スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【世界遺産戦争】誤報の聯合ニュースと捏造の朝鮮日報

 今回の世界遺産騒動では、日韓関係の面倒臭さを改めて思い知らされたというのがわたしの実感です。

2015年7月6日 朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html

世界遺産対立:強制表記拒否の日本、国際社会の圧力に屈す

日本の産業施設、世界遺産登録決定
「韓国人強制労働」明記へ


 日本の「明治日本の産業革命遺産」の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産登録で、「強制労働」という言葉を入れるかどうかは韓日外交戦の争点だった。ドイツのボンで開かれた世界遺産委員会が、当初4日に予定されていた「明治日本の産業革命遺産」登録審査を一日延期したのも、韓日がこの問題をめぐり最後まで合意できなかったためだ。

 韓国政府の基本姿勢は「日本の植民地支配自体が国際法に違反したまま行われたため、その下で行われた動員は強制労働だ」というものだ。しかし、日本は「労働環境が過酷だったと言っても、労働の対価を支払い、日本人とまったく同じ待遇だったので、強制労働と呼ぶことはできない」と主張した。日本側は「強制労働」という表現が入ると、後に請求権問題の新たな口実になる可能性があると考え、韓国側に修正を要求し続けたという。

 しかし、国際社会で「韓国が日本の施設の登録を反対しない代わりに、日本も該当施設で行われた『全体の歴史』(full history)を反映させなければならない」という世論が広がり、日本も見解を変えるしかない状況になった。特に、世界遺産委員会の議長国・ドイツが「日本の施設の登録決定は来年に先送りすることもできる」と強い圧力を加えたことが「決定的」だったことが分かった。

 このため、日本の和泉洋人代表団長(首相特別補佐官)は同日の会議の発表で、「1940年代に数多くの韓国人や他国民が本人の意思に反して動員され、過酷な条件下で強制的に労働させられた」「第二次世界大戦当時、日本政府も徴用政策を施行したという事実が理解できるようにする措置を取る準備ができている」と述べた。こうした発表内容は登録決定文の本文でなく注釈(footnote)に盛り込まれた。韓国が「実質的な内容」を得たとすれば、日本は「形式」を引き下げることで妥協したのだ。

 韓国政府当局者は「そもそも世界遺産に登録できないよう阻止できればもっと良かったが、これは実現の可能性が高くない。日本が初めて『強制労働』を認める発言を引き出したことに大きな意義がある」と述べた。

イム・ミンヒョク記者

(強調引用者、以下同じ)

 国際世論はウリナラに実質勝利の判定を下したのだから、この勝利を足がかりにして日本の植民地支配の非合法性を世界に訴え、日本から賠償金をふんだくってやるぞ、という韓国側の高揚感が伝わってくるような記事ですね。
 「国際世論の広がり」「国際社会の圧力」……ねぇ。われわれ日本人にはたんに韓国が世界中でゴネまわってただけのように見えましたが、そういうゴネが許容されるような国際社会であることは残念ながら事実のようです。

2015年7月6日 朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/07/06/2015070600524.html

世界遺産対立:日本、国際社会で初めて強制労働認める

「明治日本の産業革命遺産」と「百済歴史遺跡地区」、世界文化遺産に登録
世界遺産委員会の決定文に徴用の事実を表記


 端島(通称:軍艦島)炭鉱(長崎市)など「明治日本の産業革命遺産」を世界文化遺産に登録することを決定した、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で、日本は「一部の施設で多くの朝鮮半島出身者などが自らの意思に反して(against their will)連れてこられ、厳しい環境の下で働かされ(forced to work)ていた」と述べた。日本が第2次大戦中の強制徴用の事実について国際社会で公式に言及したのは初めてだ。

 5日(現地時間)、ドイツのボンで行われたユネスコの世界遺産委員会で日本は、このような内容を発表し「当該施設での犠牲者を記憶にとどめるために、情報センターの設置など適切な措置を取る」と述べた。日本が発表した内容は「明治日本の産業革命遺産」を世界遺産に登録する決定文に「注釈」の形で盛り込まれた。同委員会はまた、日本が2017年までに当該施設で約束した措置を履行し、関連する報告書を提出することとし、18年の会議でその履行状況を検討することとした。(以下略)
(イム・ミンヒョク記者)


 ひっかかるのは、朝鮮日報が「日本側が会議で発言した内容が登録決定文の注釈に盛り込まれた」と報じている点。これ、日本側のメディアはどこも報じていません。
 どうやらこれにはややこしいカラクリがあるんですね。聯合ニュースは登録決定直後に以下のように報じています。

2015年7月5日 聯合ニュース日本語版
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2015/07/05/0400000000AJP20150705001600882.HTML

明治日本の産業革命施設 世界遺産登録決定

【ボン聯合ニュース】国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会はドイツ・ボンで5日(現地時間)、「明治日本の産業革命遺産」(23施設)の世界文化遺産登録を決めた。韓国政府が求めていた朝鮮人の強制労働の歴史は注釈をつける形で間接的に反映させることにした。

 両国は23施設のうち、7施設で朝鮮人の強制労働があった歴史をどう反映するかについて協議を続けて最後に歩み寄り、委員国の全会一致で登録が決まった。

 日本政府代表団は登録決定直前に行なった演説で、1940年代に一部施設で朝鮮半島の多くの人々が本人の意思に反して連れてこられ、厳しい環境で労働を強いられたと明らかにした。また、情報センターの設立など、被害者をしのぶための適切な措置を取る方針を示した。登録決定文には注釈で、「世界遺産委員会は日本の発表を注目する」と明示し、演説と注釈を連係させる形で強制労働が行なわれた歴史を認めた。(以下略)


 要するに、委員会で承認された文書には本文・注釈ともに「朝鮮半島の人々の意に反して」云々は記載されておらず、注釈にちょこっと議事録を参照するよう示唆する文章が差し込まれたということのようです。登録文を「強制労働」から死守しようとした日本側の涙ぐましい努力が感じられます。

 ただし、聯合ニュースの記事にも誤報があります。それは、日本側の発言が行われたのは「登録決定直前」だったと報じている点。他のメディアはほとんどが登録決定直後の発言だったと報じています。

2015年7月6日 毎日新聞 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150706ddm001040179000c.html

世界遺産:明治産業遺産、登録決定 日韓「徴用」の表現決着
(前略)
 佐藤地(くに)ユネスコ日本代表部大使は決定直後、「日本は、1940年代に幾つかの施設で、その意思に反して連れてこられ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者などがいたこと、第二次世界大戦中に日本政府としても徴用政策を実施していたことを理解できる措置を講じる」と英語で発言。情報センターの設立を計画していることを明らかにした。これに対し、韓国側は「日本が全ての措置を履行することを期待する」と述べ、日本への支持を表明した。


2015年7月6日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150705-OYT1T50086.html

明治の産業革命、世界遺産に…日本は韓国に譲歩

(前略)
 合意に沿い、日本代表団は登録決定後、構成資産の一部について、「1940年代に、意思に反して連れて来られ、厳しい環境で労働を強いられた」朝鮮半島出身者が多く存在したことへの理解を深めるための措置を講じる方針を表明。「被害者を記憶にとどめるため」の情報センターの設置を検討するとも述べた。日本側が事実上、譲歩した形だ。

 一方、韓国代表団は「日本が誠意をもって実施すると信じる」と述べた。(後略)


2015年7月6日 中央日報日本語版
http://japanese.joins.com/article/710/202710.html

日本「韓国人の意に反して強制的に働かせた事実ある」

「(日本は)1940年代、一部の施設で多数の韓国人が『自分の意に反して(against their will)』動員され、過酷な環境のもとで『強制的に労働をした(forced to work)』事実があることを認識し…」。

5日午後(現地時間)、独ボンで第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)世界文化遺産登録審査会議が開かれた。韓国と日本を含む21委員国が強制徴用施設を含む日本の近代産業施設を世界文化遺産に登録することに合意した後、日本側首席代表の和泉洋人首相補佐官が口を開いた。日本政府が日帝強占期間に韓国人の強制徴用があったと国際社会で認める瞬間だった。泉補佐官は「該当施設に情報センターなどを設置して犠牲者を追悼する」とも述べた。 (以下略)


 こうなると、朝鮮日報の「注釈に盛り込まれた」という表現が限りなく捏造もしくは誤読狙いであることがよく分かります。登録決定後の発言を、たとえ注釈であろうと登録文書に入れるなんてできるはずがありません。

イム・ミンヒョク「ふふふ、わたしは『盛り込まれた』と書いただけ。『入った』なんてどこにも書いてない」

 ……韓国の記者ならこれくらいのことは平気で言うでしょうね。

 物事を自分たちに都合よく解釈してホルホルするスキルは韓国の「能力」といってもいいでしょう。日本政府もある意味それを利用したわけで、これは河野談話とよく似た構図です。今回の問題は必ず火種となって残るでしょう。
 韓国はたぶん、今回の件を反日外交に利用する気満々です。そのことは安倍政権だってある程度覚悟の上でしょう。明治日本の産業革命遺産が世界遺産に登録されたことで、国民が戦前の日本に対して「誇り」を持てるようになれば、たとえ韓国が徴用者賠償などで攻勢を強めてきても、十分に跳ね返せると算段しているのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。