スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負け惜しみの朝鮮日報、往生際の悪い中央日報

朝鮮日報日本語版2015/12/30
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/30/2015123000556.html

読者の感想:日本の「不可逆的」姿勢を見守ろう

「慰安婦合意:「不可逆的」明言で対日カード失う懸念も」(12月29日付)記事の感想

 日本が今回の合意を守り誠意を示せば、今回の合意は維持されるのではないでしょうか。今後の日本の姿勢をきちんと見守らなければならないでしょう。日本がこれを覆したら、韓国も今回の合意を守る必要はありません。政府の合意は良かったと思います。今、私たちが再びあのようなことをされないよう、国力を強くするのが最善です。


 「国力を強くしなければ」。韓国が外交で負けた時に必ず言うセリフですね。事実上の敗北宣言です。
 朝鮮日報の首脳陣もこれに続きました。

朝鮮日報日本語版2015/12/30
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/30/2015123001044.html

【コラム】「日本のせい」ではなく、日本を畏怖させる外交を


 慰安婦問題が明らかになると、韓国政府は日本に対し超強硬姿勢を取った。盧泰愚(ノ・テウ)大統領=当時=は日本の首相を前にして「歴史と国民の前でうそをついている」と責め立てた。だが、韓国政府の焦点は慰安婦問題ではなく、韓国の貿易赤字の大半を占める対日貿易不均衡の改善案を日本側から引き出すことだった。当時水面下で行われた韓日実務交渉の場で会った韓国の外交官は「慰安婦問題を対日貿易不均衡と結び付ける交渉は、外交官の良心上、到底できない」とまで言った。こうした紆余(うよ)曲折の末、韓日経済協力案が整備されたが、実質的な貿易不均衡改善効果はほとんどなかった。


 慰安婦カードを武器に見苦しい真似を続けてきたくせに、「実質的なメリットはなかったからセーフだよな、な?」ってことですか?
 あいかわらず見苦しい。

 日本の専門家たちによると、慰安婦や歴史認識問題を別の何かと結び付ける韓国側の交渉戦略は、日本に逆利用されるのが常だったという。


 やっぱりこれ、自分たちの誤りを反省してるようなふりをして、必死に被害者ヅラしようとしているだけですね。言ってみれば銀行強盗が「行員に殴られて怪我をしたからオレも被害者だ!」と言い張るようなもの。

かえって、1993年に金泳三(キム・ヨンサム)大統領が就任直後に「慰安婦問題に関して金銭的補償は要求しないから、歴史の真実を明らかにしよう」と言ってきた時、日本は一番困惑したとのことだ。事実、日本側が慰安婦問題で最も前向きな姿勢を取ったと評価される河野談話はその直後に発表され、慰安婦問題が初めて日本の教科書に掲載された。


 これも保身のために事実関係をすりかえてますね。 「歴史の真実を明らかにしろ」と言われて日本側が困惑したのは、いくら調べたって韓国が望む「日本軍による強制連行」の証拠なんか見つかりっこないのが明らかだったからですよ。
 それに、河野談話と教科書記載に触れながら、なぜ一番肝心なアジア女性基金に言及しないのか。…たぶん、アジア女性基金は拒否したのに今回の10億円は受け入れる自国政府の矛盾を直視したくないからでしょう。そして、世論やメディアが元慰安婦をバッシングしてまで「つぐない金」の受け取りを阻んだ過去の汚点を思い出したくないからでしょう。
 まったく反省がありません。

 しかし、その後25年近く、慰安婦問題は堂々巡りをするばかりだった。韓国政府は日本に国としての賠償を要求する元慰安婦たちに対し、正直にそれが「容易でない要求」であることを説得する勇気もなかった。だからといって、日本に対して思い切った提案をする自信もなかった。ただ、慰安婦問題に関する国内外の怒りが沸点に達しそうになったら臨機応変に対日強硬姿勢を取ることで精いっぱいだった。韓国政府は元慰安婦たちにこうした形で「希望拷問」(実現できないことを知りながら、実現できるかのように希望を持たせ、結果的に苦しめること)をしてきたのだ。


 それを許してきたのは韓国世論、そして世論をリードしてきたあんたがたマスコミでしょうが。
 なんでもかんでも他人のせいにして問題を先送りする態度は、社会や文化の問題ですね。韓国政府だけではなく朝鮮日報もその檻から逃れられていません。

 筆者はしばしば、日本の首相が予定外で来韓し、元慰安婦の女性たちが暮らしている京畿道の「ナヌムの家」を訪れ、頭を下げて謝罪する姿を想像していた。日本と同じく第二次世界大戦の戦犯国であるドイツは、折に触れてナチスの被害者のもとを訪れ、許しを請うた。もし、日本もそれができたなら、日本を見直していただろうし、日本を恐れる気持ちも膨らんでいただろう。


 言うそばから「日本のせい」。日本が謝れば日本を恐れた? うそおっしゃい。日本が土下座していたら韓国は今よりずっとつけ上がりのぼせ上がっていたはずです。

だが、日本はそうはできない国だということが今回の交渉であらためて明らかになった。ドイツがヨーロッパだけでなく世界のリーダー国となった一方で、日本が近隣諸国との旧怨(古くからの恨み)に足を引っ張られ、さらに前に進めないのも、こうした理由があるからだろう。


 うわぁ、強烈な負け惜しみ。この記者さん、書いてて恥ずかしくないのかな。
 慰安婦問題という外交カードで日本を道徳的に屈服させ、東アジアひいてはユーラシアのイニシアチブをつかもうというのが朴槿恵政権の野望であり、朝鮮日報もそれを支持していたじゃないですか。
 日本がアジアのリーダーになるかどうかは、中国の出方次第です。中国が安定的な経済を維持し、国際秩序をきちんと守れるのなら、中国にリーダー役を任せてもいいですよ。でもそうでなければ、国際社会の不満が高まって、日本にお鉢が回ってくることもあるかもしれません。
 歴史をネタに日本の足を引っ張ってきた「近隣諸国」の1国は、今回の合意で慰安婦問題という親指を日本の足から離さなくてはならなくなりました。おかげで安倍さんはますます外交をやりやすくなり、日本は前に進めます。進む方向が「近隣諸国」が目指している方向と同じかどうかは知りませんが。

 日本を相手に激しい言葉で感情的に対応すれば、国際社会の中で韓国人自らが「韓国の立場」を狭めるばかりだ。この3年間、現政権がやってきた対日外交の失敗がその証拠だ。


 こんな感情だらけ、矛盾だらけの負け惜しみコラムを載せても韓国および韓国メディアの立場を狭めるだけですよ。

韓日関係は慰安婦交渉合意で再び出発点に立った。今こそ日本に韓国を畏怖させる発想の転換と外交戦略を考えなければならない。


 日本を畏怖させようという価値観そのものを変えてもらえませんかね。隣国から尊敬される国になろう、愛される国になろうって発想がどうしてできないんでしょうか。特亜だから?
 日本は米国を畏怖していますが、同時にリスペクトもしているので同盟関係を結んでいます。また中国のことは米国以上に畏怖していますが、尊敬に値しないのでせっせと包囲網を編んでいます。

慰安婦問題を初めて提起した金学順さんは1997年にこの世を去った。金学順さんをはじめ、元慰安婦として登録された約200人のうち、現在生存しているのは46人だけだ。日本のせいにばかりにするのではなく、私たち韓国人が真心をもって元慰安婦の女性たちに寄り添って行ければと思う。

朴斗植(パク・ドゥシク)副局長兼社会部長


 安倍さんとオバマさんのおかげで、韓国はようやく当事者として慰安婦問題に向き合えるようになりました。韓国民は二人に感謝すべきです。
 国内での葛藤はセウォル号事件を超える激しさになるかもしれませんが、ま、自分の尻を自分で拭えないような国が、日本を畏怖させられるわけはありませんね。

 次は中央日報。

中央日報日本語版 2015年12月30日
http://japanese.joins.com/article/193/210193.html

【社説】慰安婦交渉妥結が韓日首脳に残した宿題


韓日政府レベルでは「12・28合意」で慰安婦問題が最終妥結したかもしれないが、被害当事者と国民の立場ではまだ終わったわけではない。慰安婦被害者をなだめて説得し、世論の理解と共感を得る宿題が残っている。交渉の最終責任者の朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相がともに解決しなければならない宿題だ。


 朴大統領と安倍首相が「ともに」? 冗談言わないでください、元慰安婦の説得は韓国政府の仕事です。勝手に日本を面倒に巻き込まないでください。ずうずうしいなあ。
 日本政府の義務は10億円を拠出することだけ。あとはせいぜいマナーとして政府や与党の首脳陣が各々の発言に気をつけるだけ。たとえばどこかの元都知事や元市長が少しくらいとんがった発言をしたところで、「日本が先に合意を破った!」なんて主張はできませんよ。韓国世論が騒ぐのは勝手ですが。
 安倍首相の「おわび」がどういう形で元慰安婦たちに伝達されるかは定かでありませんが、「法的賠償」に執着する強硬なおばあちゃんたちにとっては些末事ですからね。事実上、日本がこれ以上できることは何もないのです。

安倍首相に与えられた宿題は、言葉でなく行動で慰安婦合意に対する誠意を見せることだ。いくつかの言葉とお金ですべて解決したというような態度を見せれば、韓国世論の逆風のために彼が望む「最終的かつ不可逆的な」解決は難しくなるだろう。


 だーかーらー、安倍首相の義務は「余計なことを言わない」ことだけです。これ以上慰安婦問題で韓国を刺激するような発言を控える代わりに、もう謝罪めいた発言もしないつもりらしいですよ。
 いずれにせよ、韓国政府がおばあちゃんたちを説得できなきゃ何も始まりません。そして、日本が出す10億円をどう使うかは韓国次第。多少は反日的な事業が含まれても、こっそりやる分にはいまの日本ならさほど文句は言わないはずです。
 要するに、合意が順守される以上、日本側はもはや何も行動する義務がないのです。日本側に明確な落ち度がないまま韓国世論が紛糾を続ければ、日韓の不信がまさに「不可逆的」になり、外交、経済、安保などさまざまな面で致命的なダメージを受けるのは韓国の方です。

もし安倍首相や日本政府関係者の口からまた慰安婦動員の強制性に疑問を提起したり、日本政府の責任を回避する「妄言」が出てくれば、慰安婦問題はまた原点に戻るしかないことを銘記しなければいけない。


 韓国の人たちは「安倍の妄言」を切実に望んでいますね。見苦しい…。

慰安婦合意は日本の歴史教科書にも反映されなければいけない。歴史の過ちを繰り返さないよう教えることこそ、被害者の名誉を回復して傷を癒やす最善の道であるからだ。


 それ、韓国政府が日本政府に直接要求しちゃったら、たぶん合意違反になりますよ。わたしが落語に書いたように、冊子を作って日本に配るのがせいぜいじゃないですかね。日本国民が拒否したらそれっきりでしょうけど。

 いやあ、こういう社説にツッコミを入れるのは楽しいなあ。ちょっと自分、ホルホルしゃちゃってるかも。反省、反省。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 従軍慰安婦性奴隷制問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。