「反日晩餐会は米国の意志!」VTR編集で陰謀論を演出するサンデーモーニング

嫌韓まとめサイトで、11月12日のサンデーモーニングにおける寺島実郎氏の発言が話題になっていました。

2017年11月12日 厳選!韓国情報
【サンモニ】寺島実郎「独島海老や慰安婦の反日演出、韓国が勝手にやったのではなくアメリカの意志」
http://gensen2ch.com/archives/73143881.html

へえ、本当かしらと思い、ネットに上がっていた動画を見てみました。
トランプ氏の韓国訪問のVTRが流れ、目加田説子教授のコメントに続き、寺島氏が次のように発言。該当部分をテキスト化してみました。

寺島実郎「ことさらの反日演出ってのを韓国はやってきましたよね。独島エビつまり竹島で捕れたエビを出すとかいわゆる慰安婦従軍慰安婦の人をハグするだとかですね。
これって韓国が勝手にやったんだと思うかもしれないけれども、やはりアメリカのある種の意志がここにある。つまり竹島は韓国が施政権、つまり実効支配しているんだっていうこと。
たとえばアメリカってのは施政権主義なんですよ。だから日本の尖閣も、日本が施政権を持っているからっていうんでコミットしてきているんですね。
ということはですね、ここにアメリカの竹島にあるスタンスがにじみ出ているっていう部分もね、日本人としては感じておかにゃいかんということですね」

関口宏「それを韓国が汲み取ってエビを出しましたか」

寺島「そうですね」



有識者とされる人がテレビでもっともらしい顔でコメントをすると、純朴な視聴者は「ふぇ~、そうなのか…」と信じてしまうのかもしれませんが、常識的に考えれば、日韓と協力して北朝鮮を締め上げようとしているアメリカが、よりによってこの時期にわざわざ日韓の対立を煽るような政治工作を容認するとは思えません。そんなことをして一体何の得があるというのか。

問題となった晩餐会でトランプ氏が独島エビの料理を食べてる映像はないので、元慰安婦とのハグシーンを見てみましょう。

ニュースZERO


ニュースゼロ


この映像を見ると、晩餐会に招待された元慰安婦のイ・ヨンスさんは、トランプ大統領と握手したのち、自分から手を伸ばしてハグを求めています。
トランプ氏が反射的にそれに応じただけであることは、ワンテンポ遅れた彼の動作や表情からも明らかです。
しかしサンデーモーニングが流したVTRでは、イ・ヨンスさんが手を伸ばすシーンはカットされ、トランプ氏が彼女の肩に手を置いた場面から映像が始まっており、結果として韓国側の積極性を隠蔽する演出になっています。寺島発言との整合性をとろうとしているわけです。

サンデーモーニングが流した該当シーンの冒頭画面
サンデーモーニング171112



韓国は朴槿恵時代の2014年8月にも、訪韓したローマ法王が行うミサの最前列に元慰安婦7人を座らせ、法王との握手写真をメディアに撮らせて大々的に宣伝しました。イ・ヨンスさんはそのときのメンバーの一人です。
政権が右になろうが左になろうが、韓国のやり口は変わらないことが分かります。
とくに今回は、日本がトランプ大統領に北朝鮮拉致被害者らを面会させる方針であることを知って、ムラムラと対抗意識を燃やしたことでしょう。
イ・ヨンスさん本人の談によれば、晩餐会への招待状が青瓦台から届いたのは、会のわずか2日前の今月5日だったとのこと(レコードチャイナ)。
そのあたりの青瓦台の思惑を中央日報も記事にしています。

2017年11月08日 中央日報日本語版

慰安婦・拉致被害者…韓日首脳、トランプ氏の前で国内政治問題で勝負手

…外交街では青瓦台(チョンワデ、大統領府)の李さんの招請は安倍晋三本首相がトランプ大統領夫婦と北朝鮮拉致被害者家族が会う機会を設けたことと同じ流れの措置という解釈が出ている。

文在寅大統領は慰安婦問題で勝負に出た。青瓦台は韓国映画『アイ・キャン・スピーク』の実際の主人公である李容洙さんを招待して「サプライズ」行事で準備した。これを知っていた人は少数に過ぎなかったという。

トランプ政府は韓日間歴史対立についてまだ明らかな立場を表明したことがない。文大統領はトランプ大統領が李さんに直接会う機会を設けることで慰安婦問題に対して「先制攻撃」をしたわけだ。慰安婦合意に反対している李さんを前面に出して国内支持層を攻略した側面も大きい。夕食会のメニューとして独島(ドクト、日本名・竹島)エビが登場したのも韓国固有の領土である独島に対する日本の不当な領有権主張に迂回的に反論しようとする意図だった。

トランプ大統領が夕食会場で李さんを迎えて抱く写真一枚で、文大統領が意図した効果は十分に達成されたという評価だ。…

http://japanese.joins.com/article/207/235206.html
http://japanese.joins.com/article/207/235207.html

勝負手ねぇ・・・。韓国の勝負の相手=敵国は北朝鮮ではなく日本だということでしょうね。

イ・ヨンスさんは、2000年に「女性戦犯国際法廷」で証言したり、2007年に米国議会の公聴会で証言したり、2014年に『帝国の慰安婦』のパク・ユハ教授を名誉毀損で告訴したり、2015年に安倍首相の米議会演説にあわせて渡米して議会前で抗議活動を行ったり、THAAD配備に反対したりと、まさに八面六臂の大活躍をしてきた人です。
本来は反トランプ派であるはずの彼女がわざわざ晩餐会で彼にハグを求めたのも、青瓦台と示し合わせてのパフォーマンスでしょう。
その証拠に、彼女はハグの直後、「どう、ちゃんと撮れた?」とでも言いたげに後ろを振り向いています。

ニュースZERO171112b

ふつう、相手がまだ目の前にいる段階で後ろを振り向くなんて非常識ですよね。彼女の本当の関心がトランプ大統領ではないことがよくわかります。

案の定、韓国メディアは右も左も拍手喝采。

2017年11月08日 中央日報日本語版

安倍氏にひと泡吹かせた1枚の写真…トランプ氏、慰安婦被害女性を抱擁

この日、青瓦台関係者は李容洙さんを晩さんに招いたことについて、韓国メディアの京郷新聞を通じて「トランプ大統領が日本に行って韓国にも来られるのに、慰安婦問題と韓日歴史問題を韓国の大統領としては扱わざるを得なかった」とし「トランプ大統領がこの問題に対してバランスの取れた見解を持ってほしいという意味ではないか」と説明した。

http://japanese.joins.com/article/177/235177.html

偉大な「快挙」を成し遂げたイ・ヨンスさんは、得意満面で韓国のラジオに出演して言いたい放題していました。

2017年11月09日中央日報日本語版

トランプ氏と抱擁した慰安婦被害女性、日本に「口出しするな」

…李さんは9日、CBSラジオ『キム・ヒョンジョンのニュースショー』とのインタビューで「耳もなく目もなく良心もない」とし「他の国から貴賓が来られ、私が行こうが行くまいが、何か口出しするようなことがあるのか」と厳しい口調で述べた。

李さんはこのような日本政府の態度に「生意気なことこの上ない」とし「恥ずかしく鼻でも隠してネズミの穴にでも入るべきで、あれこれほざくことが正しいことなのか」と憤りをあらわにした。あわせて「貴賓が来られて挨拶しただけなのに、そこまで干渉するのか」とし「本当にあきれる」と付け加えた。

李さんはまた、独島エビについて「風味があり甘みがあってとてもおいしかった」とし「私たちの独島で獲れた料理にまで干渉する。これが本当にXXでなくて何だ」と日本政府を非難した。

http://japanese.joins.com/article/240/235240.html?servcode=A00§code=A10

伏せ字部分がとっても気になりますが、いずれにせよ公序良俗に反するレベルの罵倒語なのでしょう。韓国では、ひとたび道徳的序列でトップに君臨してしまえば、こういう傍若無人も許されてしまうわけですね。日本相手ならなおのこと。
こんな人たちの機嫌を取ることが、どうして世界の女性の人権向上に役立つのかさっぱり分かりません。

寺島さんは根拠のない「米韓共謀説」を論じましたが、あの反日晩餐会が青瓦台の独断だったという情報は、サンモニの放送以前から伝えられていました。

2017/11/11 朝鮮日報日本語版

韓国大統領府の独断で「独島エビ」、決定過程で外交部を排除

…大統領府は7日、韓米首脳会談の国賓晩さん会に「独島(日本名:竹島)エビ」を出す計画を決定する前、外交部と事前に相談していなかったことが同日、分かった。外交部関係者は「最初に外交部が受け取り、米国側に通知したメニューには『チャプチェ(韓国風春雨いため)』とだけ書かれており、『独島エビ』が入っているという言葉はなかった」と語った。対日外交で問題になる可能性があり、米国とも相談すべきことだったが、決定の過程で外交部が排除されたことになる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/11/2017111100367.html

 これは責任逃れのための発言かもしれませんが、もし本当に知らなかったのなら、外交部はものすごく無能ですね。彼らが知らないくらいですから、アメリカ側だって預かり知らぬこと。

2017年11月11日 楽韓Web
アメリカ政府関係者「米韓の親交を深めるべき晩餐会が、慰安婦の存在で外交戦の舞台になってしまった。遺憾だ」
http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/5291784.html

「アベにひと泡吹かせた」と喜んでいた中央日報すらも、識者の懸念コメントや駐韓米国大使代理の火消しコメントを掲載しています。

2017年11月08日 中央日報日本語版

慰安婦・拉致被害者…韓日首脳、トランプ氏の前で国内政治問題で勝負手(2)

…だが、韓日関係などを考慮すると、外交的に適切な措置だったかに対しては否定的見解も少なくない。重要な同盟国首脳の訪問をポピュリズム(大衆人気迎合主義)に便乗する契機にすることに対する懸念の声もある。特に、最近、文大統領が外信とのインタビューで公開的に日本の軍事大国化への意図を批判するなどと重なり、過度に「反日色」を前面に出すのではないかという指摘も出ている。
匿名を求めた対日外交専門家は「米国の対アジア政策が韓日米協力だが、あえて韓日間で問題になるようなことを取り上げた意図が疑わしい。だからといって、米国がその事案で韓国を支持するわけでもない」として「これはツートラックアプローチを通じて協力する部分は強力し、韓日関係を改善したいという文在寅政府の政策目標とも合わない」と批判した。

http://japanese.joins.com/article/207/235207.html

2017年11月10日 中央日報日本語版

トランプ氏-慰安婦被害女性の抱擁 駐韓米国大使代理「単なる人間的ジェスチャー」

駐韓米国大使代理のマーク・ナッパー氏が9日、ドナルド・トランプ大統領が慰安婦被害女性と抱き合ったことについて「来賓をあたたかく迎えたもので、政治的な目で見てほしくない」と述べた。 …

http://japanese.joins.com/article/277/235277.html

ネット上ではすでにこういう情報が飛び交っている状況下で、「元慰安婦招待も独島エビもアメリカの思惑だ」なんて断言しちゃう寺島さんは、ものすごく勇気のある人ですね。
彼はこの日の放送で、安倍首相が”イヴァンカが関わる基金”に57億円を拠出すると表明したことについても「日本は御しやすい国と思われている」と批判しています。
しかし安倍首相は7月に発表した内容を再表明したに過ぎないこと、当該の基金「女性起業家資金イニシアティブ」は世界銀行が設置するもので、発案者であるイヴァンカは運営管理や資金調達に関わらないこと、英、独、加、中、韓、サウジなど計13カ国が参加していることが、とっくのむかしに報じられています。

11月3日 ハフィントンポスト日本語版
「イバンカ氏基金に57億円、安倍首相が表明」ってホント?
http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/03/ivanka-fund_a_23265393/

こういう事実を、著名な有識者様ともあろう方が知らないはずはありません。すなわち、寺島氏やサンモニは「どうせ視聴者には分からないだろう」とたかを括って、ずさんな印象操作に精を出しているとしか思えません。

ムン・ジェイン政権もTBSも、こういう姑息かつ不誠実なマネが、将来的には自分の首を絞めかねないというリスクを理解してないんでしょうかね。とくに韓国は、日米に嫌われたらますます米軍による先制攻撃のハードルが下がるというのに。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター