釈を既成事実化しようとするだけでなく、日本がユネスコに対して理不尽な圧力をかけているとデマを振りまく韓国の外交官&大手メディア。この人たちって、モラルやプライドを持ってないのかな。ないんだろうな。
 中央日報も同じ人物を記事にしていました。

06月05日 中央日報日本語版
http://japanese.joins.com/article/433/201433.html

韓国外交部第2次官「日本が“歴史の全容”を反映するようユネスコに強く呼び掛け」

韓国の趙兌烈(チョ・テヨル)外交部第2次官は「日本が朝鮮人強制労働を含む“歴史の全容”を盛り込むよう、我々はユネスコ世界遺産委員会委員国に強く呼び掛けている」と明らかにした。

趙次官は、4日(現地時間)、経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会に参加するためパリを訪れ、「国際記念物遺跡協議会(ICOMOS、イコモス)報告書を根拠に『歴史の全容』が反映されるべきだという韓国の立場を世界遺産委員会委員国に伝えて協力を要請している」と伝えた。

ユネスコ世界遺産委員会傘下の民間諮問機構であるイコモスは先月15日、「明治日本の産業革命遺産」の登録勧告案で「歴史の全容が分かるように」と勧告した。

趙次官は「日本もイコモスの勧告を無視することはできない状況」とし「委員国は『韓国と日本の間でどちらか選択しなけばならなくなるような事態は避けてほしい』としながら妥協案を求めている」と付け加えた。


 おいぃ…他紙の誤報をいまだに信じてるよ…ばかすぎるよ…。

 こうした報道から分かるのは二つ。一つ目は、いまの韓国外交部は上(尹炳世)から下(この人)まで、反日に目が眩んだアホばかりらしいということ。二つ目は、韓国側は世界遺産委員会の本会議で日本と激突することを恐れているということ。

 そりゃそうでしょうねえ、テレビ朝日の報道によれば、21の委員国のうち日本は12カ国の賛成票を5月末までに固めていて、残る7カ国は態度を明らかにしていないとのこと。かといって韓国に賛同する意志を表明している国はゼロ。合格ラインである15カ国(日本を含む)の賛同を得るには、あと2カ国を確実にすればいいのです。

asahi000051605.jpg

 態度を表明していない国がドイツ(議長国)、フィンランド、フィリピン、カザフスタン、コロンビア、ペルー、クロアチア。
 ドイツはちょっとクセモノですが、その他は親日国(フィリピン)や戦前の日本とは関わりの薄い国ばかりですから、2票の上乗せははっきりいって「ちょろい」でしょう。
 すでにイコモスが登録OKという勧告を出してるわけですし、委員国はどこも基本的に「韓国が文句あるなら日本と直接交渉しなよ」という態度ですから、韓国が勝つか負けるかはすべて日韓協議の結果にかかっています。そこで日本が折れれば、日本が修正した申請内容を承認する。日本が折れなければ、ほぼ修正なしのものを承認する。そういうことでしょう。
 首脳会談は頑なに拒否する韓国が、世界遺産問題に関しては日本との直接協議に必死になる理由がよくわかります。

 そして必死になるあまり、さらに誤報(虚偽リーク?)を上塗りするのが韓国クオリティ。

5月28日 中央日報日本語版
http://japanese.joins.com/article/060/201060.html

日本、世界遺産登録問題…韓国政府に「妥協案の議論」提案

日本が韓国政府に対して、朝鮮人強制労働施設が含まれた日本の近代産業施設の世界遺産登録推進に関し「妥協案の議論」を提案をしたと韓国の聯合ニュースは28日報道した。

報道によれば日本側は22日に東京で開かれた崔鍾文(チェ・ジョンムン)外交部ユネスコ協力代表と日本の新美潤・外務省国際文化交流審議官との初会合でこうした立場を韓国側に伝えた。

これに伴い日本側が、「歴史は記憶されなければならない」という韓国政府の立場を反映して妥協案を出せるのかが注目される。


 残念ながら、この報道は翌日あっさり否定されました。

5月29日 中央日報日本語版
http://japanese.joins.com/article/130/201130.html

日本政府「韓国への世界遺産登録『妥協提案』は事実無根」

 日本政府が朝鮮人強制労働施設が含まれた日本の近代産業施設の世界遺産登録の動きに関連し、韓国政府に妥協案の協議を提案した事実はないと明らかにしたことを、韓国報道機関KBS(韓国放送公社)が29日、報じた。

KBSの報道によると、菅義偉官房長官は同日の記者会見で、妥協案協議の提案についての韓国メディアの報道に関する質問に対し、「そのような事実はない」と答えた。

続いて菅官房長官は、「我々は引き続き日本の考えを確実に根気よく説明し、韓国の理解が得られるように努力したい」と述べた。

前日、一部の韓国報道機関は、今月22日に東京で開かれた世界遺産に関する韓日協議の際、日本が「妥協案を協議しよう」と提案していたと報じていた。


 一部報道機関って…あなたのとこもそうでしょうが!
 どうしてこうもいけしゃあしゃあと他人顔できるんでしょうかね? 日本人にはまったく理解できません。

 さらに、妥協案を模索していたのはむしろ韓国側だったことがこの直後に判明。

5月30日 時事通信 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015053000208

世界遺産登録、日本と妥協模索=「歴史全体」表記を-韓国高官

 【ソウル時事】「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録に韓国が反発している問題で、韓国政府高官は30日までに日本記者団に、「(朝鮮半島出身者の強制労働があった)7施設を外してほしいという基本的立場は変わりない」と強調した。その上で、「日本が誠意ある方策を示せば、いくらでも検討できる」とも語り、妥協策を模索する考えを示した。
 日本は、申請対象は1850年代から1910年までとの立場。これに対し韓国は、1940年代の強制労働の事実を無視していると批判している。
 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は登録勧告の際、「各施設の歴史全体についても理解できる計画」とすることを求めた。これについて韓国政府高官は「韓国の立場を反映したものだ」と述べ、各施設の全体的な歴史をなんらかの形で表記する方法で、妥協を探っていることを示唆した。
 22日に続く2回目の外務省局長級協議が近くソウルで開かれる見通し。同高官は「この問題は勝つか負けるかの視点で考えるのは適切でない。妥協の精神で良い方策を導きたい」と述べた。
 登録の可否は6月28日からドイツで開かれる世界遺産委員会で決まる。日韓両国は委員国への働き掛けを展開しつつ、妥協策も模索する見通しだ。


 また「誠意」とかゆってらあ。ウゼー。
 両国が妥協策を模索? 本当かなあ。安保関連法案の国会審議でもふてぶてしい態度を貫いている安倍政権のことですから、いくら協議を重ねたところでひたすら「丁寧な説明」を繰り返し、慇懃無礼に「理解を求める」だけじゃないですかねw
 日本国民の73%が韓国のしつこい反対運動に呆れているという世論調査にも支えられています。まあ、せいぜいなにか曖昧な文言を盛り込んでお茶を濁すくらいでしょう。

 これだけ抗議と捏造を重ねた挙句に国際舞台で負けたとあれば、韓国にとって屈辱でしょうねえ。しかもどの委員国が賛成・反対したかが明らかになってしまいますから、負けた方は余計にみじめ。さらに日本は韓国の百済遺跡登録に賛成票を投じるでしょうから、日韓の度量の差がますます際立ってしまうという・・・。
 そんなミジメな気分で韓国さんが迎える8月の光復節。逃げ場を失った朴大統領の演説にさらなる反日ブーストがかかることを、日本中のネトウヨが期待しています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。