スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーダー問題泥沼化でほくそ笑む金正恩の首席報道官

 今回のレーダー照射事件。韓国軍はまだ非を認めておらず、韓国は官民挙げて逆切れしていますが、論争としてはすでに勝負が付きましたね。
 日本国内では、防衛省の主張を疑う声は右派左派問わずほぼ皆無。つまり日本人のほぼすべてが、「韓国は幼稚な嘘つきだ」と認めるようになったわけです。
 当初は「悪天候下で遭難船を探すためにすべてのレーダーを使用した」と言っていた韓国軍が、途中から「火器管制レーダーは使っていない」と言葉を翻すようになったのも、日本側が抗議の中でさまざまな事実を突きつけた結果でしょう。

 自衛隊が公開した動画に対する韓国国防部の反論は、国際社会では通用しないものばかりです。

韓国「レーダーの周波数を開示しなければ照射の証明にはならない!」

→要するに「オレたちが使っている火器管制レーダーの周波数を言い当ててみろ」ってことでしょうけれど、P-1が傍受した周波数データは機密であり、これを開示することは自衛隊の能力をさらし日本の国防力を弱めかねない行為。それを承知で開示を要求すること自体が挑発であり、「ああ、やっぱりこいつら日本を敵に回したがってるんだな」という心証を日本国民および第3国に与えるに十分です。
 あの映像が客観的な証拠にはならないというのなら、記録されている隊員たちの生々しい発言はすべて芝居だというのでしょうか? そんな理屈が通用するなら、元慰安婦のおばあさんたちの証言なんて犬の餌にもならないんですけど。

韓国「危険な接近で威嚇してきた自衛隊機が悪い!」

→例の映像が望遠撮影だったために、日本人の中にもP-1が広開土大王艦に対して国際法違反の異常接近をしたと信じている人たちがいるようですが、もしそんな事実があれば防衛省は映像を公開したりしないでしょう。

 P-1が韓国軍艦に異常接近したというのなら、韓国側はそれを客観的に示す証拠を提示しなければなりませんし、なぜその時にP-1に対して警告や確認を行わなかったのか、この問題が勃発した当初に日本に抗議しなかったのかを説明しなければなりません。しかし韓国側は一向にそれらの申し開きをする様子がありません。

 そもそも、「レーダー照射はしたが、異常接近してきた自衛隊機に警告を与えるためのやむを得ない措置だった」と主張するのなら筋が通っていますが、現在の韓国軍はレーダー照射そのものを否定しているのですから、韓国艦艇と自衛隊機の距離なんて問題の本筋とは何の関係もありません。
 お得意の「朝鮮論法」で論点を反らし、問題をウヤムヤにしようとする姑息な態度が見え見えです。

韓国&アベガー界隈「支持率を上げたい安倍の陰謀だ!」

 映像公開が安倍首相の指示だったとしても、韓国側の見苦しい態度を見ていると、陰謀どころか英断だったなあとつくづく思います。
 支持率を上げたいから韓国に厳しく当たるというより、支持率を下げたくないから韓国に甘い顔をしない、という方が正確ではないでしょうか。
 支持率を気にするのはムン政権も同じでしょうが、その結果堂々と事実を公開する日本政府と、幼稚園児レベルの嘘と逆ギレを繰り返す韓国政府とでは、どちらがマシでしょうかね。

韓国「日本側の無線通信はノイズと英語の発音がひどくて聞き取れなかったww」

→「異常接近」だったはずのP-1から、ご丁寧に3種類の周波数を使って送られた無線をまともに受信できないなんて、軍艦のくせにどれだけポンコツの機器を使ってるんだという話。
 「英語の発音が悪すぎて」…この期に及んでさらに自衛隊を愚弄する発言ですね。完全に喧嘩を売ってます。
 うまく聞き取れなかったならどうして聞き返さなかったのでしょうか? 海警への無線だと勘違いしたとの主張ですが、では韓国海警は自衛隊からの呼びかけに応答したんでしょうか? 自衛隊と自国の海警がどのようなやりとりをするのか、現場にいた広開土大王艦の艦長らは確認しようとすらしなかったというのでしょうか?

 36年前に航路逸脱もソ連軍機の接近も気づかず269人を死なせた前歴を持つ国とはいえ、もし日本側の機体がP-1でなくF2で、通信内容が「応答せねば撃沈する」だったらどうするんでしょうね?

 韓国メディアはこうした矛盾にまったく触れようとしません。韓国軍の大本営発表をそのまま垂れ流し、日本側の落ち度を見つけようと「自衛隊のくせにJAPAN NAVY と言った!」などと重箱の隅をつついて世論を焚きつけてばかり。権力の監視機関としての役割を放棄したその姿は、戦前の朝日新聞そっくりです。しかも実際に多くの韓国民が踊らされ、素直に日本への憎悪を募らせているのですから呆れます。
 こんな、まるで北朝鮮の親戚みたいな国を相手に対話なんかしても虚しいだけだと改めて思い知らされます。

 それでも日本のサヨクさんや親韓さんたちは「レーダー照射なんて大したことない」「騒ぎ立てる安倍が悪い」と必死で韓国をかばいだてしています。
 じゃああんたたち、もし自衛隊の一部が暴走して隣国軍の軍艦や軍用機をロックオンして国際問題に発展したときは、怒り心頭の相手国に向かって「ささいなことで騒ぎ立てるな」と一喝してくれますか?

 つい最近まで「日韓は外交こそぎくしゃくしているけれど軍同士は仲がいい」なんて言われていましたが、旭日旗問題以後の急速な関係悪化はジェットコースターなみですね。誰ですか、「文在寅は現実的なツートラック外交をしている」とか言ってた人は。

 日経ビジネスで連載している鈴置さんは、韓国側が日本のEEZ内で北朝鮮漁船の救援活動を行っていたこと、11月に韓国海警が日本の漁船を追い出そうとしたことに着目し、今回のレーダー照射の裏には日本海の制海権を支配しようとする韓国の意図があるのではないかと指摘しています。
https://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20130423/247115/

 鈴置さんはちょっとタカ派なところがありますが、韓国がこのところ海軍力(とくに潜水艦)を増強しはじめていることは事実。
 火器管制レーダーの照射にあたっては少なくとも艦長以上からの指示があったと推測され、韓国軍が見苦しいまでに責任を認めようとしていない様子から察するに、今回の事件は組織的な意図に基づくものであると判断するのが自然でしょう。
 メディアや評論家は「レーダー照射問題の泥沼化は北朝鮮を利するだけだ」と嘆いていますが、現在の韓国軍の最高司令官は、金正恩の首席報道官が兼務しています。

 中央日報は「日本が安保協力の優先順位で韓国を5位に落とした!」と騒いでいますが、数年後には日本の防衛大綱の協力国枠から韓国の名が消え、同時に韓国の防衛白書の主敵枠に日本の名が登場しているかもしれませんね。
もちろんそのころには米韓同盟も解消していることでしょう。
 韓国メディアのプロパガンダを鵜呑みにして「自衛隊機なんか撃墜しろ!」と叫んでる韓国民の皆さんには、自国軍の兵士と装備と最高司令官がポンコツでないかどうかを再点検することをおすすめします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。