なぜサヨクはMRJの試験飛行に反対しないのか

 って思うんですよ。
 ねえ? オスプレイなんか試作機の初飛行は1989年、以来何百機も製造されて飛行実績を積んでいるのに、サヨクの皆さんは明日にも今日にも墜落するかのように騒いで抗議活動を続けています。

 かたやMRJは今まで一度も飛んだことのない機体。しかもオスプレイより巨大な図体にジェット燃料を積んでいます。そんな危険なシロモノが初飛行する飛行場はなんと! 軍事基地でもメーカー専用飛行場でもなく、住宅密集地に囲まれたフツーの県営空港。多くの民間機が飛び交うところで初めての飛行試験だなんて・・・! 危険がありすぎる! 危険がありすぎますよね!?
 もしMRJが住宅地に墜落したら、その責任は事前の抗議行動を怠ったサヨク団体にあるといえるに違いないと言わざるを得ないと考えられるのではないでしょうか!!

 ・・・というわけで、MRJ初飛行成功おめでとうございます。サヨクの皆さんは命拾いしましたね。
 三菱が踏み出した大きな一歩は、韓国のみなさんにとっては「戦犯企業」が踏み鳴らす軍靴の音に聞こえるかもしれません。

 なんてそんな下らない思考についつい走ってしまうわたしも、だいぶネトウヨが板についてきたものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サヨク・在日・プロ市民
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター