ウヨクは沖縄県民を信じているがサヨクは日本国民を信じていない

 「沖縄の2紙はつぶさないといけない」騒動の件。整理しておきたいのは、ここで非難されるべきなのは講師の百田尚樹氏よりも「懲らしめないといけない」発言をした大西英男氏ら自民党議員であることです。
 百田氏はすでにNHK経営委員などの公職を離れており、名実ともに一私人。彼が毒舌家としてサービス精神w旺盛なのは周知の事実ですから、いまさら彼を批判してもほとんど無意味です。マスコミや野党もそのへんは承知しているようで、彼らの関心は今回の問題をいかに政権批判につなげるかに集中しています。

 それにおかまいなく百田氏を個人攻撃しているのがリテラ。

百田尚樹は『ナイトスクープ』時代から杜撰でテキトーだった…プロデューサーが証言!
http://lite-ra.com/2015/07/post-1237.html

 約四半世紀も前の話題を持ちだして、"百田くん"がいかにダメ男かを嘲笑しています。

 このように、百田尚樹として認知される以前の“百田くん”とは、会議中に手品の練習をして顰蹙を買ったり、いいかげんな地図をつくって放送にのせちゃったり、勉強もしてないのに持論を炸裂&断言を繰り返したりと、“調子にのったらタチが悪い、困ったオッサンあるある”に数えられるような人物だったのだ。そこから成長もなく、ただ増長し、わずかにあった愛嬌さえ失ってしまった……それが現在の姿なのだろう。


 わたしは『全国アホ・バカ分布考』を読んでいませんが、記事に引用された部分を読む限り、著者の松本修プロディーサーがネタもしくはシャレとして"百田くん"をイジっているのは明白です。それを大真面目に人格批判に使うリテラのやり方は、あまり利口とはいえません。いわゆるリベラル派はお行儀のいい人たちが多いですから、こういう個人攻撃は嫌悪されるんじゃないでしょうか。
 まあネトウヨのわたしが心配することでもありませんし、むしろサヨクのみなさんが感情的になるのを見るのは楽しいので、リテラにはこれからも頑張ってほしいものです。

 百田・長尾・大西氏らの発言からは、彼らが
「沖縄の人たちはサヨクメディアに洗脳されている」
「洗脳が解ければ辺野古移設に賛成してくれるに違いない」
 と信じていることがうかがえますが、この認識ははっきりいってオメデタイ考えだと思います。沖縄の世論調査や選挙結果を見ても、辺野古移設反対!米海兵隊は出ていってほしい!というのが過半数の沖縄県民の意見でしょう。知事やサヨクメディアを潰したところで、沖縄県民の反米・反安倍感情は消えませんし、そんなことをしたらむしろ火に油を注ぐことになります。
 サヨクメディアを潰したければ、対抗馬となりうる保守派のメディア・言論をいかに沖縄で育てるかを論議すべきでしょう。
 護憲派のカリスマの一人である内田樹氏はブログにこんなことを書いていました。

内田樹の研究室
言論の自由について再論
http://blog.tatsuru.com/2015/07/01_1542.php


今問題になっているのは、「国民は長期的・集合的には必ずや適切な判断を下すだろう」という「国民の叡智」に対する信認の存否である。
いくつかの新聞を挙げて「つぶれた方がいい」と言った人間はその新聞の読者たちに向かって「おまえたちは新聞に騙されているから、間違った判断を下すだろう」と言っているのである。
「私が代わりに判断してやるから、お前たちは私が『読んでもよい』というものだけ読んでいればいい」と言っているのである。
ここに「理非の判定を下す人々」への敬意を見出すことはむずかしい。
「理非の判断を下す人々」の判定力を信じない人、「自由な言論が行き交う場がなくてはすまされない」とは考えない人たちがいる。
それはしかたがない。
けれども、彼らが「言論の自由」を汚す権利を「言論の自由」の名において要求することを私は許さない。



 これを読んだとき、わたしは「なんかこれ、憲法改正論議と相似形になってるな」と思いました。

改憲問題  沖縄問題
【護憲派の主張】 【大西議員らの主張】
9条を撤廃すると沖縄2紙を潰すと
日本の真の姿が現れる 沖縄の真の姿が現れる
軍国主義の復活 辺野古移設の受け入れ

 ここからわかるのは、沖縄2紙を潰したいと思っている人たちは根っこのところで沖縄県民を「信じている」のに対し、9条を守りたいと思っている人たちは、根っこのところで日本国民(が選んだ政治家)を「信じていない」ということです。
 わたしに言わせれば、前者はただのお人好し。後者は…どんな表現がいいですかね。ひねくれ者? 人間不信? 性悪説論者?

 「国民の叡智」を信じるのなら、言論の自由だけでなく改憲の自由も認めてほしいものですが、護憲派は国民投票法にすらあれこれ文句をつけています。
 結局のところ、護憲派のみなさんは日本国民に対して、

「おまえたちは政府に騙されているから、9条のタガが外れたら間違った判断を下すだろう」と言っているのです。
「お前たちは私が認めた9条だけを永遠に信じていればいい」と言っているのです。


 違いますかね?
 国民に敬意を払っていないのはどっちですかってこと。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サヨク・在日・プロ市民
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター