中央日報「強制連行と慰安婦像は譲れない」

 日韓両政府の慰安婦交渉に関し、中央日報がアホな社説を載せていたのでいちいちツッコミを入れようと思います。みずきさんの真似をして緑色の字です。

中央日報日本語版 2015年12月26日
http://japanese.joins.com/article/067/210067.html
【社説】慰安婦会談、前向きな姿勢もマジノ線は守るべき

慰安婦問題解決のための韓日外相会談が28日ごろ開かれる。ふさがった両国関係を開くきっかけが用意されたという点で歓迎する。

政治葛藤が深まっても経済協力には影響がないという「アジアンパラドックス」まで崩れるほど、安倍首相の執権後の韓日関係は悪化の一途だった。

→アジアンパラドックスなるものが保たれていたのは、多くの日本人が日韓の政治葛藤に興味を持たない呑気な親韓派だったからです。ですから日韓関係が悪化し始めたのは安倍政権が発足した2012年12月26日ではなく、李明博が竹島に上陸した2012年8月10日からです。

慰安婦葛藤に日本教科書問題までが重なり、両国の感情は悪化するだけ悪化した。さらに韓流ブームまで弱まり、日本人観光客と両国間貿易も激減した。国民感情の悪化が韓日関係の足かせとなったのは間違いない。

→日本側は別に困っていません。韓国人観光客はむしろ増えてますし。

日本は民主主義的な価値と自由市場制度を韓国と共有する最も近い隣国だ。

→その言葉、日本側では外務省の韓国紹介ページから削除されたままですよ。韓国が民主的な価値を共有できる相手かどうか、日本側はまだ疑念を抱いています。産経の加藤氏は無罪が確定しましたが、朴裕河起訴事件や対馬仏像事件などはまだ終わっていませんし。

北朝鮮の脅威にも共に向き合い、韓日米3角同盟の一つの軸を担う友邦だ。このような隣国と恨み合って過ごすというのはいかなる理由であれ不幸なことだ。したがって今回の外相会談では前向きな結果が出ることを期待する。

→自衛隊の式典開催を拒否する一方で中国の抗日軍事パレードに大統領が参加し、米軍が求めるTHAAD配備を拒否し、日本との軍事情報保護協定の締結を拒否し、日本の集団的自衛権も否定するような国と間接的にとは言え同盟関係を結べるかどうか、日本側はいまも疑念を抱いています。

外交というものは「10対0」という完勝はありえないゲームだ。こちらの要求を貫徹させるには相手の要求も聞かなければいけない。そうでなければ外交的な妥協と合意はない。大乗的な決断が必要な理由だ。

→その謙虚な態度があれば、河野談話の時に慰安婦問題は解決していたはずなのに。

しかしいくら交渉で融通性を発揮しても受け入れられないマジノ線がある。村山談話と河野談話で言及した慰安婦強制連行事実の認定などが守るべきラインだ。今回の会談が安倍首相の歴史修正主義を助ける格好になってはいけない。

→日本政府は村山談話でも河野談話でも、朝鮮人慰安婦の「強制連行」を認めていません。こういう嘘を平気で言うから日本人の不信を買うんですよ。わかりませんか?

また、交渉の内容には慰安婦被害者の意も反映されなければいけない。道義的にも、実務的にも重要なことだ。被害当事者が責任認定をめぐる日本側の態度や慰労金金額などに満足できず、後にまた問題を提起すればどうするのか。

→アジア女性基金の時は、韓国の団体が元慰安婦当人たちの意思を圧迫しました。しかも当人たちはいまや平均年齢が90歳近く、的確な判断ができるかどうかも怪しいんじゃないですかね。意思決定の主導権は本人たちではなく、挺対協とかナヌムの家とか、「支援者」を自称する団体が握っています。いずれにせよ、今回こそは韓国国内の意思統一を韓国政府が責任をもって行わなければなりません。それができなければ、日本側の提案の内容に関係なく、韓国政府は日本から交渉相手とみなしてもらえないでしょう。

慰安婦像の処理も注意が必要な点だ。日本は国内外の慰安婦像の撤去を望むようだが、ほとんどは政府が処理できる事案でない。海外同胞が異国の地に設置した少女像に対し、政府は何ができるのか。未来志向的に大乗的融通性を発揮するものの、可能・不可能を区別する慧眼も必要だ。

→べつにぶっ壊せと言ってるわけじゃありません。どかせと言っているだけです。そもそもあの像は本来は違法なはずなのに、管轄のソウル市鍾路区庁が「公益に反しないかぎり強制撤去はできない」と黙認してきたもの。両国で和解が成立し、日本に抗議する理由が失われた後も像が現在地に置かれ続けるとすれば、それは日韓の信頼という公益をあきらかに損なうことになるのですから、行政が強制撤去することは法的にも可能なはずです。



 韓国の大手メディアがこんな突っ込みどころ満載の社説を書いてるようじゃあ、先が思いやられますね。
 でもねえ、韓国の皆さんは一度冷静に振り返ってみてください。皆さんにとって慰安婦問題は「普遍的な女性の人権問題」「ユダヤ人虐殺にも匹敵する民族弾圧」だったはずですよね。
 そんな恐ろしい人権問題で外交的妥協なんかありえるんですか? 貿易復興なんぞのために譲歩しちゃったら、日本を恨みながら亡くなっていた慰安婦ハルモニや、国連であれほど頑張ってくれたクマラスワミ女史に顔向けできないんじゃないですか?
 韓国政府が強硬姿勢を貫いて交渉を見事決裂させてくれることを、韓国のグクポンと日本のネトウヨがワクテカ顔で期待しています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 従軍慰安婦性奴隷制問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター