スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国参拝 タイミングの絶妙さ

  韓国なんかは「世界中がアベの靖国参拝を批判している! 日本が孤立しているいまこそ日本から外交的譲歩を引き出すチャンス!」などと喜んでいるようですが、その見通しは甘すぎるんじゃないでしょうか。
 靖国参拝くらいで日本が世界から孤立するとはとても思えません。だって、以前にも言いましたが諸外国にとって靖国参拝はなんの実害もないからです。
 化学兵器で国民をバリバリ殺したシリアのアサドさんや、核兵器開発やら粛清やらやり放題の正恩さんすらのうのうとしていられるこの地球上で、どうして日本が孤立するんでしょうか。

 かたや、韓国は日本からどんな外交的譲歩を引き出したいかというと、

①従軍慰安婦に公的賠償せよ
②竹島領土主張をやめよ
③三菱重工や新日鉄住金に戦時徴用の補償金を支払わせよ
④日韓基本条約と請求権協定をやりなおせ
⑤旭日旗を廃止せよ
⑥日本海を東海と呼べ

…こんなの、日本政府がOKするはずがありません。一つでも譲歩したら即座に政権がふっとびますよ。
 第三国(もちろん中朝は除く)だって、自国の利益と関係ないことにわざわざ首を突っ込むわけがありません。どれもこれも70年も昔の話だし、⑥なんかただのイチャモンでしかありません。少し動きがあるとしたら①でしょうが、議会とか国連の委員会とかで決議くらいはやったとしても、日本に強制できるわけがありません。
 韓国や反日メディアは、今回の件で安倍が国内支持率を下げてまた政権を放り出すか、米国が日本に圧力をかけてくれることを期待していたのでしょうが、支持率は下がらないどころか回復傾向だし、米国は日韓が不和になること自体を嫌っているので韓国の「日本孤立化作戦」なんかそもそも支持されるはずがないのです。

 国際社会から少しばかりの小言が出たからといって、韓国は「安倍のオウンゴールだ!」なんて喜んでる余裕はないはずです。
 いつ行くかいつ行くかと騒がれながらじっと参拝を我慢していた首相が、中韓の反発を覚悟のうえで決行したのです。これはもう「おまえらがどんなに騒いでも譲歩しないぞ」という強い意志の現れかもしれないと、どうして危機感を持たないのでしょうか。
 こういう場合の対抗措置は即座に動かないと意味が無いのに、韓国側の動きは意外と緩慢です。とりあえず日本との外交交流はシャットアウトしたようですが、慰謝料ねらいの当たり屋が自分から交渉を拒否してどうすんだっての。無理に首脳会談なんかしなくても大して実害がないことがこの一年間で証明されてしまったいまでは、対抗措置としての効果はほとんどないと思うんですが。

 結果として、業を煮やした韓国は中国への接近をさらに強めることになるでしょう。でもそれは靖国問題のせいというより「強い国にへつらう」という韓国の本能ゆえであって、ほとんど既定路線です。日本は尖閣周辺で中国といざこざがあったとしてもべつに韓国が助けてくれるなんて最初から期待してないし、中共が内部崩壊するのと韓国が防共の防波堤としての役割を失うのはどちらが早いかといえば、いい勝負でしょう。
 それに中国経済が失速すれば、どうせ韓国はまたオロオロしはじめて海洋国側に擦り寄ってくるに違いないのです。
 パクネ大統領はようやく30日になって「一流国家の評価は受けられない」と皮肉を言いましたが、あのおばさんが内輪の会議で日本の名指しを避けるなんてびっくりです。
 パクネ政権は融通がきかない外交姿勢を米国にたしなめられ、日本の集団的自衛権の件では米国に「裏切られた」経緯があります。国内では大規模な反政府デモやストライキ、南スーダンPKOにおけるお粗末な騒ぎなどで防戦一方。さらに日本は正月休みに入っちゃったからたとえギャーギャー騒いでもナシのつぶて。
 一方、中国のほうも反応がおとなしいのは、去年の官製焼き討ちデモはやりすぎたという反省があるからでしょう。もしくは大気汚染がひどすぎてシュプレヒコールを上げる余裕なんかないのかも? 尖閣はそれこそ微妙な問題だから、この機に乗じていきなり強硬手段に出れば国際社会を刺激しかねません。
 中国の軍拡はこれからも続くでしょうが、これだって靖国問題があろうがなかろうがブレることのない既定路線です。
 
 こうしたことを考えると、今回の安倍首相の靖国参拝のタイミングはかなり絶妙だったのではないでしょうか。もしこれが中途半端に関係改善した時期だったら余計に面倒くさいことになっていたはずです。マスコミだってそれを十分わかってるくせに、「中韓との関係が冷えきっているこの時期になぜ!」なんて、しらじらしいことを言うんですよね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 靖国参拝
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。