スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信毎「自民党なんか総裁選で分裂すればよかったのに。チッ」

 自民党総裁選で安倍さんが無投票当選したことをサヨクのみなさんが批判しています。
 信濃毎日新聞は9日の社説2本を両方とも安倍総裁再選の話題にあてていました。
 その一つをご紹介。

09月09日(水)信濃毎日新聞社説

自民党 無投票が映すいびつな姿

 政権を担う自民党の総裁選は単に一政党のトップを選ぶものではない。国政のリーダーを国民が見定める機会でもある。
 党にとっては論戦を通じて人材の多様さ、懐の深さをアピールする場になる。
 せっかくのチャンスを生かそうとはしなかった。安倍晋三首相の無投票での再選である。党幹部らは、対立候補を出させまいと躍起だった。今の自民党のいびつな姿が見て取れる。
・・・
 党幹部らが無投票にこだわったのは、安全保障関連法案の審議への影響を避けるためだ。総裁選は議員票に加え、党員・党友の地方票がある。選挙戦になれば、地方から「反安倍」票が出る可能性もあるとみたのだろう。
 国会審議と総裁選が重なる事態を自ら招いておきながら、身勝手な考え方ではないか。
 党の総裁選挙管理委員会は、野田氏が立候補した場合を想定して国会審議への影響を極力抑える手だても検討していた。前回より街頭演説の回数を減らすといったものだ。何のための総裁選かと首をかしげたくなる。
・・・
 首相「1強」が際立つほど次を担う人材の不在を印象付ける。自民党の活力が失われてはいないか。安保、原発、経済政策など党内にはさまざまな意見があるはずだ。異論が聞こえてこない状況は党の将来にマイナスである。


 ……総裁選をやろうがやるまいが、そんなことは自民党の自由じゃないですか。外野がなにをそんなに大騒ぎしているんですか。
 信毎さんは自民党打破が社是だから、本当は総裁選で自民党内に亀裂が入るのを期待してたんでしょ? その「チャンス」が消えた不満を無理やりもっともらしげな批判に言い換えようとするから、すっかりいびつな社説になっています。

 異論をぶつけあうのが健全な政党? 政党ってのは同じ政治的価値観を共有する人々の任意の集まりですから、べつに党内論争がなくてもおかしくないと思いますけどね。国会をほったらかしにして論争しなければならないほどの対立があるならば、さっさと別の政党に分裂してくれた方が有権者としてはありがたいです。

 党執行部がいろいろ根回ししたのだとしても、そんな工作はこれまでの総裁選挙でもいくらでもあったはず。その根回しに屈した反安倍派も、問題意識は所詮その程度だったということです。党内の権力争いより国会審議を優先した自民党の判断は、むしろ国民に対して誠実だと思いますけど。
 もし総裁選が実現し安倍総裁が日本中を街宣カーで飛び回っていたら、どうせ野党や信毎は「党内の権力争いにかまけて国会を軽視している。何のための政党か」と大喜びで食いついたでしょうに。たしかこの前、首相がほんの一日大阪のTVに出ただけで「国会軽視だ!」と叫んでましたよね。

 信毎によると、野党は「異論のない組織の危うさを感じる」(民主党長妻)、「昔の密室の政治、暗い派閥の政治に戻った」(維新の党松野代表)などと批判していますが、国政選挙で勝てない負け犬の遠吠えでしかありません。そもそもいまの国会を一強多弱状態にしたのは、野党のみなさんが揃いもそろって内部対立にあけくれて自滅したせいじゃないですか。野党の中では中央集権制の共産党だけが躍進してる現実はなんとも皮肉です。

 民主党長野県連の北沢俊美氏なんかは「自民党内で、もう少し国民のための深い議論があって良かった」とコメントしていますが、自分で言ってて情けなくないのかな。国民のために国会審議の場において深い議論を挑むのがあなたがた民主党の仕事じゃないですか。それを自民党の総裁選に丸投げしちゃったら、自民党員を日本国民の代表者として認めたも同然ですよ。あなたがた、最近の国政選挙ではいつも、自民党の得票率が低いことを理由に「自民が大勝したからといって必ずしも民意を反映したものではない!」みたいなことを叫んでませんでしたっけ?

 こういう、よその政党の内部のイベントにシタリ顔で口出しする態度って、日本の内政に平然と干渉してくる韓国にそっくりですね。安倍憎しに目がくらんで主張が支離滅裂になってたり、何を叫んでも相手の痛痒になってないところも含めて。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

民主党の代表選は・・

1997年9月16日 菅直人 無投票再選
1998年4月27日 菅直人 無投票当選
2000年9月09日 鳩山由紀夫 無投票再選
2004年5月18日 岡田克也 無投票当選
2004年9月13日 岡田克也 無投票再選
2006年9月12日 小沢一郎 無投票再選
2008年9月21日 小沢一郎 無投票再選

No title

情報ありがとうございます。なるほどねえ。
民主党ってやっぱり、しょうもないですね。
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。