ウヨクとサヨク、「言論の自由」に自覚的なのはどっち?

「ネット上の争いでは、リベラルは99%負ける」 。
右からも左からも興味を誘えるいい見出しですね。

ハフィントン・ポストに出た、津田大介氏へのインタビュー記事です。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/10/07/daisuke-tsuda-interview_n_12383414.html

ネット上ではウヨクが元気でサヨクは目立たないことをわたしも感じていましたが、自分の性行で閲覧ジャンルが偏っているだけなのかもしれない、と思っていました。
実感が現実とずれていないことを知ってほっとしました。

ネット上ではなぜ保守の方がリベラルよりも強いのか。津田氏によれば以下の通り。
  • 保守は「自分たちは言論を抑圧されている」という意識がある。だから自らの関心事について熱心に勉強し、自分たちの思想や目指すものを熱心に主張しようとする。
  • かたやリベラルは、テレビや新聞で依然既得権益を確保しているため、そこに安住して当事者意識がない。ITなど新しい伝達技術を敵視する傾向も強く、情報発信に不熱心。
  • そして両者が論争になれば、リベラルは「多様性の尊重」を理念として掲げている以上、保守の主張も多様性の一つとして認めざるを得ない。無理をして相手を否定しようとすると、欺瞞呼ばわりされてしまう。土俵が違うからほとんど勝ち目はない――というわけです。

筋の通った分析だと思いますね。わたしの実感に近いです。
リベラルの人たちの態度って、いろんな矛盾を含んでるんですよね。
自国の与党や首相を独裁呼ばわりしておきながら、本当に独裁をやってる他国にはやたら融和的な矛盾。
自国の与党や首相を説得することもできないのに、いざ他国に攻められそうになったら「対話すればなんとかなる」と信じて疑わない矛盾。
軍属が一人事件を起こしただけで「米軍は出ていけ」と逆上するくせに、コリア国籍者がいくら罪を犯しても総連や民団に抗議しない矛盾。
企業や国家を敵視するくせに、給与や福祉サービスはもっとよこせと要求する矛盾。
教授の椅子とか放送免許とか記者クラブとか押し紙とか、さまざまな既得権を握ってるくせに弱者の味方ヅラする矛盾。

彼らの仇である自民党も、党是と現実のはざまでいろんな矛盾を抱えていますが、それなりに実務をこなしていますから幹部たちの発言には説得力がある。実務を言い訳にできないサヨク野党こそ、主張を見直して矛盾を解消するなり、他者を説得できるだけの理屈を整えるなりしなければならないのに、あまりそこには関心がない感じです。

彼らが力を入れていることと言えば、「子どもたちの未来のために」「子育て中のお母さんたちは」「お年寄りがいきいきと」――なんてかったるい物言いで有権者に取り入るか、街頭で「米軍は出ていけ」「アベ政治を許さない」「9条を守れ」「日本しね」と騒ぎまくるかのどちらか。さもなければ日曜朝のテレビでインテリぶったおっさんどもがしたり顔で愚痴を言い合ってるイメージです。

このインタビュー記事のコメント欄に、典型的リベラルな感じの方の投稿がありました。
失礼ながら引用させていただきます。

現代の日本人は、自由や人権の尊重される世の中が、水や空気と同じく
「あって当たり前」
「どれだけ軽視しても絶対に壊れない不滅の秩序」
であると錯覚している部分があるのではないでしょうか
だからヘイトスピーチや、過激な国粋的、民族主義的、全体主義的思想を平気で主張する、あるいは黙認、追認する
自由や人権や平等を享受できる日本(少なくともその実現に邁進してき戦後日本)の当たり前の風景が、人類が過去流してきた大量の血と汗と、膨大な屍の上で、ささやかに実った果実であること、
このささやかな果実にすらありつけず今も世界中で血が流れ続けていることを今一度私たちは認識することが必要と思います
誰かを排斥したその次には、もしかしたら自分や家族が排斥の対象になるかも知れないという想像力が欠けているように思います
平和ボケという言葉はかつてはもっぱらリベラルの側に投げかけられるものでしたが、今では保守、右翼の人々に一層似合う言葉かも知れないと感じています



この文章、リベラルの多くは「そのとおり、いいこと言う!」と共感するでしょうけど、津田さんが言ってる「土俵が違うのでリベラルは保守に99%勝てない」のいい例だと思いますね。

>現代の日本人は、自由や人権の尊重される世の中が、水や空気と同じく
>「あって当たり前」
>「どれだけ軽視しても絶対に壊れない不滅の秩序」
>であると錯覚している部分があるのではないでしょうか

錯覚してるのはリベラルの方でしょう。桜井誠とかが「在日は出ていけ」と叫んでいるのは、このままでは日本人の自由や人権が外国人に奪われると危機感を抱いているからです。
日本人の自由や権利を守るためにも、いざとなれば血や汗を流すことも覚悟すべしと訴えているのです。

>誰かを排斥したその次には、もしかしたら自分や家族が排斥の対象になるかも知れないという想像力が欠けているように思います

思想が異なる他者を排斥し抑圧してきたのはおまえらリベラルじゃないか、というのが保守側の主張です。
総連や民団を批判するのは保守の自由。その保守を批判するのはリベラルの自由。そのリベラルを批判するのも保守の自由。
あとはどちらの主張が説得力を持つか、日本の国益にかなっているかを国民に判断してもらえばいい。
「差別だ」「民族主義だ」「ファシズムだ」――安易なレッテル貼りで保守の議論を封じ込めようとするリベラルは、「売国奴!」と連呼するしか能のない雑魚のネトウヨと同レベルです。ボス格である保守論客には勝てないでしょう。

極右wの安倍政権のおかげでヘイトスピーチ規制法が成立しましたから、「ヘイトスピーチをするな」という批判は正当です。けれどそれは相手の発言がヘイトスピーチであることをきちんと論証できることが前提です。国粋主義や民族主義に至っては、それに関連する主張が法律で禁止されているわけではありませんから、それらがどうして日本の不利益となるのかをきちんと指摘できなくてはなりません。あ、言っときますけど「軍靴の音ガー」は聞き飽きましたので。
考えてみれば、共産党が大きな顔をしていられるこの日本で、民族主義政党や全体主義政党が存在を許されない理由はないですよねえ?
……そういう面倒くさい議論に応じる気力と根性が今のリベラルにあるのかどうか。そこを津田さんは問題提起しているのだと思います。

特亜諸国の実態が広く知られるようになり、リベラルが弱体化してくれたおかげで、保守はだいぶ自己主張をしやすくなりました。言論の自由のありがたさを実感し、さらなる権利拡大を目指して張り切っているのはむしろ保守側なんですよね。
現実社会ではまだまだリベラルの圧力が強く、愛国的な言動はしづらいのが現実です。デモやイベントでもないのに旭日旗Tシャツなんか着て歩いてたらちょっとアレですもんねえ。

…そう、ぜいたくなんですよ。リベラルの皆さんが「日本しね」とか「安倍は人間じゃない、叩き斬ってやる」とか叫んでも平気でいられるのは。
そのうち、テレビや新聞でも保守がリベラルを凌駕すれば、「民族差別だ!」のレッテルパワーと「売国奴だ!」のレッテルパワーが逆転するかもしれません。
そんな世界が嫌ならば、リベラルのみなさんは、せめてわたし程度のにわかネトウヨは調伏できるようにがんばってほしいものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サヨク・在日・プロ市民
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター