外相会談合意文を反日韓国人の目線で検証してみる

 たった一度の外相会談で、あそこまで具体的な合意の共同発表が行われるとは、正直驚きでした。
 安倍政権はとっくの昔に「交渉決裂」という選択肢を捨てていたんですね。ちぇー。

 日韓外相会談の共同記者会見で発表された合意内容の全文を見てみましょう。
 産経ニュースより該当部分を引用。

岸田外務大臣

日韓間の慰安婦問題については、これまで、両国局長協議等において、集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき、日本政府として、以下を申し述べます。

 (1)慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している。

 安倍(晋三)内閣総理大臣は、日本国の内閣総理大臣として改めて、慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明する。

 (2)日本政府は、これまでも本問題に真摯に取り組んできたところ、その経験に立って、今般、日本政府の予算により、全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒す措置を講じる。具体的には、韓国政府が、元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し、これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し、日韓両政府が協力し、全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心を傷の癒しのための事業を行うこととする。

 (3)日本政府は上記を表明するとともに、上記(2)の措置を着実に実施するとの前提で、今回の発表により、この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。

 あわせて、日本政府は、韓国政府と共に、今後、国連等国際社会において、本問題について互いに非難・批判することは控える。

 なお、先ほど申し上げた予算措置については、規模としておおむね10億円程度となりました。以上のことについては、日韓両首脳の指示に基づいて行ってきた協議の結果であり、これをもって日韓関係が新時代に入ることを確信しております。私からは以上です。



尹炳世外交部長官

次は本日の合意事項に対しまして、韓国政府の立場について私より発表させて頂きます。

 韓日間の日本軍慰安婦被害者問題については、これまで、両国局長協議等において、集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき、韓国政府として、以下を申し述べる。

 (1)韓国政府は、日本政府の表明と今回の発表に至るまでの取組を評価し、日本政府が上記(1)、(2)で表明した措置が着実に実施されるとの前提で、今回の発表により、日本政府と共に、この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。韓国政府は、日本政府の実施する措置に協力する。

(2)韓国政府は、日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し、公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し、韓国政府としても、可能な対応方向について関連団体ととの協議を行う等を通じて、適切に解決されるよう努力する。

 (3)韓国政府は、今般日本政府の表明した措置が着実に実施されるとの前提で、日本政府と共に、今後、国連等国際社会において、本問題について互いに非難・批判することは控える。

以上をもちまして、韓国政府の立場について申し上げました。


 以上の内容は外相レベルの合意であり、来年の首脳会談で正式なものが出てくるのでしょうか。そうでないとしたら、かなり杜撰な感じ。自分自身が反日韓国人になった気持ちで読むと、穴がゾロゾロ見つかります。


安倍総理の謝罪内容について。
・「軍の関与の下」とはどういう意味かが明確でない。日本国民の多くは「ま、そのへんはボカしとくのが大人の知恵でしょ」とスルーするだろうが、韓国人もそう受け取るとは限らない。
 ある者は勝手に拡大解釈して「日本軍の強制連行を認めたものだ!」と触れて回るかもしれないし、ある者は「日本軍の強制連行を認めていないから受け入れられない」と批判するだろう。こういうやり方は河野談話の二の舞になるリスクをはらんでいる。

日本の資金拠出について。
・「おおむね10億円程度」だから、さらに2~3億円は上積みを要求されることを覚悟した方がいい。
・資金の使いみちは「全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷を癒すための事業」…かなり曖昧。慰安婦個人に配るというわけではなく、財団が一括管理し事業を行なうのだろう。すでに元慰安婦たちは年金などがあるから経済的に困窮しているわけではない。他に使いみちがあるとすれば…たとえば日本軍の「蛮行」を記した書籍の刊行とか、慰安婦記念館の整備とか、ナヌムの家や挺対協の活動資金としても、それが元慰安婦の望むことなら使えるということだ。
・それでもカネが余ったら、大量の財団職員を雇用するとか、遺族に配るとかもアリかも。
・資金の使いみちに不服があっても、「最終的に解決」されたと確認された後であれば、日本側は抗議できない可能性が高い。

いわゆる「蒸し返し禁止条項」について。
・非難・批判の禁止に関しては、いくつかの抜け道がある。
①制限されるのは政府だから、民間団体の反日運動は自由。ついでにいえば国会や裁判所も「政府」ではないから自由。
②制限されるのは「国連等国際社会において」だから、韓国政府が自国民に向けて何を言おうと自由。
③日本と韓国の「一対一」の場合は「国連等国際社会」にはあたらないので、政府同士が何を言いあおうと自由(これは解釈の余地ありかも)。
④韓国政府がこの問題が「最終的に解決」されたと認めるのは、安倍首相が「心から」のおわびと反省を表明するのが前提。すなわち、首相のおわびが「心から」のものであると韓国側が認めない限り、韓国政府はいつまでも日本を批判できる。

日本大使館前の慰安婦像について。
・韓国側は移転を確約していない。「適切に解決されるよう努力する」だけで、当然ながら移転が実現できなくても制裁規定はない。


これから起きそうなことを、あえて悲観的に予想すると。

●基金について
・よその国が「だったらウチにも」と要求してくる(すでに台湾が名乗り
・日本の拠出金を慰安婦の親族や基金の職員が横領しまくる
・「われわれも心の傷を負ったから基金の恩恵に預かれるはずだ」と死んだ慰安婦の遺族がしゃしゃり出てくる

●慰安婦像について
・挺対協の水曜集会は終わらない
・日本大使館前の慰安婦像はなかなか撤去されない→韓国政府「日本が軍艦島に朝鮮人強制労働者の碑を建ててくれたら本気出す」「関東大震災の朝鮮人虐殺被害者の追悼碑を建ててくれたら本気出す」
・慰安婦像の首に手ぬぐいが巻かれる→挺対協「これは慰安婦でなく挺身隊の像だから撤去の必要はない」

●その他
・韓国が日本の教科書に慰安婦について記述するよう要求→韓国政府「これは国際社会での批判にはあたらないから問題ない」
・韓国が暗に天皇へ謝罪要求→韓国政府「問題が解決したことを祝し、日王も首相と同じ立場から韓国に対し真摯な姿勢を示すことを望む。なおこれは国際社会での批判にはあたらないから問題ない」

・次期大統領選でセヌリ党が負け、新大統領が「慰安婦全員の承認を得ていないので合意は無効」と盛大にちゃぶ台返し


 結局、今回の「合意」を総括すると、朴槿恵の告げ口外交が今頃になって実を結んだ、と言えるのではないでしょうか。
 もしこれで日韓の経済交流が活性化して日本人観光客がどっと韓国に押し寄せて日本国内で辛ラーメンやギャラクシーがバカ売れして紅白歌合戦に韓流タレントが返り咲いて新大久保が大繁盛したりしたら、韓国の皆さんはもうウハウハですよね。
 韓国が「慰安婦問題が解決したんですから、日韓友好促進のためにぜひ○○(=通貨スワップ、資金協力、技術協力、その他もろもろ)をお願いします」って擦り寄ってきたら、日本はホイホイと気前よく応じるんでしょうかね?

 一方の日本側のメリットといえば、うーん…。わたしは以前の投稿で「日本と韓国の道徳的立場が逆転するかも」と期待しましたが、今回の合意を読む限り、ちょっと見込みが外れました。蒸し返しを禁止する対象と範囲が狭すぎて、韓国にプレッシャーをかけるツールとしてはいまいち迫力に欠けるんですよね。まあ、慰安婦関連訴訟で原告側の勝ち目が減ることはあるかもしれませんが、その程度でしょう。民主主義国をタテマエにする以上、朴槿恵政権が民間団体に直接圧力をかけるようなマネはできませんし、するとも思えません。

 このように日本のメリットは少なくても、安倍政権にはメリットが大きいかもしれません。なんといっても外交成果として歴史に名が残る。アメリカや公明党や自民党の親韓派に褒めてもらえる。来年夏の選挙で実績をアピールできる。野党は安倍首相を批判するネタを一つ失う。日本で自民党よりも右寄りの政党はほとんどないに等しいので、批判の声も限定的。・・・なんだかいいことづくめな気がしてきたぞ。
 でも、やっぱりメリットの裏にはリスクもあります。
 今回の外相会談が決まるほんの数日前まで、韓国メディアは「慰安婦問題を解決するなら来年2月までがゴールデンタイム」と言っていました。それを過ぎると竹島の日や三一記念日、靖国神社例祭、教科書改定など「デリケート」な日程が続くからだそうです。ってことは、できたてホヤホヤの合意が厳しい世論にさらされる時期でもあります。
 これらのイベントにおける安倍政権の行動について、韓国民の注目度は前年よりずっと高くなるでしょう。安倍首相のさらなる譲歩に期待を寄せる人もいれば、「ほらみろ後頭部を殴られた!」と叫びたくて手ぐすねをひく人もいるでしょう。でも「慰安婦問題で譲歩してくれたから靖国の真榊奉納は大目に見てあげる♡」なんて韓国人は皆無のはずです。
 安倍さんが日本の右派層の機嫌を取るような言動を見せたら、韓国世論は逆上しかねません。たとえその言動が毎年続けてきたものであっても、「日韓の和解ムードに自ら水を指した」「おわびが心からのものではないと証明されたから合意は無効だ」と騒ぐヤカラが確実に出てきます。
 今回の手柄を大事にするあまり、安倍さんが妙な「自粛癖」を身につけちゃったりしたらがっかりだなー。
 
 これからどうなるか、今はとにかく様子を見守るしかなさそうです。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 従軍慰安婦性奴隷制問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター