中央日報「韓国人がヒトデナシなのは日本のせい」

 「みずきの知韓宣言」 「ホル韓ニュース速報改」といった有名どころの「韓国の反応」まとめサイトを見る限り、今回の熊本大震災に対する韓国人の反応は、ほぼまとまっています。
 すなわち
「これは良いニュースだ」「そのまま沈没してしまえ」「日本猿が死んだくらいでなぜ騒ぐ」「5年前たくさん支援してやったのに裏切りやがって。二度と助けるな」「これは罪深い日本への天罰だ」…etc

 ほんと、「ゲス」という表現が似合う人たちです。

 こうした発言は、日本のまとめサイト側が意図的に集めてきたわけではありません。韓国紙の中央日報も自国のネット世論の悪質さを嘆いて(?)います。
http://japanese.joins.com/article/592/214592.html
【噴水台】日本の地震を見る韓国の変わった目
2016年04月18日07時49分 

  5年前の東日本大震災で約1万8000人が犠牲になると、韓国では驚くようなことが起きた。「過去は過去であり、人間的に日本を助けよう」というコメントがインターネット上を満たすと、すぐに赤十字だけで寄付金456億ウォン(約45億円)が集まった。その5倍近い約8万7000人が犠牲になった2008年の中国四川大地震当時に集まった寄付は46億ウォン。東日本大震災ではその10倍ほどの金額が集まったのだ。韓国人の中国選好度が日本よりやや高かった時だった。 

  なぜこうなるのか。韓日間の愛憎関係のためというのが専門家の診断だ。親近感を感じる相手が恨めしい行為をして生じる感情が愛憎だ。この場合、相手がうまくいけば憎いが、大きな問題が生じれば愛情が飛び出してくる。過去の恋人が成功すれば恨めしいが、不幸になれば同情するようなものだ。どこへ行っても日本料理、漫画があふれる韓国だ。対日拒否感が強くても無意識の中には「良い点も多く親しみがある国」という認識も共存する。大地震の時はこのような愛憎のメカニズムが作動したのだ。 

 こうした民心が今回の熊本地震では大きく変わった。愛憎のうち愛が蒸発した。今回は「募金であろうと何であろうと10ウォンも与えてはいけない」というひどいコメントがあふれている。情け深い韓国人がなぜこのようになったのか本当に残念だ。 

  過去の大地震当時に熱心に用意した救護品が一時受領拒否されたということに腹が立ったのかもしれない。
しかし根本的な責任は両国の政界にある。大地震当時に民主党政権は隣国との和解に努めた。このおかげで2011年に日本に対して「好感を感じる」(41%)と「感じない」(44%)と答えた韓国人の比率は似ていた。一方、安倍政権の歴史修正が本格化した昨年は「非好感」(74%)が「好感」(17%)の4.4倍だった。朴槿恵(パク・クネ)政権もしばらく「慰安婦問題の解決なしには対日外交もない」という立場を守り、両国関係を不通にした。

  より大きな悪材料は「韓国人が井戸に毒を入れた」という流言が日本のSNSに広まったというニュースだった。約15万人が犠牲になった1923年の関東大震災当時に同じ噂が広まり、韓国人約6000人が虐殺された悲惨な記憶が民心を刺激した。 

  事情を知らない日本人なら韓国人の怒りを理解できないだろう。東北アジア歴史財団によると、日本の教科書は関東大震災当時の韓国人の被害を希釈させる方向に改編中という。こうした流れならお互いの無知と誤解は拡大するしかない。韓日共同歴史教科書の普及が急がれることを見せる生きた事例だ。 

  ナム・ジョンホ論説委員

 ため息が出るくらい、突っ込みどころ満載です。
>5年前の東日本大震災で約1万8000人が犠牲になると、韓国では驚くようなことが起きた。「過去は過去であり、人間的に日本を助けよう」

 日頃は不仲でも緊急時には助け合う。日本人にとっては当たり前のことですが、韓国人にとってこれは「驚くべきこと」なんですね。

>過去の恋人が成功すれば恨めしいが、不幸になれば同情するようなものだ。

 それって要するに、相手の不幸を見て優越感に浸っているだけじゃないですか。

> こうした民心が今回の熊本地震では大きく変わった。愛憎のうち愛が蒸発した。

 別にさほど変わってないんじゃないですか? 韓国人から蒸発したのは「日本に対する愛」ではなく、「優越感を示す余裕」なのですから。

>過去の大地震当時に熱心に用意した救護品が一時受領拒否されたということに腹が立ったのかもしれない。

 これは、韓国が大量の辛ラーメンを差し入れようとしたところ、日本側から「扱いに困るから…」と断られた、というエピソードのようです。

>しかし根本的な責任は両国の政界にある。

 民主党政権は優しくしてくれたのに、安倍政権は気に入らないことばかりする。朴槿恵の外交姿勢も頑なだった…「両国の政界に責任」とは言いながら、要するに「安倍が悪い」ってことですよね。
 朴大統領の強硬的な対日外交が悪化させたのは日本人の対韓感情ですから、今回の話題とは関係ありません。韓国人の反日感情を刺激したのはむしろ、慰安婦問題をめぐる昨年末の政府間合意の方でしょう。

>より大きな悪材料は「韓国人が井戸に毒を入れた」という流言が日本のSNSに広まったというニュースだった。

 あんなツイートを真に受ける日本人なんかいませんよ。今どきの日本で井戸を使ってるところなんかほとんどないんですから、93年前の流言をそのまま引用したネタだってことくらい、歴史に疎い日本人だって分かります。そういうデマに対して多くの批判が寄せられていることも日本では報じられているはずですが。

 そもそも、あのツイートが韓国のネット世論にどれほど影響を与えたのでしょうか?
 わたしがざっと検索したところ、韓国のネットメディアのうちで、問題のデマツイートをもっとも早く報じたのはソウル経済でした。

2016年04月15日 10:28
[日本地震]熊本強震直後、いかがわしい噂が出回る「韓国人が井戸に毒盛った」
http://www.sedaily.com/NewsView/1KV1PZIAV2

しかし韓国ネチズンはそれより早い時期から好き放題のヘイトスピーチを並べていました。
ホル韓ニュース速報改によると、

2016年04月15日 03:00
[熊本地震] 朝までに日本が海に消える事を皆で祈願するニダ! ⇒ 熊本で続く地震を韓国メディアも大きく報じるby 韓国の反応

2016年04月15日 06:00
[熊本地震] 独島が誰のものか聞いてから寄付するニダ!!! ⇒ 地震によって3人死亡 200人余りが負傷 by 韓国の反応
 結局のところ、「韓国人が心ない発言をするようになった最大の原因は日本人の悪質なデマである」という中央日報の記事の方こそ、デマ性が高いと言えそうです。
 もちろん、例のツイートは悪ふざけとはいえ不謹慎かつ悪質ですから、発言者は厳しく批判されるのが当然だと思います。
 でも、ごく一部の馬鹿ツイートを喜々として話題にする人たちもどうかと思うんですよね。
 
  民進党はさっそくこれを国会で取り上げていました。

4月18日 衆議院TPP特別委員会
民進党大西健介議員の質問


(32:12~)
「ネット上でデマが広がるということも今回起きています。たとえば朝日新聞が報じるところによると、熊本の動物園からライオンが逃げ出したというデマを流した人がいると。また中日新聞の特報のコーナでは地震の直後からツイッター等に『朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ。暴動に気をつけて』といった関東大震災時における朝鮮人虐殺を思わせる流言飛語が出回ったことを指摘しています。卑劣で許せない行為であって一種のヘイトスピーチだというふうに思います。

 現在与野党双方でヘイトスピーチを規制する法案を参議院に提出していますが、野党案はネット上での差別行為も法案に明記しているのに対して、与党案ではネットについて触れられていない。安倍総理もヘイトスピーチは恥ずかしい行為であって国会で法案を通すべきだとおっしゃっていますけれども、今回の地震での差別的なネット上の投稿は許せないものだと思いますので、しっかり対応すべきだと思います」

 なんか、「ライオンが逃げた」までヘイトスピーチにひっくるめそうな勢いですが。
 自民党のヘイトスピーチ規制法案に関しては、民団が「罰則規定がなくちゃ意味がない!」と文句をつけています。

朝鮮日報日本語版
記事入力 : 2016/04/16 08:04
自・公提出ヘイトスピーチ禁止法案に処罰規定なし
民団、実効性ある法律制定求める

 日本の連立与党である自民党と公明党が最近、ヘイトスピーチ(特定集団に対する公の場での差別・憎悪発言)禁止法案を国会に提出したが、その内容は「ヘイトスピーチを禁止する」という原則だけで、具体的な処罰規定がないため「名ばかりで中身がない」と批判する声が出ている。これについて、在日本大韓民国民団(民団)中央本部は15日、記者会見を行い「実効性のある法律を制定すべきだ」と求めた。
 民団の呉公太(オ・ゴンテ)団長は「安倍晋三首相が今年1月、韓国の国会議員たちと面会し『ヘイトスピーチは日本の恥だ』と発言したが、その後与党が作成した法案には実効性が全くない。『差別的な言動を容認しない』という文言だけで、どう処罰するかという内容が抜けている」と指摘した。
東京=金秀恵(キム・スヘ)特派員


 民進党はこれに加えて「ネット上のヘイトスピーチも規制すべき!」と主張しているわけです。

 …じゃあ、今回の地震に関して日本への罵詈雑言を垂れ流している韓国人たちはどうなるんですかね?
 韓国人が韓国の掲示板で何を書いても日本の法律は適用されない…なんてのはフェアじゃないですよね。産経の加藤さんは日本の産経新聞のサイトに載せた日本語の記事を理由に韓国検察から起訴されたんですから、ふだんから母国で日本蔑視発言を繰り返してるような韓国人は、日本に入国したとたんに逮捕&起訴&処罰されても文句は言えないことになります。
 一方で、極限下でもマナーを忘れない日本人の姿にスポットが当てられるのも、災害報道での「お約束」になりました。
 韓国のネット世論でも
「やはり先進国。日本人は気に食わないが、学ぶべきところは学ぶべき」
「もしウリナラで同様の災害が起きたら暴動になっているだろう」
「これほど高い精神を持つ国民が、なぜ歴史を否定するのか分からない…!」

 などという声が上がっています。
 ただしこうした発言に対しても、
「日本人の礼儀正しさはうわべだけなのだ」
「あれは世間体を気にしてマニュアルにすがる臆病さの表れ。表面的なルールよりも情の厚さを大切にする我々が見習う必要なんかない」
「日本人は自国民同士では助け合うが他国人に対しては冷酷なのだ」
「日本の過去の蛮行と油断ならない本性をもっと世界に知らせなければ!」

 という反論がついてまわります。

 韓国の人たちは、自分たちの矛盾に気が付かないのでしょうか。
 家を失い食料や飲み水もない極限下でも維持される日本人の行動を「うわべ」と呼ぶ自分たち。
 懸命に災害と戦っている日本人を安全なところから罵りあざける自分たち。
 エクアドルでは熊本よりも巨大で深刻な地震災害が発生しているにもかかわらず、「地震は天罰」と言ってはばからない自分たち。
 歴史論争では「日本が植民地時代の朝鮮を近代化させたのは自国の利益のためだから感謝なんかする必要はない」と言うくせに、援助する立場になると「あれだけ助けてやったのに日本は感謝も見返りもよこさない」と恩着せがましい自分たち。
 地震という天罰とは無縁な境遇にありながら、基本的なルールすら守れないために人災を起こし、何百人もの命を犠牲にする自分たち。
 危機に陥ると自国民同士ですら争いあうのに、ワレワレは日本人よりも寛大で情に厚いのだと信じて疑わない自分たち。
 
 そんな自分たちの姿をほかの外国人が見たらどう思うのかを、想像しないのでしょうか。
 短慮で無神経な国と冷静で思慮深い国が論争した場合、国際社会から支持を得やすいのはどちらでしょうか。

 慰安婦問題では人権を盾にすることができましたが、その他の歴史認識や領土をめぐる対立で同じ手は通用しません。第三国の支持を得たければ、客観的な論理性と日頃の信用が鍵となります。

 日本に対して「甲」の立場を築きたければ、日本が苦しんでいるときこそ歯を食いしばってでも「うわべ」をとりつくろい、「良き隣国」を演じなければならないのに、それすらできない韓国のみなさんには哀れみすら感じます。

 結局のところ、中央日報が主張しているのは
「韓国人が心ない発言をするのは極右のアベと無知で無反省な日本国民のせい。だから韓国の歴史観を反映した教科書を与えて日本人を再教育すべき」
 ということ。相手の不幸に乗じ、自分たちのヒトデナシな行為すら武器にして他国にエゴを押し付けようとする独特の論理展開は、まさに韓国人の面目躍如です。

 人間はいざというときに本性が現れるものであり、中央日報のこのコラムも彼らの「本性」をまざまざと見せつけてくれました。我々日本人の目には醜悪なものにしか映りませんが、彼ら自身がそれを誇りとしているのですから、これはもうどうしようもありません。
 われわれは「相応のつきあい方」をしていくしかありません。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター