「普遍的人権」と輸出競争を同列に語る韓国メディアの本音

2018年01月25日の中央日報日本語版に、「美しい復讐、真の克日の道」というコラムが掲載されていました。
執筆者は韓国経済新聞のイ・ハクヨン論説室長ですが、復讐とは穏やかでありませんね。
いったいどういうつもりでこんな言葉を使うのか、興味がわいたので読んでみました。

コラムはまず、欧米人の警句を次々と引用します。

ナンシー・アスター「あなたの成功に対する対価はあなたを無視してきた人たちが支払う」
ユダヤ人の格言「立派な生き方をせよ。それが最大の復讐だ」
カント「最大の復讐は復讐の対象よりも幸せになることだ」
リンカーン「犬を殺しても咬まれた傷は治らない」
マーク・トゥエイン「怒りとは酸である。注ぐ相手より蓄える器をより浸す」

要するに、慰安婦問題でいつまでも日本に怒りをぶつけていてもラチが開かない、韓国が日本よりも幸せな国になれば、おのずと復讐=自己回復は成し遂げられるのだ、というわけです。

 独立後、60年以上も慰安婦問題で日本からまともな謝罪を受けられない我が国の現実は最悪だ。安倍首相は平昌五輪に出席すると言いながら、韓国政府に慰安婦少女像の撤去を要求すると宣言した。より緊急性があるはずの北朝鮮問題すら後回しする勢いだ。

 過去の問題は両国の国内問題と絡んでおり速やかな進展は期待しにくい。こんなときこそ、「真の復讐」を思い出すべきだ。

 壬辰倭乱後の朝鮮とは違い、日本の植民残滓を踏んで建国した大韓民国は、少なくない分野で日本と肩を並べたり上回る成果を出した。世界市場で日本企業を圧倒しているサムスン電子とLGエレクトロニクスの製品がそうであり、日本の真ん中で注目を集めている飲食品、K-POP、化粧品など韓流文化商品がそうだ。まだ不足しているが、真の克日の道を確認させる。韓国社会のより多くの分野で日本が認めざるを得ない力を蓄積していくことが強く求められる。政府が率先して取り組むべき重要な宿題だ。「積弊清算」を越える大きな絵が必要だ。



日本人であるわたしは素朴な疑問を抱きます。慰安婦問題と韓流商品との間に、一体何の関係があるのでしょうか。

韓国は慰安婦問題を「女性の人権に関する人類普遍の問題」として世界に訴えてきたはずです。韓国人自身も、「我が国は日本よりも道徳的に甲である」との信念があったからこそ、あれだけしつこく日本に謝罪を要求してきたはずです。

慰安婦問題が人権問題であるならば、韓国が自己回復のために日本と競うべきなのはスマホでも芸能でも化粧品でもなく、やはり人権という土俵のはずです。その国(の人や社会)が、どれほど人の命と心を大切にしているかを競わなければ、過ちを二度と繰り返さないことを祈るために建てられたはずの慰安婦像も存在意義がありません。

人権レベルの高低は、犯罪や事故の発生率、自殺率、モラルやマナーの浸透度、他者への献身度、過去と向き合う姿勢など、さまざまな指標で判断されることになるでしょう。これらの点で、韓国はどれほど日本を上回っている、もしくは上回ろうと努力しているのでしょうか。

多くの犠牲者を生む事故や火災を繰り返しながら、その教訓を生かさず政争に利用してばかりの自国を、中央日報の論説委員も嘆いています。

【時視各角】事故の度に駆けつけ謝る大統領=韓国(1)

日韓どちらが人権レベルで優っているのかをここで論じるつもりはありません。ただ、輸出競争での勝利が「真の克日」であり、それが日本の「真の謝罪」と同等以上の価値を持つと韓国人が認識しているのだとすれば、韓国人が口にする「人権」とか「真の」とかいう言葉も、所詮その程度の重さしかないということです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター