スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍談話という鏡に映る中韓の素顔

2015年8月15日 信濃毎日新聞朝刊2面

 14日閣議決定された安倍晋三首相の戦後70年談話に対し、県内の与党代表者は、歴代内閣の立場を引き継ぎ未来志向の内容だと評価した。一方、野党代表者からは、各方面への配慮などから真意が伝わらないといった批判が出た。
(中略)
 民主党県連の北沢俊美代表は「第一印象として長く、冗漫な談話だ」とする。「過去の日本による侵略戦争を認めるべきだとする勢力と認めるべきでないとする勢力の両方に気遣い、真意が伝わらない。70年の大事な節目に発表する談話としては意味不明」とした。


 あの談話が曖昧だというのはその通りですし、それが各方面への配慮の結果であることも確かでしょう。だからこそ意味があるのだとわたしは思います。サヨク野党や中韓は安倍首相のことを歴史修正主義で極右の独裁者だと批判しますが、各方面に配慮して曖昧な談話しか出せない独裁者ってなんなんですか。個人の思いはともかく、日本の総理大臣としてああいう形の談話に収めたという事実に、良くも悪くも政治家・安倍晋三のバランス感覚が見て取れます。

 あの談話は曖昧ですから、その解釈は受け手に委ねられます。つまり、談話について論評する側の価値観や立場を映す鏡なのです。あの談話を好意的に解釈する国は、日本と友好関係を結びたいと思っていることの証ですし、あれこれ文句をつけてくる国や人は、もともと日本を敵視する意志を持っているということです。

 思い起こすと、ユネスコの世界遺産登録問題のときは、登録決定文の注釈に「日本の発表を注目する」の一文が盛り込まれただけで韓国は「日本が強制労働を認めた!」と大騒ぎしていました(→こちら)。それだけの"解釈力"を持つ韓国が、こと安倍談話に関しては「間接的な言及では謝罪したことにならない!」と叫ぶのはおかしなことです。

 反日勢力のみなさんは安倍談話を批判し村山談話や小泉談話を賛美しますが、シンシアリーさんによれば村山談話が出された当時、韓国のメディアは「形式的な談話一つでは反省の根拠にならない」「謝罪したくせに賠償しないなんて矛盾してる」と批判していたそうじゃないですか(→こちら)。
 さらに小泉談話のときは、小泉首相の靖国参拝や「戦後賠償は完全終了」表明で非難轟々、韓国政府の公式見解からして「謝罪や反省なんかしたって信用できない」というものだったそうで(→こちら)。

 この調子だと、戦後80年、90年にはもっとタカ派のリーダーが日本に登場し、特亜のみなさんが「安倍談話を継承しろ!」と騒いでいるかもしれません。そんな時代が本当に来るかどうかは、特亜および野党のみなさんの振る舞いが賢明かどうかにもかかってくると思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 安倍政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。